男性不妊の原因 無精子症による不妊を解消する方法 |

男性不妊の原因 無精子症による不妊を解消する方法

男性困る悩む

不妊の原因には、男性側に原因がある事もあります。

中々赤ちゃんが授からないと、女性に原因があると思われたり、

検査を受けていくのは女性が中心ですが、男性の精液の中に精子がいない

無精子症といった場合があります。近年では、増加傾向にあり、

なんと男性の100人に1人は無精子症であるとほどといわれています。

無精子症について、原因と、妊娠できるようにしていくためにできる事を

お伝えしていきます。

 

 

【男性の不妊の原因の無精子症とは】

・無精子症

 

無精子症とは精液中に全く精子が出現しない(精液中に精子がない)状態で、

男性不妊の原因の1つです。男性の約1%に存在するといわれています。

無精子症は「閉塞性」と「非閉塞性」との2種類に分けられて、

閉塞性の場合は、精子は作られているが、通路がふさがれていたために

精液中に精子が出現していなかったので、外科的な治療で精子を取り出すことも可能ですし、

精路再建して妊娠できるようにしていく方向性もあります。

そのため、精子の通り道がふさがっていた部分を開通してあげることで

妊娠できるようになっていきます。

無精子症の約8割ほどがこの非閉塞性の無精子症となっています。

 

 

無精子症となる主な原因とは

・造精機脳障害

・鼠径ヘルニア手術

・精巣上体炎

・先天性精管欠損

・ホルモン異常

 

原因はいろいろありますが、治療方法が確立されている場合もありますが、

そうでない原因不明の場合もあります。

ホルモン異常の場合は、ホルモン剤を注射することで治療によって

精子が精液中に出現する可能性があります。

基本的には、妊娠に必要なのは精子の質となりますので、

精子そのものの質を高めておいてあげるといった自分にしかできないこともあります。

妊娠しないといって、不妊治療や検査を始めても、原因が男性にある事を突き詰めていくまでに

時間がかかります。その期間も少しも無駄にすることなく、過ごしていくためにも

体質改善しておくことで、毎日の積み重ねが結局は早くに結果を出すことにもつながります。

 

 

妊娠するために適した不妊治療

不妊治療 夫婦と医者

無精子症の場合は、妊娠するためには精巣の中に精子が少しでもいいから存在しているのかを

確認してもらう事が妊娠への近道にはなります。

閉塞性の無精子症の場合

閉塞性の無精子症の場合は、はMESA(精巣上体精子回収法)と呼ばれる治療が行われます。

精巣上体より採取してくることができ、とってくることができる精子の数も多く、精子の質

よく運動率が高いといった傾向があります。

 

非閉塞性の無精子症の場合

非閉塞性の無精子症の場合は、MD-TESE(精巣内精子採取術)と呼ばれる手術で精巣の中から、

なんとか精子を探すことができる場合もあります。睾丸を切るため痛みもとのなう手術になります。

精子の採取成功率は30%ほどですが、可能性としては精子が一つでも見つけることができれば、

採卵した卵子とともに顕微授精を行うという選択肢もあります。

ただ、採取できたとしても数が少ない、運動性が低く、精子の質が悪いといった傾向があります。

非閉塞性の無精子症では、精子そのものが製造されてきていないので、何とか精巣から取り出せたとしても

精子の質がいい状態とは限らなくなっています。

精子の質を高めておくために取り組むことももちろんですが、

妊娠できるようにするという点を考慮した場合は、精巣の機能をなんとか高めておいてあげたいですね。

 

精子が作られる過程からアプローチする体質改善方法

精子とは、精巣というところ中で作られます。

精巣の中の精細管という部分で74日程度をかけて作られています。

その後、精子は精巣上体、精管へと運ばれてきます。

精管の長さは約40センチメートルあり、そこを14日もかけて通過していきます。

ただ、精子形成のプロセスにはまだ完全に解明されていない部分も多いのですが、

身体の細胞は3か月くらいをかけて入れ替わっています。

精子の頭部には核があり、ここにDNAの半数が入っています。

もう半分のDNAと持った卵子と出会うために、精子は中間部のミトコンドリアをエンジンにして、

長距離を運動できるようにしてあげなくてはいけません。

そのためには以下の点にアプローチをして、男性不妊の体質を改善していく必要があります。

 

・血液の流れをよくする

・精巣の働きを高める(抗酸化作用をたかめる)(細胞の修復を助ける)

・ミトコンドリアが喜ぶことをしてあげる

・体内で作られる炎症物質を抑える

・免疫力を高める

 

色々頑張る妊活もありますが、

早くに精巣の機能を高め、回復させていかれるように整えていきましょう。

人間の体の中で、精巣だけの血行を良くするとか、精巣上体だけの炎症を抑えるとか、

機能を回復させるという事はないのですから。

 

・全身の臓器・器官の機能を良くする生活習慣にする→精巣の機能をよくする

・炎症をおさえる免疫力を高める

・全身の細胞の機能修復を活性化させる→ 精巣の機能を回復し、精子を作り出せるようにする

 

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい