妊娠したいのに夫の性欲がなくなった…その原因とは |

妊娠したいのに夫の性欲がなくなった…その原因とは

落ち込む男性

赤ちゃんが欲しいからこそ、性生活があるのは絶対条件にはなります。

しかし、不妊の悩みを抱えるご夫婦にとって、特に男性が性欲を失ってしまっている

という悩みを抱えていることが増えています。

女性からすると、草食化はここまで進んでいるのか・・・と思う方もいれば、

女性側に原因があるの?私だから性欲がわかないの?

女性として魅力がないっていうことなの?ほかに浮気をしているの?

色々ともんもんと考えていってしまい女性としての自信を失って悩まれている方も

いらっしゃいます。

男性が性欲を失ってしまう、その原因についてみていきたいと思います。

 

男性の性欲が失われるパターンは主に3つ

性欲がないことを男性自身も感じていて、数ヶ月~数年で著しく低下

したことを感じていて「性欲障害」と呼ばれています。

おもに性欲がなくなっていくには3つのパターンがあります。

1 男性ホルモンの低下

2 使用している薬の副作用

3 妻に対してだけ、排卵期のみというケース

 

男性ホルモンの分泌は加齢とともに低下していきますが、

女性の更年期ように急激な変化として表れにくいので見落とされやすいのもあります。

気分がはれない、うつうつとする、疲れやすい、頭が重い、

性欲がないといった様々な不定愁訴となってあらわれ出たりします。

こういった症状が更年期くらいではないのにあらわれる場合は、

ホルモンの分泌異常も考えられます。突発性下垂体分泌異常というのもあります。

 

 

また、降圧剤やうつの薬を使用している場合も性欲が落ちるという

薬の副作用があったりもします。

 

その他、妊活中の男性に一番多いと思われるのが、

3番目のものです。不妊カウンセリングを行っていても9割は

セックスレスであったり、排卵期のみのセックス習慣になっています。

夫婦仲自体はひどく不仲でもないし、まあまあ仲良しの方ではあるけれど、

性生活はかなり少ないという状態になっているのも特徴かなと感じています。

妊娠を望むなら、回数を増やした方が良いことはわかっているんだけど

なかなか回数も増えないし、タイミングだけは何とか合わせようとしているけれど、

成り立たないこともあったりと・・・

多くのご夫婦が悩まれています。

 

改善していくためにできること

明らかにホルモン異常による病気であったり、治療中の薬の影響だとしたら

それに応じた治療や薬を変えるといったことで対応することが望ましいでしょう。

でも、精神的な影響、妊活を通じてストレスやプレッシャーを感じるように

なったことで起きてくる性欲減退に対しては、

夫婦として、男女として根本的に関わり方を見直していく

必要性が出てくるといえるでしょう。

男性は男性で、勃起から射精に関わる部分でうまくいかなくなっている

部分を知られたくない、隠したいという気持ちもあったりします。

そのため性欲のなさとなって現れ出てくるのもあります。

 

また、男性にとっては自分が子供を持つことに抵抗がある場合も、

子孫拒否という現象がおこり、射精をめぐってトラブルになることも

おこります。

デリケートな部分だけに、女性だけがもんもんと悩んでしまうとか、

男性に生殖について何かアドバイスをしようとすることでも

かえって悪循環に入ってしまうので、カウンセリングなどで

解決に向かう方向性を見つけていきましょう。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい