涙もろく止まらない!不妊ストレスやうつ傾向が原因かも

涙もろく止まらない!不妊ストレスやうつ傾向が原因かも

不妊落ち込む女性

ストレスを感じると、涙を流すことで発散させているという

自然な対処反応のひとつでもある涙ですが、突然涙が出てくるようになったり

涙もろく涙が止まらない、感情の起伏が激しくなったという場合は

不妊のストレスがたまっているのかもしれません。ストレスが過度にかかると

うつっぽい症状があらわれたりもします。

その涙は心からのSOSサインかもしれません。

 

涙を流してストレスに対処している

大人になると涙を流すことを控えてしまいがち。

泣いてはいけないと教わってそだっているとなおさら感情を外に出すことや

涙を流すことにも否定的になってしまう傾向もあります。

しかし、涙を流すことによって心をいい状態に戻すように手助けしてくれます。

涙の中にはストレス物質が含まれ、それを実際に外に出すのもありますし、

涙を流すと、セロトニンという幸福感を感じるホルモンも分泌されます。

涙は喜怒哀楽の感情が高まる事で出ます。

悲しくても嬉しくても涙は出ますよね。

感情の起伏が激しいほど涙もろくなりやすいとも言えるでしょうし、

ストレスが過度にかかり自律神経が乱れても涙もろくなったり、急に涙が出てきて止まらない

といったことも起こりやすくなりますが、体が何とか対処しようとしている表れでもあります。

 

涙もろく涙が止まらないのはストレスが関係

涙が突然出てきて、止まらない。前に比べて涙もろくなってめそめそと泣いていることが増えた。

そういった場合は、体に起きている自律神経の働きを何とか整えようとして

働いてくれている部分が出ているの可能性も高いでしょう。

ストレスを感じると自律神経の中でも交感神経が高まってしまいます。

それを改善するよう、涙を流し副交感神経とのバランスを保とうとするのです。

でも過度にストレスがかかりすぎると情緒が不安定になり、

涙もろく、突然出ては止まらないといったことも起こるようになります。

涙がなんだか出るという場合はストレスがかかっているよのサインとして

受け止めて早めに対処してあげましょう。

特に妊活をしている女性はストレスをためてしまいがち。

女性ホルモンの変化の影響もうけて月経前後は特に涙もろくもなりやすいと言えるでしょう。

 

涙が止まらない時の対処法

ストレスが原因で涙が止まらなくなっているとしたら、心のケアをしてあげましょう。

また、涙を流すことそのものは決して悪い事でもなく、

かえって我慢していると余計につらい気持ちにふたをしてしまう事になり

悪化しやすくなりますので注意しましょう。

過度に負担になっていることがあったら早めに対処していくことです。

不妊の悩みは人に相談しにくい、自分だけが抱え込んでいると孤独感を感じやすい悩みでも

あり、まじめで頑張り屋さんほどストレスもためやすくなります。

涙を流すことは恥ずかしい事でもないですし、心が弱いからでもありません。

まずはどんなことでストレスが過度にかかっているのか原因をみつけていきましょう。

また、心の問題になるストレスは物事のとらえ方である「認知」がゆがむことで起きてきます。

日々の物事のとらえ方などを変えていくための取り組みがメンタルケアにもなっていきますよ。

リラクゼーション効果がある呼吸法や瞑想などもあるので合わせてみるのもよいでしょう。

 

まとめ

涙は自然におこる心と体のケアであり、涙が出て止まらない、涙もろいというのは

ストレスがかかっているのサインだと受け止め早めに対処していきましょう。

ストレスは不妊の敵です。妊娠を阻害してしまうものなので、

うまくケアしながら子供を授かれるように心身ともに健康的にしていくことを大切に

してあげたいですね。

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい