妊娠するには?生理前の落ち込みを卒業する方法とは |

妊娠するには?生理前の落ち込みを卒業する方法とは

生理前にはひどく落ち込み、生理が来てはひどく悲しむの繰り返し。

不妊で悩んでいるとき、心の器は狭くなります。

焦っているとき、もっともっと縮んで、

もういっぱいいっぱいになってしまいます。

生理周期やホルモンバランスの不調にもつながっていくのが心の状態です。

妊娠というのを意識し始めたら、急に月経不順になりだしてしまった。

何も考えていない時は逆に簡単に妊娠できたのに。

妊娠を意識するほどに、妊娠が遠ざかっていくことに

悩まれる方は本当に多く、みんな一緒。

それくらい意識していしまうと、かえってうまくいかないですね。

心の状態を整える事から始めていきましょう。

 

 

妊娠することに必死で生理がくる前が落ち着かないのは

欲しいと思う、ないものへ意識をむけている状態や

未来への期待と不安に心が揺れ動く状態で

心ここにあらずという

今という瞬間への集中ができていない状態になってしまいます。

 

雑念だらけで、心が落ち着ける状態にないわけですから、

雑念を減らす、何かに集中するというトレーニングを

意図的に行っていくことで、

そういったことに振り回されずに、すごせるようになっていきます。

なので、そのためのトレーニングを行っていくことが大切です。

 

生理前を落ち着いて過ごすためのマインドフルネス

不妊で悩む人は、姿勢が悪く、呼吸も浅く早いという特徴があります。

今までたくさんの方と接してきて、思う事ですが、

悩んでいるときほど姿勢や呼吸にも悪い状態としてあらわれ出てきます。

 

息は自分の心と書くように、心の状態がそのままに表れでてきます。

なので、その息が浅くはやくなっていきがちです。

その呼吸へ意識を向けながら、

ゆっくりと、姿勢を整えて、呼吸だけに意識をもっていき集中する

という事をしていきましょう。

姿勢を整えて呼吸をゆっくりと、

その呼吸にだけ意識を向ける事だったらまずは取り入れることができます。

意識を呼吸へ向けてみて、その後

意識が呼吸からそれたら、気づいてあげてください。

反れたことに気づいたらまた呼吸へ戻すを繰り返していきます。

 

 

考えすぎない方がうまくいく

何も妊娠を意識しなかったときは妊娠できた。

妊娠を意識する前は、生理周期も整っていた。

妊娠を意識する前は夫婦の性生活も楽しかった。

みなさん、そんなことをよく口にされます。

変に妊娠を意識してばかりいることで、かえって不妊を招いてしまうのですから

そんな執着を手放して解放させていきましょう。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい