卵子劣化にAGE!妊娠したいならNGの食べ物と栄養

卵子劣化にAGE!妊娠したいならNGの食べ物と栄養

AGEと言われる物質をご存知でしょうか。

近年注目を集めている、生殖医療の現場でも取り入れて、

治療成績を伸ばすことにつながっている物質。

このAGEは、老化の原因となり、老化を促進するとされています。

 

細胞の劣化と並び糖化が問題

何も、意識せずに食べている糖分ですが、

私たちの暮らしにおいて、これだけ精製された糖質を摂取するようになったのは

つい最近の事です。

長い歴史においては、異常なくらい精製された糖質を摂取して、

しかもその摂取量は増えている状態です。

このAGEが、

卵巣機能障害の原因となり、有害となっていることをご存知でしょうか?

AGEの蓄積が卵巣のみならず、精巣もそうですが、全身のカラダの中の

臓器・器官・細胞に様々な機能障害や老化を引き起こしてきます。

 

細胞を老化させる原因 AGEとは、

体内の「糖化」によってできる物質のことで、

Advanced Glycation End-productsの頭文字をとってAGE、

日本語では「終末糖化産物」と言われています。

「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」のことです。

強い毒性を持ち、老化を進める原因物質とされています。

 

タンパク質の糖化 変性が有毒

以前、騒がせた狂牛病、これもタンパク質の変性によるものです。

人間にはタンパク質は欠かせません。

しかし、肉は悪、こういった考えが蔓延してしまいがちですが、

本当に悪なのは変性させてしまう糖の方に問題があるのですね。

そうして、変性した糖化物質が体をむしばんでいきます。

卵巣や子宮、さらには卵子という細胞レベルにまで影響します。

このAGEは、体内で合成されるのと、食事からとりこむことで体内に蓄積されていきます。

 

 

①AGEが体内で合成されるには

血液中の血糖値があがり、

ブドウ糖が過剰になってあふれ出すと、

人間の体の細胞や組織を作っているタンパク質に糖が結びつきます。

体温で熱せられ「糖化」が起きます。

こうして「タンパク質と糖が加熱されてできた物質=AGE」ができます。

こうしてできた糖化タンパクは血糖値がある濃度にまで下がれば

またすぐに正常なたんぱく質に戻る事ができます。

しかし、長時間血糖値が高い状態になってくると戻る事は出来ない毒性のあるAGEになってしまいます。

 

②食べ物を食べる事で摂取しているAGE

「タンパク質と糖が加熱されてできた物質」はいろいろな食べ物・飲み物の中にも含まれ、

私たちは食事や間食として取り込んでいるのです。
例えば、

焼き菓子です。

小麦粉(糖)と卵や牛乳(タンパク質)とバター(脂質)をまぜて加熱すると、

お菓子が焼けます。ここにAGEが発生しています。

食べ物に含まれるAGEの一部は消化の段階で分解されますが、

約7%は排泄されずに体内に溜まってしまいます。

 

細胞を劣化させるAGEを撃退

体の中から毒性の強いものをなくし、老化を促進するものを減らす習慣を

手に入れれば、あなたは想像以上に早くに妊娠いやすいよう変わりやすくなりますね。

血糖値を高める様な食べ物、炭水化物という栄養を多く含む食品は

糖分が多いためAGEが体内で増えやすくなります。

そのため、糖質が多いような食事スタイルの方は要注意と言えるでしょう。

お酒・アルコールなども日本酒やビールなどは糖質も多いので気をつけたいところです。

 

元気な卵巣、若返りの卵子が大切!

妊娠したいなら、こちらをチェック

知られていない卵子の老化 妊娠するためには卵子のアンチエイジングが大切

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい