妊娠しやすい精子とは?男性の生殖能力の高め方 |

妊娠しやすい精子とは?男性の生殖能力の高め方

考える悩む男性

妊娠しやすさに関わる1つに、男性の精子の生殖能力という部分があります。

精子細胞の質の良さ、

運動率のよさ、奇形の少なさ、損傷がすくないDNAなど高めておきたい

部分はたくさんあります。そんな男性の生殖能力とその高め方について

お伝えしていきます。

 

受精までに選び抜かれていく細胞

射精後、精子は卵子との出会いを目指して子宮内を進入していきます。

一回の射精に含まれる精子の数は、約三億個と言われています!!

スタート時点では数えきれないくらいたくさんいるのに、

卵管膨大部まで到着するのはたったの200個、さらに、受精できるのは一個です。

 

受精までの精子の道のり

射精された精子には、数多くの試練が待ち受けていて、

試練を乗り越えてたどり着くために進んでいく環境は精子にとっては

過酷な環境です。

通常膣内は、細菌の繁殖を防ぐためにやや酸性になっており、

中を泳ぎすすみ、子宮口という狭い入り口を通り抜けることができるのは、

10万個程度になってきます。

子宮内に入り込んだわずかな精子には、更に過酷な試練が待っています。

子宮の内部は長さ約7センチあります。

0.06ミリメートルしかない精子にとっては、途方もない距離です。

しかも、そこは暑くてネバネバしていて、とても泳ぎにくいのです。

 

ここでほとんどの精子が力つきてしまいます。

卵子が待っている卵管膨大部までたどり着ける精子は、

200個と言われています。

 

妊娠しやすく生殖能力を高めるポイント

まずは、女性の酸性の傾いている環境のなかをできるだけ進めるよう、

分泌液の分泌が促されるように

心地よさを感じられる性生活を心がける事です。

そのために必用なのはリラックス。

男性の精子はおよそ3ヶ月のサイクルで作られている細胞なので、

できるだけ射精をして死滅した精子をとどめておかない事です。

そのため、どれだけ夫婦仲が良く、キスやハグがあったとしても

性生活が限りなく少ないという事は生殖能力を下げてしまう事につながります。

レスの解消や性生活の見直しというのは赤ちゃんができない事だけに

目を向けて不妊治療へ進んでいってしまう前に

夫婦で取り組んでおく点と言えるでしょう。

射精をしていると数は減りますが、質の高い精子になるため

妊娠しやすさにはつながります。

数だけあっても質が悪ければ授かりにくくなってしまうだけですね。

 

精子細胞は男性の分身

精子も旦那さんの分身ということを覚えていてあげて下さい。

あなたとの関わりによってあなたの旦那さんの心身の状態が大きく変化して、

細胞レベルにまで変化をもたらします。

 

先ずは、旦那さんに対して 一日1つでもいいです。

思いやりを持った行動をとってあげてみることもつづけましょう。

旦那さんに対して、本気で感謝の気持ちを言葉にして伝えてみる事など。

妊活に振り回されて、タイミング重視になっていないか、

射精してもらう事を求めすぎていないかです。

お互いにリラックスした関係を築きやすくなるために、

排卵期以外の期間の性生活を大切にし続けましょう。

 

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい