子作りだけじゃない!生まれた子供にも危険を与える喫煙

子作りだけじゃない!生まれた子供にも危険を与える喫煙

子作りでの妊娠しやすい体作りのために禁煙に成功した女性でも、
 
妊娠・育児ストレスによりタバコを再開してしまう人は多くいらっしゃいます。
 
喫煙は赤ちゃんや子供の将来に大きく影響を与えてしまいますので、
 
きちんと知っておきましょう。
 

喫煙が子供の将来を奪う

妊娠中に喫煙を行うと胎児の成長に大きく影響を与えてしまい、
 
奇形児、先天性異常、低体重など様々なリスクが考えられます。
 
酸素欠乏により胎盤組織が破壊され出産前に
 
子宮から胎盤が剥がれてしまう胎盤早期剥離になる可能性も。
 
安定期と呼ばれる妊娠中期から後期にかけて起こる事が多く、

赤ちゃんの命を奪ってしまう事もあるのです。
 
イライラすると無意識にタバコに手が伸びてしまう人も多いと思いますが、
 
ひとまず深呼吸。
 
タバコを吸うと胎内の赤ちゃんは動きが激しくなるそうです。
 
禁煙をしているママより、もっともっと赤ちゃんは辛く、動く事で
 
「ママ苦しいよ」って必死に伝えているのだと
 
感じてあげる事がとても大切なのです。
 
 
出産してから喫煙を開始している方も注意が必要。
 
子供が受動喫煙すると呼吸器官や肺炎などだけではなく、
 
いきなり呼吸が止まってしまう乳幼児突然死症候群(SIDS)での死亡率も上昇。
 
父親と母親共に喫煙している家庭では10倍ものリスクがあるとの事で、
 
妊娠中だけではなく、出産してからも命の危険にさらしてしまう可能性があるのです。
 
他にも胎児の時に受けた受動喫煙は成人になってからの肥満、
 
発達障害、数字や読解力といった勉強にも影響が出てくるので、
 
子供の事を考えるのであれば絶対にやめるべきと言っていいものではないでしょうか。
 

三次喫煙にも要注意

子供に受動喫煙をさせないために、外で吸ったり、
 
換気扇の下で吸ったりする人も多いと思いますが、
 
衣服についたタバコの臭いまで意識した事がある人はいるでしょうか。
 
喫煙した後に衣服や髪に残るタバコでも子供の健康に害があるそうで、
 
これが三次喫煙(サードハンドスモーク)と呼ばれるものです。
 
 
家に子供がいないからと、ベビー用品や子供が使用するものがある場所での
 
喫煙はやめておきましょう。
 
また、外でタバコを吸った時には洋服を着替える、
 
口内に残った物や髪の毛に付着したものを落とすためには
 
シャワーやうがいが必要となってくるのです。
 
毎回タバコを吸うたびにやらなきゃいけないのかと思ってしまいますが、
 
子供を守るためにはそこまでしなくてはいけないのです。
 

まとめ

子供にタバコの影響を与えないように色々工夫や努力を
 
している家庭増えてきていますが、家族を守るためには、
 
禁煙がもっともベストな方法と言えるでしょう。
 
 
子供の命だけではなく、将来を守る事も親の務めですよ。
 
タバコは依存性が高くなかなかやめられないという方は
 
多いと思いますが、禁煙について考えていきましょう。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい