これからの妊活、そしてwithコロナどうなるの? |

これからの妊活、そしてwithコロナどうなるの?

今、新型コロナウイルスの感染流行によって、多くの方が生活に影響がでてきていますよね。そして、今までのライフスタイルや働き方、妊活の仕方なども大きく変わらないといけないように変わってきていますよね。

 

今までと変わる事にとまどいを感じている方もいれば、今の状況の方が妊活にも自分たちの未来にもプラスだと前向きに思えている方など様々かもしれません。

ただ、今起きている混乱や抱える不安、そして今後予想されることに恐怖心すら抱いている方もいるかもしれません。妊活どころではないと妊活をいったん中断している方もいるかもしれませんね。

 

私自身、3ヶ月前くらいの妊活セミナーの中止を決意したころから、これから先の未来に自分が何ができるかずっと考えてきました。この仕事をしたいと思ったのは自分が授かった子供は何よりもの宝で、その体験をしてほしくてカウンセラーとして行ってきました。そして今後はどうしたらいいのだろう・・・ずっと考えていました。というのも、妊活どころではないと思う方が増える状況がこの先に待っていることを歴史から予測しています。(できればそうでない未来が良いのですが・・・)

 

ただ、外出自粛の今、私が今までのような働き方ができない中で、みなさんや社会などへ何ができるのかを考えてみて、少しでも多くの人が安心して家庭を守ったり、健康を守ったりできる事を考えていました。

 

以下が3つの柱です。

 

・支え合うためのコミュニティーを作っておく

・困った時に困った人を助けられる仕組み

・健康の基本となる食べ物・水を確保

 

 

主にYouTube、LINE、インスタ、ブログを通じて私の事を知ってくださった方、

また妊活でも情報が欲しいという方はもちろん、自分の大切な人を守り支え合いたい、これからの日本が頑張れるように何かをしたいと思ってくださる方も、自分が助けて欲しいと思う方も、繋がりあって支えあって困難を乗り切りたいと思います。

 

whthコロナ、afterコロナは精神性がより大事になる事が予想されます。

 

今の状況では、岡田さん何をいっているの???ってもう方もいるかもしれませんが、社会では実際に、歴史上起きたことがないようなことも起こっていますよね。

心の中に穏やかさを。安心して暮らし、愛を感じられることがないと、次の世代に子孫を残していくことができなくなってしまいます。そのための準備を今すすめています。

 

その時が来たら、みなさん、力を合わせましょう♪

 

また、LINEからのコンタクトがスムーズにいかなくなってしまっているケースが多発しています。

もし連絡がつかないという方がいましたらお問い合わせよりご連絡くださいね。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、不妊カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたLINEメッセージです。

LINE登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい