ストレスが妊活を長期化させる ストレス対処で自然妊娠へ |

ストレスが妊活を長期化させる ストレス対処で自然妊娠へ

妊活中に限らず、ストレスがかかる現代社会では、

ストレスになる事があふれていますね。

自分自身がストレスに感じていなくても、体が反応している事も多いのです。

そして、妊活を始めるとさらにストレスやプレッシャーはかかってきます。

うまくストレス対処することが、妊娠力に直結すると言ってもいいくらいです。

 

【ストレスが不妊期間を引き延ばす】

ストレスが強いほど妊娠するまでに時間がかかり、

不妊症リスクを高めることが研究で明らかになっています。f37990339d2bdb2844daded4b6e13f2f_s

アメリカで実施された環境中の化学物質や生活習慣と妊娠する力の関係を調査した

LIFE研究で得られたデータから明らかになっています。

不妊症ではないカップルを対象に妊娠までの期間とストレス度を示す、

ストレスマーカーとなる唾液中のアルファアミラーゼ濃度

と妊娠するまでにかかった期間の関係をみています。

 

その結果、唾液中のアルファアミラーゼ濃度によって測定されたストレス強度

は妊娠するまでに要する期間や不妊症リスクに関連することがわかりました。

 

ストレスを感じたりため込むカップルの場合は、より妊娠までに期間がかかったり、

不妊症になるリスクも高いと言えます。

 

【ストレスをため込まない生活習慣に切り替える事がとても大切】

ストレス自体は誰にでもあります。でも、生活習慣を変える事で、

その対処能力を引き上げる事はできます。

 

現代は食事もストレス対処能力を下げやすい食事バランスになりがちです。

テレビやスマホの普及により、睡眠の質も意識しないと下げてしまいます。

運動不足も、ストレス対処能力を下げてしまいます。

 

あなたが無意識に食べているモノも、

ストレスをため込む体質を作っているかもしれません。

 

妊活中は食べてはいけない、食べるのを控えたほうがいい食品がしょくじ9png

今は24時間いつでも手に入り、食べる事ができるように便利な時代です。

血糖値を乱高下させる食品はストレス体質を作り上げてしまいます。

妊活に必要な食事バランスを考えた

食事によってもストレスに負けない体づくりをしていく事もできるのですね。

 

ストレスにさらされていると不妊マインドへ

ストレス対処ができずにいると、落ち込みやすい、

イライラしやすい、夜の睡眠の質が落ちるといった影響も

出始めます。そうすると不妊マインドに陥りやすく、

セロトニン不足タイプのホルモンアンバランスタイプになっていきます。

 

心の中をいったんリセットして、不妊マインドから妊娠マインドへ

ホルモンバランスが整った妊娠体質になりたい場合はこちら

banner_big_44

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい