妊娠したかも?妊娠初期症状 下腹部の痛みについて |

妊娠したかも?妊娠初期症状 下腹部の痛みについて

妊娠初期症状の1つとして子宮の周りが痛む「下腹部痛」があります。

下腹部痛は人によって左下腹部痛あたりの痛みであったり、生理痛と勘違いする人もいます。

ここでは妊娠初期症状における下腹部の痛みや症状についてご紹介します。

 

妊娠初期症状に下腹部痛が起きる原因

①子宮の拡大

妊娠初期の腹痛の主な原因が、子宮の拡大によるものです。

妊娠すると子宮がだんだんと大きくなるため、子宮の筋肉が引き延ばされて痛みや違和感がでることがあります。

また、子宮周りの筋肉が緊張したり、周囲の臓器が圧迫されたりして腹痛になることも。

子宮を支えている靭帯が引っ張られることで、痛みがでるケースもあります。

このような子宮の拡大による腹痛・下腹部痛については、

赤ちゃんがきちんと成長している証拠なので心配する必要はありません。

 

②着床時の痛み(着床痛)

これは受精卵が子宮内膜に着床するときに生じる痛みのこと。

着床痛については医学的根拠はないとされていますが、出産を経験したママの体験談を見ると、

着床痛なるものを感じている人はとても多いです。なお、着床時には子宮内膜が少し傷つくのですが、

それによって起こる出血は「着床出血」と呼ばれています。

 

③ホルモンバランスの急激な変化による便秘や下痢

妊娠するとhCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)と呼ばれるホルモンが分泌され、急激に増加していきます。

また、エストロゲン・プロゲステロンという妊娠に関係する女性ホルモンのバランスも大きく変化します。

プロゲステロンには腸の蠕動(ぜんどう)運動を弱める作用があり、

腸の働きが弱くなることで便秘や下痢になってしまい、腹痛や下腹部痛になることもあります。

また、妊娠初期はつわりで食事が思うように摂れなくなりがちです。

水分や食物繊維が不足することで便秘になることも考えられます。

 

妊娠初期の下腹部痛はどんな痛み?

妊娠初期の腹痛や下腹部痛は、人によって痛み方はいろいろですが、主に以下のような症状が多く見られます。

・下腹部にチクチクする痛み(鈍痛という人もいれば、針でチクチク刺すような痛みという人も・・・)

・下痢をともなう腹痛

・子宮がキューーっと引っ張られるような痛み

・子宮あたりにズーーンと重いような違和感

などなど。

とくに「チクチクする」「お腹が引っ張られるような」と表現する方が多く、

痛みの度合いとしては軽度のものがほとんどです。

お腹だけではなくて、足のつけ根・恥骨・股関節など、子宮周辺に痛みを感じる人も多いです。

また、妊娠超初期の頃は「生理の時のような腹痛だった」「いつものように生理がきたのかと思った」という体験談も多く、

腹痛の症状のみでは「妊娠なのか?生理なのか?」判別するのは難しいでしょう。

 

 

妊娠初期の下腹部痛はいつまで?

受精卵が着床することで妊娠が成立し、hCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)の分泌が始まります。

そして、ホルモンバランスが大きく変わったり、ママの身体がどんどん変化することで、

さまざまな妊娠超初期症状があらわれます。

ですので、もちろん個人差はありますが、

妊娠初期の腹痛は着床の時期(生理予定日の1週間前くらい)から始まることが多いようです。

腹痛がいつまで続くのか?については、これも人によって個人差があります。

安定期くらいになるとだんだんと痛みが治まってくるパターンが多いようですが、

1ヶ月くらいで治る人もいれば、残念ながら「出産までずっと腹痛があった…」という人もいます。

もし強い痛みが継続するようなら、早めに産婦人科の先生に相談してみることをオススメします。

 

妊娠初期の注意が必要な下腹部痛は?

妊娠初期の腹痛は問題ないことが多いのですが、我慢できないほどの痛み・眠れないほどの痛みだったり、

特に出血を伴うような場合は危険なサインだと覚えておきましょう。

流産・子宮外妊娠・胞状奇胎(ほうじょうきたい)などの疑いがあります。

我慢できないほどの強い痛みだったり、特に出血を伴うような場合は、

このようなトラブルの可能性もあるので、医師の診察を受けることをオススメします。

 

流産

流産は妊娠22週までに、何らかの理由で妊娠が継続できなくなる状態のことをいいます。

多くは妊娠12週までに起こるもので、原因のほとんどは胎児の染色体異常であって、

ママのせいではないので、自分をあまり責めすぎないようにして下さい。

 

出血とともに下腹部に強い痛みがあるのが特徴です。

子宮内をきれいにする処置が必要なので、早めに受診する必要があります。

 

子宮外妊娠(異所性妊娠)

受精卵が子宮の中ではなく、他の場所(98%以上が卵管)に着床してしまう妊娠のことです。

通常の妊娠と同じく検査薬で妊娠反応が出るので、自分自身ではどちらかを判別することができません。

細い卵管の中で赤ちゃんが成長するほどに痛みは増していきますし、

最終的には卵管破裂につながるので大変危険です。

最初は赤ちゃんは小さいので痛みは小さいかもしれませんが、出血とともに痛みが継続する場合は注意してください。

 

胞状奇胎(ほうじょうきたい)

胎盤を形成するもととなる絨毛(じゅうもう)が異常増殖してしまい、赤ちゃんを吸収してしまう病気です。

500人に1人くらいの割合で発症するようです。出血とともに、重いつわりの症状がでることが多いです。

 

まとめ

妊娠初期の下腹部痛について説明させていただきました。

妊娠初期に腹痛があると「大丈夫なのかな?」と不安に感じるかもしれませんが、

問題のないケースがほとんどです。もし、我慢できないような痛みだったり、

出血を伴う腹痛だったり、なにか違和感を感じたら、

トラブルの可能性もあるので産婦人科を受診しましょう。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい