不妊冷えを改善 妊娠したい人はこれらの食べ物に注目 |

不妊冷えを改善 妊娠したい人はこれらの食べ物に注目

食卓食事

妊娠できない原因が血行不良・冷えと言われる方が増えています。

食事からも冷えを改善していくことは可能です。

冷えは不妊症をはじめ、生理不順、生理痛など女性特有のお悩みは、

冷えや血行不良が関わる部分も多いので、改善していきたいですね。

血のめぐりがわるく、

臓器や器官が冷えていると、そこの細胞は元気に働くことができないです。

栄養も酸素も十分でない上に、溜まった老廃物はたまる一方。

臓器や器官の本来の働きはどんどん鈍ってしまいます。

 

食べ物食事と冷えの関係

毎日、毎日、口にする食べ物、食事も血の巡り具合に影響します。

冷えを緩和して、自分の細胞が元気になれるようにしてあげましょう。

冷え性は体の中の大事な器官へ血液をたっぷり送りたいがために、

末梢の血流を停めるように脳が指令を出している状態です。

そんな指令を、四六時中誤作動を起こしたかのように働いてしまっている状態が

冷え性の本質です。冷え性の克服は難しくても、改善はできます。

そんな指令を出すのが脳になりますが、

ストレスを感じることが多く、

さらに甘いものや炭水化物を多くとる方は精神的にも安定しにくく

ホルモンバランスのコントロールを担う脳の部分の働きが悪くなってしまう

という事を引き起こしてきます。

 

 

冷えを改善食事で気を付けて欲しい事

不妊の敵、冷え!その冷えを改善して、妊娠しやすい体つくりをしていく事はできます。

東洋医学でも言われている点に気を付けていくと良いでしょう。

どんなに体を外から温めても、体の中が冷たくては効果がありません。

陽性の食品をとって食べ物から得るエネルギーで体を温めて、

体質を変えていくことを「食養生」といいます。

良く燃えて、体を温めてくれるような食品を取っていくことで、

冷え性のつらさも徐々に改善されくるのを期待しましょう。

 

陽性の食品の特長

・塩辛いもの


・寒い、涼しい土地、気候にとれるもの


・かたいもの、水分の少ないもの


・地下でまっすぐ下にのびる植物


・煮るのに時間のかかるもの


・熱するとむしろ硬くなるもの

上記の特徴を持つ

・しょうが
・ね ぎ
・にんにく

がおすすめです。

しかも、これらを加熱せずに生で食べる料理がとってもお勧めです。

どれも肉や魚、豆腐などタンパク質をとりたい時に刻んで添えたり、

おろしてタレにしたりというのがいいのです。

 

生でしかとれない栄養素があるので、その成分を最大限に生かして食べることで、

お腹のなかから元気に、血の巡りのよい体つくりに近づいていきます。

中庸の食品の特長

他にも、陽性でも陰性でもない中間の性質を持つものとされるものがあります。

玄米、むぎ、きび、ひえ、あわなど精白度の低い穀物

精製度が低い事で血糖値を安定させる効果も高くなります。

 

さとうは体を冷やすと言われる食品です。

血糖値の乱高下をまねく食品は、本来自然界の動物は食べてはいないんですね。

精製技術をもつ人間だけなんです。

血糖値の乱高下によって精神的なイライラをうみやすくなり、

自律神経を通じて、血管をきゅっと細くしてしまいます。

 

妊娠しやすい血の巡りを整える食事で体の中をあったかく、

細胞を元気にしていきましょう。

食事と不妊

食生活の違いが病気や生殖能力にも大きく影響を出している事が

明らかになっています。

生殖と関わるのは、ホルモンや細胞のもととなる体を作り上げる

たんぱく質が摂取できているかという点や、

血液の流れが良くなるような血流改善につながる栄養素や脂質を

摂取できているかという点も大事にしたいですね。

結果が追い付いてこないと悩まれている方は、根本的な食生活を

一度見直してみるのもよいでしょう。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい