妊活のつらさや不安を軽減  心の癒しに瞑想 |

妊活のつらさや不安を軽減  心の癒しに瞑想

妊娠する女性

瞑想について妊活にヨガというのは、メジャーかもしれません。

でも妊活に瞑想・・・というのは今はまだ日本ではそれほど注目はされていません。

瞑想ときくと、宗教やスピリチュアルなものと思われる方も

少なくないかもしれませんが、瞑想の研究も進んでいて妊娠しやすさを

サポートしてくれます。

 

妊活に瞑想を

古来「ヨーガ」というのは、「心」と「体」の修養のことでした。

そのうちに、心の修養が瞑想、体の修養がヨガになりました。

なので、瞑想は心のトレーニング、心のストレッチだと思っていただくのが

よいでしょう。

 

瞑想は、特別難しいものでもなく、どなたでもできる心を整える技術です。

自転車を練習すれば自転車にのれるように、

逆上がりを練習すれば逆上がりができるように、

どなたでも瞑想を行えば、瞑想の楽しみや効果をご自分のものにできます。

妊娠いしやすさに効果的になる部分や、出産後にも役立つ部分について

お伝えしていきます。

 

瞑想をすれば、妊娠しやすく脳が変わる

瞑想は、脳の働き具合だけではなく、脳の構造そのものも変えてしまいます。

薬の治療とか、一過性のストレス発散とは全く違い、

対症療法的な関りではなく、

自分が望む妊娠しやすい状態に自分で自分の心を

コントロールしていかれるようになるという事です。

 

瞑想は、10年にわたる研究の解析から、脳の8つの領域において

構造的(密度や容積)に変化を及ぼすという事までわかってきています。

 

そうすることで、こういう力が付きます。

・集中力の向上

・感情のコントロール

・自律神経の調整

・自己コントロールの向上

・免疫機能の向上

 

妊活で悩みつづけると 不安で苦しい

過去の嫌な記憶か、不安な未来にばかり気を取られていて、

いつも不安や焦り、ネガティブな思考に憑りつかれています。

特につらいものというと、不安です。

考えだしては止まらない事といえば、

うまくいかなかったらどうしよう、

今度妊娠しなかったらどうしよう、

前に医師から言われたことが気になって、

以前の検査結果にとらわれて、

過去の治療経過のせいで妊娠しにくくなっているのかもと不安になって、

早く妊娠しないと、早く何とかしないとと焦って、

妊娠したとしても、そのあと無事産めるかな、

産んだ後育てられるかな、産まれてくる赤ちゃんが健康かな、

いつでも、嫌な過去か不安な未来にばかり心が散ってしまっていきがちです。

妊活をしていてもっとも女性を苦しめているのが不安です。(1

 

ストレスの軽減はホルモンや妊娠率に貢献

心を安定させ、不安より、安心感が増えれば、

心の中にネガティブよりポジティブが増えれば、

自律神経とホルモンバランスが整いやすくなります。

ストレスによって、ホルモンの分泌すら変わってしまいます。

不妊歴が7年と長くても、マインドフルネス瞑想や心の心理的介入サポートに

よって2倍以上妊娠率が高まっています。(2)

これほどまで、効果的で、科学的にも証明されているものでも、

日本ではマイナーですし、受け入れられない面もあります。

宗教的、スピリチュアル的、形のないものが信じられない

そんな気持ちもあるかもしれませんが、瞑想については、

科学的に効果が高いことが証明されているので、取り組んでいきましょう。(3

妊娠しにくいのは、慢性的なこころのつらさに

上手に対処できていないから。

 

瞑想は妊娠経過、出産にもプラス

また妊娠してからも、瞑想の効果は、おなかの赤ちゃんにも良い影響がいきます。

妊娠前から、妊娠中の女性のストレス度は流産や、授かる子どもの

心身の発達、成人後の健康度にも影響しています。(4)

 

・妊娠、出産への不安やあせりがやわらぎます
・気持ちをリラックス
・出産に向けてのイメージができる
・出産に対して前向きに考えられる
・瞑想による疲労回復
・お腹の赤ちゃんの胎動を、リラックスして感じられる

など、安心して妊活をし、安心して妊娠経過を過ごせるように

する手助けにもなりますよ。

妊娠しやすくし、出産後もプラスになることをしていくことが

正しい妊活になります。

 

妊活中の心の癒しで妊娠率を高めていこう

メンタルコントロールは妊活ちゅうで子どもができずに

悩んでいたら、絶対に必要といえるでしょう。

妊活中は、夫婦で、男性も女性も精神的な苦痛、不安や恐怖心を

感じながら過ごしています。そして、そのケアの必要性が言われているのは

妊娠できずにいる事で、心の状態によってさらに妊娠率が下がってしまい、

不妊治療などでも成果がでず失敗しているという報告もあるからです。(5

心のケアが案外おろそかにされがちだったり、

やらないといけないとはわかっているけど

どうやっていいかがわからずに困り果てて心の苦しさに疲れ果ててしまっています。

まずは、簡単な瞑想から取り組んでみて、心の癒し効果を実感していきましょう。

 

参考文献

(1) Patel A, Sharma PS, Narayan P, Binu VS, Dinesh N, Pai PJ, et al. Prevalence and predictors of infertility-specific stress in women diagnosed with primary infertility: A clinic-based study. J Hum Reprod Sci. 2016;9:28–34. 

(2)Impact of a group mind/body intervention on pregnancy rates in IVF patients June 2011Volume 95, Issue 7, Pages 2269–2273

(3)Wachholtz AB, Pargament KI. Is spirituality a critical ingredient of meditation? Comparing the effects of spiritual meditation, secular meditation, and relaxation on spiritual, psychological, cardiac, and pain outcomes. J Behav Med. 2005;28:369–84.

(4)Mater Sociomed. 2015 Jun; 27(3): 200–202.Published online 2015 Jun 8. doi:10.5455/msm.2015.27.200-202 A Review of the Effects of Anxiety During Pregnancy on Children’s Health

(5) 2002;53(4):195-9.Psychiatric morbidity amongst infertile Chinese women undergoing treatment with assisted reproductive technology and the impact of treatment failure.

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、不妊カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい