潜在意識を味方につける 妊娠を引き寄せる口ぐせとは |

潜在意識を味方につける 妊娠を引き寄せる口ぐせとは

妊娠

私たちの行動は常に心理的な影響を受けている事をご存知でしょうか。

だからこそ、妊娠したいから気をつけようと思ったり、

体質改善しようと思って冷え体質を変えようと取り組むという女性も多いものです。

月経周期が整っていないから、まずは体質改善しようと思う方だって多いはず。

でも、意外とこの体質なかなか変わらずに困ってしまうもの。

それは、いつの間にか自分を甘やかしてしまいやめてしまったり、

先延ばしにしてしまったり、継続できなかったりなんて事になってしまうから。

 

そんないつの間に変わろうと頑張る自分を変えるのを阻む心にうまく立ち向かうための

口ぐせをご紹介します。

 

知っておきたい モラル・ライセンシング

人は何かに取り組もうとすると、善い行いを行った後には、ちょっとくらいさぼってもいいや

とか自分を甘やかしてしまう心理が働きます。

善い行いをしたから、ちょっとくらい悪い行いをしてもよいという心理が働きます。

これをモラル・ライセンシングといいます。

 

よくダイエット中にもおこりますよね。

運動をしたから、その後にはちょっと食べてもいいかと思う。

何か取り組んでいるから、今日はさぼってもいいかと思う。

妊活にも同じことが言えます。

例えば、サプリを飲めば、栄養を補ったからちょっとくらい食事は乱れてもいいか

ちょっとくらい栄養バランスが崩れてもまぁいいかと思うものです。

食事を変えたから、運動はまぁしなくてもいいか、など

何かをしたから、その裏で、自分は善い行いをしたからその後はちょっと自分を甘やかすことに

誘惑に甘くなってしまうのがモラル・ライセンシング

 

誘惑に負けて 体質改善できなくなってしまう

善い行いをしていると思えば、頑張って取り組んでいるからと

その次の行動が誘惑にまけやすく結果プラスマイナス0となって、

体質改善ができなくなってしまいます。

正しい行いは喜ばしいかもしれません、でも私たちは心の中で正しいことを

したら物事をうまく継続できるというわけではありません。

正しいことをすればよいと思っていたら、妊活では最も効果的に

性生活を改善して回数を圧倒的に増やすことがよいでしょうし、

タイミングを合わせればよいのかもしれません。

でも、そう思っても回数は増えませんし、タイミング合わせもうまくいかないものです。

人は、いつも正しいことがしたいのではなく、

したい事をしたいという心を持っています。

そのために、妊娠を引き寄せるためには、自分がしている行動は

自分がしたいと思った欲求に基づいた行動をとっているという意識づけが大切になります。

 

妊娠を引き寄せるための 行動を変える口ぐせ

自分は好きな事をしている、したいことをしていると思う事で

行動を意欲的に取り組み、継続していくことができます。

そのため、妊活だと、子どもを授かるための自分の体質改善に取り組みたいときは

何を始めるのであっても、まずは

○○しなくてはとか、子どもを授かるためにこれをすべきといった口ぐせよりも、

 

私はこれが好きなんだ。好きだからしたいことなんだ。

好きだから、これをするんだ♪

これを口癖にするようにしましょう。

 

仕方なく妊娠するためにするのではなく、自分が好きだからする。

したいからする。自分の欲求のもと、自分で選択して取り組んでいる事を意識づけましょう。

そうすることで、モラル・ライセンシングの誘惑に負けずに自分の体質改善のための

取り組みを達成していくことができるようになります。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい