2人目不妊だったけど不妊治療で妊娠せずカウンセリングで自然妊娠! |

2人目不妊だったけど不妊治療で妊娠せずカウンセリングで自然妊娠!

2人目不妊ならではのお悩みを沢山始めは抱えていた方ですが、

自然妊娠、そして無事の出産おめでとうございます。

 

そして、東京での妊活セミナー参加後にすぐにカウンセリングをスタート!されました。

旦那さんとは取り組みだしてから、とってもラブラブに

性生活も旦那さんから求めてくれるように変わっていきました。

 

妊活をして、不妊治療をして、不安にもなるし、焦りもする中で、

いつの間にか頑張っているつもりが、のんきにしている夫に対して腹立たしく思ってしまったり、

つい仕事で疲れているのに帰ってからも、さらに頑張って家事も育児もして、妊活もして

治療もしてでなんだかトゲトゲしてしまうようにもなって、

そこにもってきて、とてもショックだったのが、旦那さんの態度だったようです。

本人は全くそういうつもりではないらしいですが、

不倫とか浮気ではないというものの、ちらついた女性の陰にものすごいショックと怒りと

でも、もう一度信頼して取り組み、もう一度自分が愛されるようになりたいと強く思っていらっしゃいました。

 

夫から排卵のタイミングの時に自分から誘うのではなく、誘ってくれるように、

生理が来ては落ち込む自分を変えてもいきたくて取り組みだした私のカウンセリングを受けてくださいました。

 

人の行動を変えたかったら、まずは心理から変えていった方が絶対に近道です。

だって、人の行動のもとをたどれば、その人の心理がそうさせているからです。

結果を変えたい場合は、行動を変える必要があって、

その行動を変えるには心理を変えるしかありません。

ママになるためには不妊で悩んで不安になって焦っていても、

なにも解決には向かわないので、問題を解決するための行動にでる事からです!!

 

不妊治療をはじめれば、2人の性生活はモノクロのようなつまらないものに変わり、

負担感を感じたり義務感になっていつしか自分から排卵前に誘わない限り

夫は何も言いださないし、手もだしてくれなくなってしまいます。

だからこそ、女性として認められていないような気分にもなってしまうのも無理ありません。

 

2人目不妊だと、2人目なりのレスのなり方もあったり、解決の仕方もあります。

また、心理的なものを変えていくと、驚くほどいろいろな事が変わっていきます。

不妊治療は補助的なサポートです。

妊娠しやすさを本当に作るには、2人が心身ともに健康的になること、

そして、妊娠しやすい性生活を送っていくことこそ正しい妊活の土台になります。

 

心を変え始めると、行動が変わって状況も関係性もみるみる変化していくからこそ、

取り組みながら、毎日が楽しい♪と過ごしてくれていました。

2人目を連れているママと幼稚園で会うのが辛かったのが、

仲良しのママ友もできるようになって、物事がトントン拍子で変化していったのがこの方です。

もちろん、性生活は、タイミングでなくても、

夫から誘ってくれるようになったり、優しくしてくれるようにもなり、

そういった過程でのサプライズで赤ちゃんは授かるという自然な流れです。

本当は妊娠しやすい状況はもっともっと作れるのに、何かの思い込みによってそれが

うまくいかなくなっているだけ。

 

1人で悩んでいるよりも、早くに取り組みだした方がとっても安心できますし、

結果につながっていきますよ♪

1人でもんもんと悩むことに時間をかけているのは本当にもったいない事です。

解決のための行動を起こすから、この方同様、また、他のみんなもそうだったように、

あなたもママになっていかれますよ!

 

不妊治療でも授からなかったけど、そこからの自然妊娠!!これは素晴らしい事。

本当は、もっともっと妊娠しやすくなれるものです。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい