ピンクブリージング効果 女性ホルモン分泌や若返りの呼吸法 |

ピンクブリージング効果 女性ホルモン分泌や若返りの呼吸法

女性

ピンクとっても女性ホルモンの分泌をはじめ

自律神経を整える効果が高く、妊活女性にはとてもおススメな色であり

生活に取り入れていって欲しい色でもあります。そんな色と呼吸を合わせて

心理的な効果から体への良い影響を受け取ることができます。

特にピンクは幸せと若返りの象徴です。

 

カラーブリージング 色彩呼吸法とは

カラーブリージング(Color Breathing)は色呼吸法といい、

自然界に溢れる様々な色の力をイメージと合わせ呼吸することによって、その恩恵を受け取る

方法法です。

カラーセラピーという言葉があるように、色には人の心に影響を与えることが

わかっており、昔から生活にも取り入れられてきています。

色をイメージしながら呼吸をする、これがカラーブリージングです。

色には色ごと様々な効果が違うといわれています。

そのなかでも最も妊活に適しているのがピンク色を取り入れながら行う呼吸法です。

 

ピンク色がもたらすリラクゼーション

東京大学名誉教授の大山正先生の著書 色彩心理学入門では、

人は無意識にピンク色を見ると、愛・夢・家庭を想起し、幸福感を感じるとしています。

また色の好みに関するアイゼンク(H.J.Eysenck)の調査によると、

ピンク色は男女共通で好感を持つこともわかっています。ストレスを緩和し人々に

安心や愛情、幸福感を与える素敵な色であることがうかがえますね。

ピンク色の効果については海外でも様々な研究があります。

アメリカの囚人の独房の壁の色をピンク色に塗った実験があり、

アメリカ生物社会研究所所長を務めたアレキサンダーシャウスは1979年に

アメリカ海軍軽罪裁判所のベイカー及びミラー両司令官を説得して実験されています。

このピンク色の効果は驚くべきもので、

収監者の筋肉の強さが2.7秒で減少したとの報告もあるようです。

心理的にも、身体的にも効果を発揮し、とてもいら立った神経を数分で鎮めることがわかっています。

これまでは体罰や鎮静剤の投与によって鎮めるしかなかったが、

今では小さなピンク色の独房が使われるようになり、暴力行為や攻撃的な行為の発生が激滅しています。

ピンク色は攻撃性を抑え、リラックス効果を高める働きがあり、以後

精神療法の現場でもピンク色が用いられるようになっています。

ピンク色は人をリラックスさせ、幸せにもさせてくれる魔法のような色ですね。

 

美容と若返りにピンク呼吸法

ピンク呼吸法とは元々は「美しくなりカラーブリージング」の著者、

イボンヌ・マーティンが実践して見た目年齢が20歳も若返ったということで話題になった美容法なのです。

カラーブリージングは美容、そして健康、そしてアンチエイジングなどに効果が期待できる色呼吸法

であり、妊活中の女性には取り入れて欲しい呼吸法とも言えます。

いつもと違った呼吸を心がけ、心地よさや、穏やかさ、幸せを感じる事で

アンチエイジングや女性ホルモンを整える事に役立てましょう。

体の疲れがとれない、ストレスを感じる、老化が気になるという方は是非試してほしい呼吸法です。

カラーブリージングの効果

いつもイライラしてしまう人や、ちょっとしたことで落ち込んでしまう人は

頑張り屋さんで活動的な状態では、

知らず知らずのうちに呼吸が浅くなってしまいます。それは自律神経の働きも関わるため。

交感神経が優位になると、呼吸は早く浅くなってしまいます。

気づくと、深いお腹でするような呼吸ではなく胸や肩の位置で呼吸している

事に気づくかもしれません。

呼吸が浅いと精神的に不安定になりやすく、その不安定さが怒りや悲しみを助長させ

悪化させてしまいます。精神的な影響は体にも悪影響を及ぼしてしまいます。

ストレスが病気や死亡率を高める事もわかってきています。

 

カラーブリージングにはリラクゼーション効果があり、精神を安定させ、平常心を保てるようになります。

そして落ち着いた呼吸や、自律神経が整う事で、女性ホルモンなど内分泌の影響にも

効果的に働くためは美容や女性らしさをキープするのにも役立ちます。

 

ピンクブリージング(ピンク呼吸法)のやり方

時間はどれだけかけてもいいですし、1日に何度行っても副作用もリスクもありません。

満たされたと感じられるまで呼吸を繰り返してください。

できれば10分~15分、瞑想のように毎日継続できるほど好ましいでしょう。

 

1. リラックスできるように座って

椅子に深く腰掛けてリラックスしましょう。寝て行うと寝てしまう事も多いので、寝てしまわない程度に座って行うのが良いでしょう。

集中してできるように雑音や気が散りにくい環境がよいでしょう。

 

2. 悪いモノは毒素のようにイメージして吐き出す

口からすーっと細長く息を吐き出しましょう。吸う息の2倍の長さで長く吐くようにします。

この時に吐き出す息と一緒に体の中の悪いモノが出て行っているのを

イメージしてください。

体の中に溜まっていた黒い毒が外に出ていくように吐き出していると想像しながら行います。

 

3. ピンク色を吸い込む

悪いモノを吐きだしたら、今度はきれいな好きなピンク色の光を鼻から息を吸い込みましょう。

体中がピンク色の空気でいっぱいだと想像しながら吸っていきます。

2~3を何度か繰り返し、体にピンク色を浸透させるのです。

体内にピンク色の空気が入ってくるイメージを行うようにしてください。

ピンク呼吸は寝起きや寝る前などのリラックスした状態で行うと、

より効果が高いと言われています。

 

4 ピンク色が心や改善したい体の部分にいきわたるのをイメージ

体の中にピンク色が充分にいきわたり、体や心が良い状態になっているのを実感してみてください。

イメージしながらゆっくりと深呼吸を繰り返し、本当にそうだと感じながら

行う事がポイントになります。

 

残された卵子の質を高めるには

卵巣の中にのこされた卵子の数を増やすことはできません。

しかし、残された卵がいい状態であり、受精し分割していけば妊娠につながります。

もちろん妊娠には卵の状態だけとは限りませんが、

とても大事な部分になります。

 

AMHはふやせますか?残念ならがそれはできません。

ただ、卵巣にホルモンや栄養などを送れるのは血管だけですから、

血流を良くすれば栄養や薬などの効き目が良くなる可能性はあります。

 引用 AMH 浅田レディースクリニック

 

細胞のいい状態を作ったり、細胞に届く酸素や栄養が行き届くように

リラックスした状態をつくり血流を改善させておくのはとても大切な事ですね。

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい