妊娠しやすい赤ちゃんができる不妊相談カウンセリング 妊活セミナー 岡田和子 長野県松本市

妊娠しやすい心と体づくりをサポート! 不妊症・妊活で悩む赤ちゃんが欲しい方のためのカウンセリング

0memo1

卵巣機能を高め3つの習慣で自然妊娠へ

2016/04/06

0memo1

妊活・ベビ待ち中は、卵巣機能を高める習慣で、

 

自然妊娠できるように

卵巣を元気に、そして卵子の質を高めていきましょう。

 

卵巣を元気にするために必要なこととは

hip1

卵巣が元気で、年齢の変化にも負けず、
機能を高く保てるようにするには、
卵巣周辺温度が37度位であることが必要です。

 

妊活中は冷えは大敵ですね。

体を冷やすようなことばかりを続けてしまうと、

卵巣の機能が低下してしまいます。

 

そのためには、血の巡りをよく

代謝が活発である事、体温を高めに保つことがとっても

大切になってきます。

 

卵巣をあたためて元気にする3つの習慣

 

1 運動によって血の巡りをよくする習慣

ウォーキングpng

卵巣や子宮といった生殖器周辺の温度が

高く元気に働けるようにしてあげるために

運動も大切です。

 

また、運動をすることによって

リフレッシュして、血の巡りが良くなるだけでは

なく、自律神経も整って

ホルモンバランスが整いやすくなります。

 

 

2 お風呂でカラダをあたためる習慣

01nyuuyoku

40度程度のお風呂に数分入る事で、

体温を高め、自分の免疫力を高める事ができます。

免疫力は、ただばい菌と戦うだけではなく、

細胞を活性化させるという大きな役割もあります。

 

卵巣細胞も元気で活性化させるには、

熱めのお風呂に入って体温を38度以上に

一旦高める習慣も大切です。

 

3 卵巣を元気にする食べ物を食べる

しょくじ6png

卵巣がしかり働けるように、女性ホルモンがバランスよく

分泌されることがとっても大切です。

 

そのためには、

ホルモンの素となる栄養素が足りるような

食生活を心掛けましょう。

 

おもに、卵、肉、魚、大豆製品といった

タンパク質をしっかり取るようにしていきましょう。

 

 

その他、

 

排毒機能を衰えさせるような食生活も控えましょう。

食品添加物がたくさん入った

加工食品は注意が必要です。

化学物質や食品添加物、防腐剤などは体を酸化させ、

卵巣の機能を弱らせてしまうものとなります。

 

インスタント食品などはその代表です。

食事は簡単で手間いらずのモノよりは、

自然で愛情がこもった手料理を心掛けたいですね。

 

 

 

それでも、

不妊で悩んでいる時には、

色々な事に気を付けても、中々効果が出ない事もあります。

 

ネガティブンな感情や考えを

手放せなくて、

わかっていても、落ち込んでしまっていませんか

 

 

 

本当にこのままで妊娠できるのか不安な方

今までの妊活で成果が出せず焦っているという方、

医学的以外に、不妊の原因はもっと別のところにあることもあります。

 

 

妊活を長期化させたくない方、

結果を出せるように変わりたい方、

ママになって赤ちゃんを抱きたい方は

のちのち後悔しないためにも、

妊娠に必要な3つの力についてチェックしておいてくださいね。

banner_big_49

 

 

 

 

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

妊活セミナー

妊活セミナー
家族9png
健康的で幸せなご夫婦ほど赤ちゃんがやってくる5つのポイント

卵子と精子がくっつきさえすれば妊娠すると思っていると 予想外の結果にガッカリしな ...

0a1ace17ee2cc6199af193ded984d66d9
赤ちゃんが欲しい時はホルモンのもとコレステロールを摂取して

妊娠・女性ホルモンにコレステロールは必要 妊活中は整ったホルモンバランスが必要で ...

0a640042613369849482
妊娠しやすい体つくりに役立つポリフェノール

妊娠しやすい体とは、健康的な体のことです。 健康的な体つくりには、バランスの良い ...

HW050_L
遠方からもご夫婦でカウンセリングにいらしてくださいました!

妊活中は悩まれていてもご夫婦で足並みをそろえて、 デリケートなお話を中々しにくい ...

000000sa
妊娠しやすさをサポート第9の栄養素 酵素

今、話題の妊娠しやすくなる酵素 酵素が妊娠できる体質づくりのこころ強い味方になっ ...

喜びのお声

喜びのお声

-妊娠する女性ホルモンバランス乱れ改善