妊活焦りがもっと不妊体質へ・・・自然妊娠体質へ自分を高める習慣 |

妊活焦りがもっと不妊体質へ・・・自然妊娠体質へ自分を高める習慣

女性 悩む

結婚して、そろそろ赤ちゃんが欲しいなぁ・・・

そう思って妊活を開始してもなかなか授からずにいると、

焦りが出てきてしまいますよね。周囲は妊娠していくのに自分は中々妊娠しないという

強いストレスは、不安や焦りにもつながり精神的にも些細な事でナイーブになって

傷つきやすくもなってしまいます。

それと同時に、さらに妊娠しにくい状況になってしまうから困りもの。

 

妊娠しないと思う 焦りの悪影響

女性 困る

なんで私は妊娠できないの?

周りの友達は妊娠していくし・・・周りからは赤ちゃんまだ?

って聞かれることは、どんどんプレッシャーに感じることでしょう。

妊活中の女性が感じるストレスの中で上位を占めるのが、

中々妊娠しないストレス、周囲は妊娠していく状況、不妊治療、タイミング合わせのセックスや

パートナーとの妊活への温度差などになります。

 

自分もほしいし、夫のためにも欲しいのにと焦りとイライラは増えていくのです。

そして、この焦りを抱くことに年齢は関係ないのです。

20代でも妊活が思うようにいかずに悩む方がずいぶん増えています。

もちろん統計的にも35才を過ぎると

妊娠能力は落ちるという事は言われていますが、

35才を過ぎても妊娠能力はあり、生理が続いて排卵が起きている限り妊娠の可能性はあるものです。

もちろん年齢による妊娠率の低下はあるものの

瞑想やイメージトレーニング・認知行動療法など精神的なストレス緩和に

取り組んだ女性は不妊歴が6年あっても、着床率が高まったという研究があります。

大事なのは、本人が焦っていると感じれば、

それは焦りとイライラ、不安、絶望ストレスになって、あなたの体に

ストレス反応をさらに起こさせてくるということです。

 

焦りによるストレスが不妊体質を強化

なぜストレスがよくないのか・・・

ストレスを感じるとコルチゾールアドレナリン呼ばれるストレスホルモンが出てきます。

コルチゾールは毒性も強い物質で、マウスなどには腹腔に注入すると

死んでしまうほど。ストレス度が高い人ほど死亡率が高まるのは

細胞がダメージを受けるからですね。

このホルモンが出続けて1週間も続くと、脳の海馬と前頭葉前野の神経細胞が

死んでいき萎縮していきます。

その部分が小さくなってしまうのと同時に神経細胞の突起(シナプス)もなくなってしまうのです。

記憶力も低くなることはもちろん、前頭葉前野の活動が低下してしまいますし、

自律神経の働きもアンバランスになってしまいます。

 

女性ホルモンバランスを司るもの、もちろんですね。

あなたの全てを司るのが脳だからです

何かしらのストレスや精神的ショックな事は脳の神経を物理的に損傷させてしまうという事ですね。

その損傷がおきた部位が病気が起きた部分のところと

関係がある事が脳科学で証明されています。

ネガティブな事を思考するだけで脳内のネガティブ神経回路構築され、太くなります。

そうすることで、交感神経を優位にしてしまいます。副交感神経が優位になる

リラックス状態ほど妊娠率や着床率が高まりやすい傾向があります。

リラックスできないストレス状態は、

自律神経を介して不妊体質はさらに強化されてしまうという事ですね。

 

焦りなどネガティブ感情いっぱいでいると

脳からはアドレナリンなどのストレスホルモンが分泌され、

筋肉が収縮します。

そして、毛細血管が圧迫されて血流が悪くなります。

そうすると、様々なところに病気をもたらし始めます。肩こりや腰痛もそうです。

血液を送り出す心臓にも負担がかかり、

エネルギーが無駄に使われて疲れやすい状態になります。

アドレナリンのホルモンなどは、

すべての内臓器官の調子や自律神経のバランスも崩します。

妊娠には全身の器官と内分泌とのバランスが大きくかかわっています。

なのでストレスをためるストレスを

対処できない状態が続くと当然ですが、不妊体質になります。

 

焦る事の悪影響はストレスだけにとどまらない

焦りは、自己イメージ(自己肯定感や自己能力の評価)

を大きく下げてしまいます。

 

自己イメージについてあまり知られてはいないかもしれませんが、

人が幸福感を抱き、

自分の思い描く人生を生きぬいていくためになくてはならない物なのです。

 

 

あなたの心の中に、自分が自分のありのままで存在する意義や

価値があると思える自身のようなものです。

自信というと一般的には○○ができるとか○○が得意といった能力

への自信ととらえられがちなのですが、

土台にあるのは、そのままの自分でOKと思える自分を自分で肯定できる気持ちです。

 

妊娠力を高めるには

妊活で焦りや苛立ちを感じてしまう事はあるでしょうが、

ストレスの対処をして、自己肯定感を高くすることをしていくことで、

望んだ赤ちゃんに早くに出会えるようになります。

着床率を高めるための認知行動療法や、イメージトレーニングはとても有効になります。

自己肯定感や自己効力感というセルフイメージは

焦っていた不安になるとどんどん低下してしまいます。

セルフイメージが高いほど、目標達成率が高いという事はイメージの研究でもわかっています。

心のケアをしながら自分のセルフイメージ自分ってこんな人

自分ってできる人。自分は成し遂げられる人だと確信をもっていってあげましょう。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい