不妊で不安や妬み焦り 気持ちをコントロールする方法

不妊で不安や妬み焦り 気持ちをコントロールする方法

子供ができない、妊娠したくて不妊期間が長くなると不安や焦りも募りやすくなりますね。

年齢的に焦る。友達や同僚が妊娠したと報告を聞くと焦る。芸能人が妊娠したとなると

自分がまた先を越される、自分だけができないと、気持ちがふさぎ込みやすくなります。

精神的にストレスを抱えることがよくないと分かっていても不安や焦りなど心の問題は

中なかうまく解決しにくい事でしょう。

 

よく知られていない不妊治療の実態に不安と焦り

生殖医療は不妊で悩む女性・ご夫婦にとって強い味方になっている事でしょう。

しかし、一概に安心だけで進めるわけではないのが不妊治療かもしれません。

期待がかかる一方で、子どもができずに悩むご夫婦が圧倒的に多くいるのも現実です。

日本は不妊治療大国です。体外受精の実施件数も世界1とダントツですが、出生率は

最下位という非常に驚くべき実態があります。

世界各国の生殖補助医療の実施状況をずっと見守っている組織「国際生殖補助医療監視委員会」によると、

日本の生殖補助医療の実施件数は60カ国中、24万件ほどで第1位であったが、実際にあかちゃんを授かって、

出産している出産率というのは、最下位であり、たったの6.2%という結果になっています。

これは、採卵できなかった、移植に至らなかったというケースも除外されるので、

相当妊娠できていない実態が浮かび上がります。

不妊治療は長期化しやすく、結果も出にくい上に、その間にレス傾向になったり、

精神的・肉体的・経済的苦痛の大きさから夫婦間での喧嘩やイライラすることも増え、

女性のストレスは極限にもなってしまいます。

不妊と不安・焦りなどとは切っても切れない精神状態になってしまうため

多くの女性もつらい気持ちうつうつとした妊活になってしまいやすくもなります。

 

不妊治療で成果が出にくい理由

不妊治療で成果が出にくく妊娠、そして出産までという道のりになると

どうして日本は諸外国に比べこれほど率が下がるのかという点をみると、1番の見解は

40代での体外受精の実施率の多さだと言えるでしょう。

外国では卵子提供や40代以降の体外受精は推奨していない、38歳までしか補助が下りないなど

色々あると思いますが、特に体外受精であっても妊娠に向けて効果的になるのは

受精に障害があった場合には有力な治療法となる一方で、あまり不妊治療をしていると、

自然妊娠の道が閉ざされやすくなってしまい、にっちもさっちもいかなくなってしまいます。

不妊治療も2年くらいはかかることを考えておいた方が良いといわれるくらいです。

でも、2年も続けなくても半年もしてきたら、妊娠しにくい体と心の状況は整ってしまいます。

不安にもなるし、焦るし、精神的につらくなり始めます。

 

不妊の不安や焦りが強くつらい

不妊治療中は特に不安やストレスは極限に達しやすく、

期待と不安のはざまでみなさん苦しまれます。

先が見えないトンネルの中にいるような気がしますよね。

 

ストレスや不安は心を冷やし、

それにリンクするように体の血の巡りも悪くなります。

そのため質の高い卵子・ぽかぽかな子宮から

逆に遠ざかってしまうのですが、

不安というのは持っていてはいけない、なくさないといけないと

意識すればするほどにより強まるという性質があります。

 

どうにもならない心の冷えをとって、

気持ちのコントロールをしてリラックスしていくためのポイントをお伝えしていきます。

 

心をぽかぽかにあたためていくことは

子宮をふかふかにぽかぽかにしていくことと同じです。

心を温めてあげれば、妊娠しやすい体になっていきます。

 

妊娠するためのノウハウやテクニック・不妊治療にこだわらずに、

まずは今できる事を大切にしてみませんか?

 

不妊の不安や焦りとどう付き合うか

自分から出てくる感情は思考は全て大切なものとして捉えてみてはいかがでしょうか。

焦ってはいけない、不安になってはいけない、嫉妬してはいけない、

そう思えば思うほどそうなれない自分に焦りや不安、嫉妬が生れてくることでしょう。

また、焦ってさらにイライラしたり、周囲をみては妬んでしまったり。

そんな自分に自己嫌悪に陥ったりと悪循環に陥りやすいです。

 

可愛い赤ちゃんを連れた夫婦や、幸せそうな妊婦さんの姿を見て、

辛い時は、「こんなことを考えちゃいけない」と自分の気持ちを否定する必要もありません。

まず、自分自身が自分の心をありのままを受け入れていきましょう。

 

子宮を大切にしていくことは、自分自身を大切にしていくことと同じです。

自分を大切にするという事は、ありのままを受け入れて、許しあたたかく包むことです。

 

浮かんできた気持ち・思考をそのままに受け止めてみましょう。

自分から出てくるものに 良いも悪いもなく、ただ存在すると受け止めてみる。

 

不安も焦りも受け止めたら、向き合う

希望の空

浮かんできた気持ち、思考をいったん

自分は今こういうものを持っているんだなぁ…って受け止めてあげてください。

 

どんな思考でも必ず大事なメッセージや気づきが潜んでいます。

特に悩んでいるときほど重要なことが潜んでいます。

 

悩むときほど、今の状態では嫌。

変わりたいっていう潜在意識からのメッセージです。

呼吸を整えて、基本的な呼吸法から瞑想に入っていきましょう。

詳しくはぽかぽか子宮レッスンから

 

瞑想を行って頭に浮かんできたら

そのことから目を背けずに、そのまま向き合うようにします。

過去の悲しみや、苦しみ、怒りなどが出てきたときほど

また不安な事でも、そのままそれに向き合ってみましょう。

 

不妊の不安や焦りをコントロールする方法

不妊の不安や焦りをイメージ療法で解消

あたたかい言葉とイメージで自分の心を、包んであげましょう。

どうして不安なの?どうしてイライラするの?

どうして焦って妬んでしまうの?

そっとその時の自分に聞いてあげてください。

 

すごく悲しくて深く傷ついているから…

凄く寂しくて孤独だから…

 

怒りや恨みは2次感情で、その根底にあるものは

悲しみや切なさ、孤独、というものが変化して引き起こされています。

 

凄く悲しかったよね。つらかったよね。ひどいと思ったよね。

その時の自分言葉をかけてあげましょう。

そして、

あたたかいピンク色の光で包みあたたかみを感じてみましょう。

 

言葉に出せなかったものを吐き出してみましょう

言葉にだせなかったもの、

吐き出せなかったものをずっとしまい込んだままでは、

いつも不安に取りつかれてしまいます。

 

本当は悲しかったよ。

苦しかったよ。寂しいよ。

しっかり言葉にして吐き出しておきましょう。

また、ノートなどに書き出してみるのもこころの整理をつけていくには効果的になります。

 

 

赤ちゃんを抱いている自分をイメージしてみましょう

赤ちゃんをママ抱っこ

どうしても不妊で悩むとき、辛いことばかりに気持ちが

向いてしまいがちです。でも、こうして悩んだからこそできる経験

気付き上げることができる絆も多いことでしょう。

 

それは、あなたがこれから先、妊娠・出産した時に、必ず懐かしく思い出されます。

また、この経験があったからこそ、そこから見る景色は

何よりも輝いて見える事でしょう。

 

自分がつかみたい未来、

あなたが赤ちゃんを抱いて、あたたかく柔らかい愛情で

包み込んで笑顔いっぱいでいる姿をイメージしてみましょう。

ふっと、

冷えていた心が融けてぽかぽかとなっていくのを感じられることでしょう。

 

そして、

つらくても頑張っている自分に、

悲しくて苦しいのに頑張れている自分に、

「ありがとうございます」

ぽかぽかしてくるのを感じながら、自分自身を包み込むように

言って終わりにします。

 

最後に、瞑想の時に浮かんだことやそこから得た気づきやメッセージをノートなどに1週間ほど記していくといいですよ。

 

 

夜明け前ほど、冷え込みがきついように、今苦しみが強いなら、もう、夜明けは近いサインです。

不安というないものにエネルギーを使うより、

愛情というやさしさで包み込むエネルギーを使っていきましょう。

あなたの心も、子宮もぽかぽかになりますように。

 

 

 

よくある不妊症Q&A

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい