友達に打ち明けてたらどうなる?・・・コウノトリメッセージ |

友達に打ち明けてたらどうなる?・・・コウノトリメッセージ

自分の悩み、子どもができない事をそっと友達に打ち明けてみた。

そうしたら、どうなるのだろう・・・。そんな風に疑問に思ったことない?

 

Aさんに話したら、

本当に優しくって、慰めてもくれたし、話も聞いてくれた。

親身になって考えてもくれたみたい。

やっぱ話してみてよかったかも・・・って思いながら、でも次合う時がちょっと気がかりに

なってしまったみたいだよ。

 

その後の事もやっぱり話さないとだよね。やっぱり心配してくれているから。

でも、このつらい思いや体験を繰り返して話すのはちょっと、心をえぐられるようで

苦しいなぁって思うし、

何だか気を遣わせたり、心配させてしまうのも気になるって思っちゃったみたい。

 

同じように

Bさんにも話してみたら、

ああしたほうがいい、こうした方がいいってアドバイスを沢山くれるようになったみたい。

それはそれで嬉しいんだけど、

なんか気乗りのしない事も言われるし、なんだかもんもんと思ってしまう。

親切なんだけど、そこにちょっと疲れちゃったみたい。

 

おなじように

Cさんにも話してみたら、

あなたならそうなると思ったみたいに言われた。ココを治した方がいい、

変えた方がいいって否定されるような気持になってしまったみたい。

さらに、悩んでいるのを知っているうえで、子どもの話をされてしまうようにもなったみたい。

言わなければよかった・・・。そう思ったみたい。

 

この悩みって、カミングアウトしても、友達だと本当に、難しいね。

そしてそれは、みんな同じみたいだよ!誰にどう話しても、やっぱりすっきりするのが難しい。

とっても苦しい悩みだからこそ、同じ悩みの人同士だと一番心が楽になれて、

さらに心強くなれるんだね。

 

妊活中につらいとおもったら、コウノトリのお茶会に来てみてね

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい