不妊症チェック診断 頑張ることがセックスレスの原因に |

不妊症チェック診断 頑張ることがセックスレスの原因に

手をつなぐベッドの中の夫婦

不妊で悩む人ほど、どうしたら妊娠できるのかばかりを考えて

頑張ってしまいます。

そして、自分だけが取り残されるような気持になっていって、

あの人だけには先を越されたくないと思っていた人までも妊娠していって・・・

こんなに頑張っているのに、必死になっているのに、

なんで私には赤ちゃんが来てくれないの?と思っていることでしょう。

まずは、妊娠しにくくさせる特徴をチェックして改善点を探していってみましょう。

 

頑張り屋さんではないですか?

妊娠しやすい人は、実は、そもそもいろいろを頑張っていないのです。

けっこう自然体です。

はじめは赤ちゃんは授かるものだから、

頑張っていなかったけれど、どんどん妊娠しない期間が延びていくことで

年齢を重ねることで焦って不安になって必死になっていたという方も多いでしょう。

妊娠しやすい人は、妊活だけでもなく、もっと別のところ例えば仕事や家のことや

人間関係などでも

頑張りすぎたり、不安になって焦ったり、思うように進まないと必死になったりも

していないのです。

 

 

頑張っているのにレスになっていませんか?

妊活頑張ってきたのに!治療もしたのに、ありとあらゆることしてきたのに

そういう方でも、実に多いのはセックスレスです。

レスまでいかなくてもセックスの回数がやはりかなり少なく

タイミング重視の性生活にしかなっていないということ。

 

本当に自分たちのセックスについて向き合ってきたのでしょうか?

妊娠ばかり気にしていると、お互いに義務感やプレッシャーばかり

感じる性生活になるのでどうしてもセックスレスになったり、

男性側にに勃起障害しゃ射精障害などもでてきやすくなります。

性から目を背け、男女として求めあう事をせず、

卵子と精子だけをくっつけて赤ちゃんが欲しいと治療に進んでいっても

それではうまくいくはずはありません。

レスでもそれを解消しようと向き合い、話し合い、

また復活させ、男女として本能的にひかれあい、結ばれる

心と体の距離を縮めていくのが一番妊娠しやすい状態を作っていかれます。

 

妊活がレスのきっかけに

レスのきっかけは、案外些細なことから始まるのかもしれません。

疲れている、忙しい、ゆとりがないがきっかけかもしれません。

 

赤ちゃんほしい、赤ちゃん欲しい、その気持ちの強さに

プレッシャーを感じたり、男性としてふがいなさを感じてしまう

ことからかもしれません。

なぜできないのと落ち込んでいる姿を見るのがつらくなることからかもしれません。

性生活をいいものにするには、心地よさやリラックスできる環境を

作ってあげることが最優先になります。

妊活に必死になりすぎない事も大事になります。

 

授かりやすさは自然体から

どうしたら自分も相手も気持ちよいセックスができるのかもわからない。

相手が自分を気持ちよくさせてくれない不満を感じて、そのままになっていませんか?

双方、ふたりのセックスに自信をもって満足できていますか?

今までカウンセリングなどしてきた経験からも、

不思議とひかれあって、満足のいくセックスの時は

心地よさと幸せに包まれて、妊娠を手にされていっています。

 

自分を自然体でさらけ出しながら、相手を受け止められる心の余裕と

相手と自分を思いやれる観察力やコミュニケーション能力が大事になっていくので、

頑張り過ぎず、ほどほどに取り組める心のゆとりを作っていきましょう。

 

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい