基礎体温 高温期が短い場合の妊娠しやすくしていく方法

高温期が短くて心配な場合の対処法

基礎体温のグラフをみて高温期が短く心配ということはありませんか?

そういった場合の原因と妊娠しやすくしていく対処法を見ていきましょう。

 

排卵後に分泌される黄体ホルモン(プロゲステロン)には、

子宮内に妊娠しやすい環境を整える役割があります。

そのため、排卵後は体温が上昇し、高温期が訪れます。

 

高温期が短いということは、

黄体機能の低下や黄体ホルモンの分泌量減少が考えられます。

生殖器や子宮内膜の血流も悪い状態です。

子宮内膜が薄いと妊娠しづらい、流産しやすいといったリスクがあります。

また無排卵や黄体機能不全を患っている可能性もあります。

高温期は10日以上維持した方がいいとされているため、

血行を良くするために、定期的な全身運動を取り入れ、

筋肉量を維持することも大切ですし、

自律神経を整えてホルモン分泌がスムーズにいくように

メンタル面を安定させていきましょう。

まずは、心の在り方を転換させない事には、プラスの方向に未来を変えることができません。

 

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

妊活セミナー

妊活セミナー

LINE@

LINE@

喜びのお声

喜びのお声
高齢でも妊娠に結びつくタイミングより重要なポイント

妊活をしているととっても重要なのはタイミングであるかのように、 また卵子と精子を ...

カウンセリングでまたまた自然妊娠報告です!

カウンセリングサポートで2ヶ月で妊娠報告です!!   2年弱二人目不妊 ...

3月大阪【妊活セミナー】不妊・治療の悩み解決妊娠できる方法公開

2018年 3月の妊活セミナーは、大阪開催です!! お越しいただける方とのご縁を ...

男性不妊・流産乗り越え喜びの自然妊娠されました!

男性の精液検査の結果、 顕微授精対象といわれていましたが、 カウンセリングを受け ...

妊娠するために知っておきたい【妊娠率】を上げるための病院選び

不妊治療を考えた場合、病院・クリニック選びは非常に大切になってきます。 近所だか ...

-妊娠しやすい日・排卵日・基礎体温表