妊娠しやすくイライラ怒りっぽさの要因と解消方法

妊娠しやすくイライラ怒りっぽさの要因と解消方法

男女 話し合い

子どもが欲しいのにできないという悩みは、心の中の悲しみや辛さを

イライラや怒りっぽさ、「怒り」という感情になって現れ出てきます。

なんだか夫にイライラしてしまう。言いすぎてしまって喧嘩になってしまう。

せっかく仲良ししたいタイミングなのにそれどころではなくなってしまう。

生理前には不安定になって、夫を困らせてしまうという妊活女性は

すくなくありません。

イライラや怒りっぽさは、赤ちゃんにとっては不快な環境で、

流産や不育症のもとにもなってしまいます。

イライラ、怒りっぽくさせるその要因と解消方法をみていきましょう。

 

 

イライラ・怒りっぽさにつながる要因とは

イライラと怒りっぽくなるというのは様々な精神疾患の症状に現れ出てくるもので

精神的な不安定な状態、ストレスを抱えている状態、PMSなどホルモンの変化がある場合

でもおこりますが、日常的に、自分の欲求が叶わず期待に応えられていないと思うと

抱きやすくなります。

また、そのイライラ・怒りっぽくなる要因として、

「悲しい」「つらい」「寂しい」「劣等感」「置いてけぼり」「孤独」「敗北」など

様々な感情が複雑に絡み合って起こるものです。

色々な事が積み重なって起こってくるため、自分の気持ちの本当の部分が見えなくなり、

イライラという怒りでもって人に接してしまうため、返って信頼関係を崩してしまいがちで

協力し合えなくなってしまうようになりそれによりより

苦痛が増してしまうようになります。

素直になれず、自分の気持ちや求めていることを率直に伝えることができれば

イライラ、怒りっぽさは解消していかれるようにもなります。

 

夫への指示出しとそれを聞き入れてもらえない事でイライラ

子どもが欲しくて、妊娠、妊娠検索しては妊娠しやすくなるためにできる事はと

探していると、夫にもついつい求めたくもなります。

もっと体を動かして運動した方がいいんじゃないの?タバコはやめて!

スナック菓子とかも体にはよくないし、もっと体にいいもの食べてよ。

ちゃんと朝ご飯は食べてよ。タイミングの日は早く帰ってきてよ。

疲れてセックスできないくらいなら、休日は遊びに行かないでよ!

精子のためにサプリ飲んでよ。

妊活のために、こんなに頑張っている私の身にもなってよ。

なんで協力してくれないの?という苛立ちから夫に対して些細な事でも不満を抱きやすく

なっているかもしれないですね。

 

でも、そんなイライラの裏には、

子どもがいる家庭にしたいじゃん。友達にはみんな子供がいて、

子供がいない自分は惨めじゃない。頑張っているのに、赤ちゃんができないって悲しいよ。

そんな気持ちが潜んでいます。

まずは、自分の気持ちに気づいてあげましょう。

 

自由で好きな事をしている夫にイライラ

不妊悲しむ女性

仕事の調整もして、基礎体温もつけて、病院にも行って、できる事は頑張って、

家事もやって、なんだか私は日々が楽しめない。

なのに、帰ってきたら疲れたらごろ寝して、空いた時間には好きな事して、

休日も出かけていくか、ゲームして、テレビ見て、ゴロゴロ寝ている。

どんな時も頑張っている女の自分にはそういう休息もないし、

なんだか疲れちゃうとなると、

自由に好きな事をしている夫にも日常の生活を送るだけでイラついてしまいやすくなりますね。

 

私も休みたいな。一緒に家事も手伝って欲しいな。

自由にできる時間も欲しいな。気楽になりたいな。嫌な事を忘れていたいな。

そんな気持ちが潜んでいるかもしれないですね。

たまには、自分のためにリラックスしたり、自由になったり、周囲に協力してもらう事も

必用でしょう。素直にSOSを出してみましょう。

 

同じ思いで妊活をしてくれない夫にイライラ

悲しむ女性

あまりにイライラしたり、怒りっぽくなると感情的に突発的な事を口走りやすくなり

言わない方が良いことを言って相手を傷つけてしまう事もあります。

あんなこと言わなければよかったと思っても、取り返せないこともあります。

妊活は、夫婦での息が合う、足並みがそろう、そういった感じがとっても大事。

自分が頑張っているのと同じだけ、夫にも頑張って欲しい。

自分がつらい思いをしているだけ、夫にもつらさをわかって欲しい。

自分が寂しい思いをしている分だけ、夫にもその寂しさを分かっていて欲しい。

自分が悲しい思いをして言う分だけ、夫にもその悲しさをわかって欲しい。

自分と夫との気持ちが天秤で釣り合うように同じ思いでいて欲しい、

分かって欲しい、理解してほしい、とおもうものです。

イライラや怒りっぽさというのは、身近な人に対して抱きやすい感情です。

身近な人は理解してくれるはず。身近な人ならわかってくれて当然という感覚になるため、

だからこそ、夫婦間ではイライラも募りやすくなってしまう事でしょう。

 

不妊治療中の女性のつらさ調査より

不妊治療を受ける女性は不妊のことで傷つきやすく、不安や焦りを強く感じ

さらに、多様なストレスを経験するため、多くの周囲からの支援やサポートが必要な

状態にはあるのですが、周囲からの反応が当事者にとっては望まない不適切と感じられる

事も多く、周囲が不妊で悩む女性や夫婦に対しての接し方の理解も浸透していくことが

望ましいとも言えます。

不妊治療を通じてつらさの素となるものは他には治療する医療者に対するものや、

夫婦関係におけるものに加え、自分が直面している問題について人に話すことができないつらさもあります。

不妊治療を受けている場合は不妊カウンセリング等を実施している医療機関があるものの、

そういった場所では中々心の中のを全て吐き出して話すことは難しいといった話は

妊活セミナーの際に訴える女性も多数います。

つらい事を一人で抱えているという思いがより孤独感を募らせつらさとして感じやすい部分もあり

そのつらさが悲しみになり、イライラや怒りにつながっていきます。

 

不妊こんな孤独感がつらさからイライラへ

温度差や孤独感、支えがない感じ、自分だけという思いがイライラを

つのらせやすでしょう。妊活中の夫婦は比較的普段の中の良さは感じているものの

孤独感や必要な時に支えがないようにも感じている傾向があります。

 

・困った時に相談できる人が少ない孤独感

・不妊や治療に対して自分の考えている事や思いを正直に話せる人がいない孤独感

・不妊や治療に対して自分が抱えている気持ちに共感してくれる人がいない孤独感

・不妊治療を受けているのは自分だけだと感じる孤独感

 

支え合える気持ち、助け合える気持ち、協力してくれたらどれだけ心がすくわれるかと

おもっている割合がとても多いのです。不妊治療中の女性への調査でもつらいと感じる

気持ちの主要要因のうち、不妊に関することへの傷つきやすさ、

妊娠できるのかという不確かさにおける不安に次いで、

ベスト3にパートナーとのことが取り上げられています。

 

素直な気持ちを知り、それを素直に伝えることで解消へ

ハート

イライラしてそれによって夫婦関係が悪化している場合ほど、

素直な気持ちのやり取りができていないご夫婦がとても多いです。

怒りとともに、事実や、要求ばかりを相手に伝えることはしますが、

素直な自分が抱えている気持ちを会話の中に入れて率直に伝えていっていないのです。

コミュニケーションでは、自分の気持ち、私はこう思っているよという部分を伝えてから

穏やかに相手への要求を伝えていってみましょう。

あまりにも些細なことで、イライラ怒りっぽくなって、どうしても止められないという場合は

深呼吸や、瞑想、メンタルトレーニングなども取り入れるようにしてみましょう。

 

まとめ

不妊で悩む女性の多くは、周囲やパートナーにも言えない、理解してもらえないと

抱え込み孤独感も強く感じています。

1人で抱え込まずにカウンセリングなどで打ち明けていくことも妊娠を望む女性にとって

効果的な心のケアになるといわれています。

心がの状態が妊娠しやすさにも大きく影響を与えています。心からいい状態健康を

取り戻しましょう。

 

イライラ・怒りっぽさを解消する6秒のマネジメントはこちら

イライラする怒りっぽくい 妊娠しやすく夫婦円満になる方法

 

参考文献

日本助産学会誌第14巻第2号(2001.2) 不妊治療を受けている女性の抱えている悩みと取り組み

https://www.jstage.jst.go.jp/article/jjam1987/14/2/14_2_18/_pdf

不妊女性の経験するネガティブサポートに関する質的研究 昭和大学保健医療学部 秋月百合

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい