潜在意識で妊活はうまくいく 妊娠しやすくするウィルパワー  |

潜在意識で妊活はうまくいく 妊娠しやすくするウィルパワー 

不妊とストレスはつきものです。特に人生の大事な部分のコントロールが効かなくなって

しまったように感じて、ストレスレベルが高まり心身症レベルやうつっぽくなっている

ほどにもなるといわれています。

そんな心を上手にコントロールしてあげられたら人はもっと良い結果を受け取れます。

妊娠するには、潜在意識をうまく使いウィルパワーを高めていくと成功していきます。

ストレスを抱えているほど、不妊リスクはより高まってしまうため妊活では

心のケアをしていくという事も大切ですし、妊活で心理学が重要になるには

自分の行動のコントロールも必要になるためです。

自分の事をコントロールする力:ウィルパワーについてです。

 

ウィルパワーがあれば人は妊娠しやすくなれる

ガッツポーズ女性

妊娠しやすくするためには、今持っている自分の体質とか、夫婦の関係性を

変えていく必要性が出てくることでしょう。

妊活では、今までの自分の習慣や人と築いていた人間関係のパターンを変えていく必要性が

あるからです。

妊娠しやすくするには、卵子の質を高めるには、冷えを改善させようとしますよね。

女性にとって冷えは不妊体質を作ってしまうもの。

そんな冷えには何が影響しているかというと、ストレスや睡眠不足、運動不足などです。

そのためには、ストレス溜めないようにして運動をすればよいのですが、

不安でたまらない、焦ってしまう、妊活の事ばかり考えて生理がきては落ち込んでしまう

といった心が情緒不安定になってしまっていますし、

何だか体も疲れてしまって運動まで時間を確保できないなんて人も多くいます。

夜は、早くにぐっすり寝ればよいのですが、スマホを見て検索してしまい、

寝る前には何だか気分がモヤモヤしたり、つい睡眠時間が減ってしまったり、

夜中に目が覚めたりしてしまいます。

 

妊娠するためには、以下の3つが揃っていることが大切です。

妊娠しやすくするための行動 (する力)

妊娠しにくくさせてしまう行動 (しない力)

前向きに取り組む(望む力)

 

当たり前なのですが、良いことを行い、悪い事はやらず、前向きに取り組めていたら

妊娠しない事の方が難しくなります。

これら3つの力を意志の力ともいい、潜在能力を高めるウィルパワーとも言われています。

 

人の成功を決める意志の力 ウィルパワー

フロリダ州立大学社会心理学の教授ロイ・バウマイスターは、

円満な家庭、恵まれた人間関係、満足のいくキャリア、健康な体、何にしても

成し遂げるためには、知能と、コントロールする力が必要だと言っています。

 

妊活するぞ!と意気込んで、色々取り組むことって案外頑張り屋さんの女性は

がんばれてしまうところがあります。

妊娠しやすくなるなんて聞くと、端から取り組もうとしたりもするかもしれません。

良いという事をする力の発揮ですね。

でも、妊娠できずに悩む、不妊で悩み続ける人には、やらない力が不足します。

よくないということをやらない力

ストレスだってよくない、

でもそれをやらずにいる力、を発揮することが難しい。

悩まなければいい、焦らなければいい、不安にならなければいいといっても

それをやめることができないのです。

悪しき習慣だってやめる事は難しい。

栄養バランスだって考えた方がいい、食事のスタイルを変えた方が良いと分かっていても

それをやめることが難しい。

よくないという事をやらずにいたら、妊娠しやすくなれるのに、それをやめられない。

それは、自分のなかに、やらないという思考や行動を決定している自分の

意志の力が働いています。

ストレスがかかってくると前向きに取り組むことが難しくなっていき望む力が低下します。

自分を目標達成のために上手にコントロールしていく意志の力であるウィルパワーが必要なのです。

 

ウィルパワーを高めたら 妊娠引寄せは成功する

健やか 女性

スタンフォード大学、ケリーマクゴニカルによると、潜在能力を高める力は

やる力・やらない力・望む力の3つだと言っています。

 

目標を達成するため、なりたい自分になるために、

望む力でもって、目標に向かって計画しそれにそった行動できる力を発揮します。

する力で、必要な行動、しなくていけないことをするようになります。

しない力で、してはいけない事はやらないようになります。

この3つを発揮したら、

妊活中の不安や焦りなど感情的になる事からも解放され、

前向きに楽しみながら行動するようになります。

欲しいものを手に入れ、人間関係もよくなります。目標を達成し、人生うまくいく自分になれます。

 

これらのウィルパワーはただの意思の力というよりは、前頭葉の働きが影響しています。

人間は進化の過程で前頭葉が発達し、体をコントロールできるようになってきました。

そして、感情や思考もコントロールできるようになっていきました。

ウィルパワーは前頭葉から出てくるエネルギーなのです。

誰もが持っている力なのですが、その力の高め方を上手にできていないと

コントロールできることを見失うようになってしまいます。

 

妊娠引寄せに必要なウィルパワーは高められる

前頭葉前野からのウィルパワーには出てくるエネルギーの総量には限りがあることがわかっています。

このエネルギーは使うことによってどんどん消耗されていってしまうのです。

ウィルパワーには以下の特徴があります。

 

・ウィルパワーの出どころは1つ前頭葉しかない

・量に限りがあるウィルパワーは効率的に使うかが重要となる

 

前頭葉から出てくるウィルパワーは、無限に出てくるのではなく

前頭葉からしか出てこないため、前頭葉の活動をよくするための行いが必要で、

人が日々生活する中で消耗してしまうもののため、上手に使わないと浪費して

うまく自分をコントロールできなにままになって妊娠するという目標を達成させられなくなります。

 

望む力・する力・しない力のを発揮していくには、

ウィルパワーを増やすかウィルパワーを節約するかのいずれかしかないのです。

 

潜在意識で妊娠する ウィルパワーの高め方

ウィルパワーの高め方はいろいろあります。

ウィルパワーを増やしていくための、エネルギーを作り出すエンジンは、

とてもたくさんあり、しかも私たちの生活習慣と密接につながりあっています。

 

場所・姿勢・食事・睡眠・感情・運動・瞑想など取り組めることはあります。

今からでも簡単にとりくめる、姿勢・食事・瞑想の3つについてみていきましょう。

 

妊娠引寄せ ウィルパワーを高める姿勢

瞑想 メンタルトレーニング女性

ウィルパワーを司るのは、前頭葉(脳)です。脳のエネルギー源はブドウ糖と酸素となります。

細胞にとって必要な酸をと栄養源をちゃんと送り届けてあげるのは血液です。

そのための血流というのは、姿勢の良し悪しで左右されています。

姿勢が悪い人ほど、血流がわるくストレスをため込みやすいとか、

健康を害しやすい、太りやすいなどあまり良いことがありません。

姿勢が悪い状態が続くと、血流が悪くなり、酸素も届きにくくなってしまうということ。

そのため、ウィルパワーを増やすには姿勢を正すということが非常に重要なのです。

姿勢を正しているだけでストレスホルモンであるコルチゾールの濃度も低下します。

以下の点に気をつけて姿勢を整えましょう。

 

・顎を引く

・おへその下丹田に力を入れる

・お尻を引き締める

 

妊娠引寄せ ウィルパワーを高める食事

妊活女性食事

ウィルパワーを作り出す脳のエネルギー源はブドウ糖です。そのため、

食事でブドウ糖を補給する必要があります。

では、甘いものを食べるとよいかというとそうではなく、脳は血糖値の乱高下に強いストレスを感じるため、

ただブドウ糖を摂取すれば良いというわけでもありません。

適切な血糖値を一定に保つことの方が重要となります。

 

ポイントは、血糖値をおだやかに上昇させる低GI食品と言われる食べ物を

うまく食事に取り入れることになりますね。

特に、脳がエネルギー不足となっている朝には、食事をとることって大切です。

だからと言って朝からしっかりした食事を作ることが難しい、忙しい、

疲れているという場合は、玄米ご飯やリンゴ、ヨーグルト、卵、納豆といった低GI朝食を取ることが勧められています。

間食には、低GI食品で、ポジティブな思考にもつながる脂質が多いナッツがおすすめです。

またどういったものが高GI食品なのか知っておくのもよいでしょう。

GI値が高い食べ物

・白米

・砂糖

・パン

・人参

・かぼちゃ

 

 

妊娠引寄せ ウィルパワーを高める瞑想

瞑想メンタルコントロール

最近日本でも話題になっている瞑想。この瞑想の力でも自分をコントロールしていく

成功のための必要な力ウィルパワーを高めていくことができます。

瞑想をすると、前頭葉を形成する「灰白質」と呼ばれる領域を活性化させることができます。

そして、日常生活で自己認識することが高まるようにもなります。

瞑想によって灰白質を活性化することで前頭葉からウィルパワーを増やしていきます。

瞑想と聞くと、何をしたらいいかわからない、うまくいかないといった、やっても意味がなさそうなど

感じ方は様々かと思いますが、実は以下のようなシンプルな2ステップで簡単に

実践することができますのでやっていきましょう。

  1. 体を動かさず、じっと座る
  2. ゆっくりと呼吸する

 

体を動かさず、座り、

背筋を伸ばして黙って座り静かに目を閉じます。

そしてゆっくりと鼻から息を吸い、鼻で呼吸をするようにしましょう。

 

 

瞑想を続けると、集中力だけでなく注意力と自制心が高まるという研究結果も出ています。

瞑想の練習を累計3時間行うと、注意力や自制心が高まり、

さらに累計11時間行っていくと、衝動を抑え、感情をコントロールする脳の領域の

神経間の連絡が増加することもわかっています。

はじめはたくさん行おうとせずに、1日3分瞑想をすることからはじめてみましょう。

瞑想の方法については、こちらの記事でも詳しく紹介されているので参考にしてみてください。

 

瞑想で妊娠しやすい体質づくり

 

参考文献 WILLPOWER 意志力の科学 ロイ・バウマイスター (著)

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい