夫のゲーム依存が離婚原因に 妊活中の女性も抱える不満

夫のゲーム依存が離婚原因に 妊活中の女性も抱える不満

夫のゲームのし過ぎが夫婦関係を冷めたものにしてしまっています。

自由な時間は好きな事をしていたいと思っても、依存的にゲームをしていると

体を動かさず座ったままに夜遅くまでついつい夜更かししてしまいます。

そんな生活が男性不妊にも影響してきてしまいます。

女性も妊活よりもゲームばかりしている部分に不満を抱いているようです。

 

ゲーム依存が離婚の原因にまでなっている

夫のゲーム依存症が今では性格の不一致などを抜いて離婚の原因1位にまでなっているようです。

確かに、夫のゲームばかりしていて、妊活中で疲れていてセックスは不可と

なっていてもゲームのためには夜更かしをしてでも夢中になっている事に

不満を抱いている女性は多いと感じています。

女性が一生懸命子供ができるには?妊娠しやすくするには?検索しては必至になっている

一方で、夫はゲームに没頭して自由な時間だからと楽しみすぎていては

夫婦が感じる価値観に違いが出てきてしまって夫婦関係も覚めてしまうのかもしれません。

 

夫のゲーム好きに嫌気と不安

ゲームをしていれば深夜までにもなる事もあり、いくら週末や休日だからといっても

体への害がないか心配される女性も多いです。

実際、夜更かしすることで体内リズムも乱れやすく

日頃仕事で忙しかったとしたらなおの事休息や睡眠の質を高める事も重要です。

しかし、ゲームなどを長時間やる事、夜にディスプレイの光を浴びてしまう事は

ホルモンの分泌や自律神経のバランスを乱す原因になります。

ついつい夢中になると2時間、3時間と時間は過ぎてしまうのかもしれません。

ゲームを座って行っていることで、運動不足をまねき下半身の血流が阻害されやすくなります。

長時間のゲームは子供だけでなく成人男性にも悪影響となり

不健康になってしまいますよね。

 

ゲーム以外の楽しい家庭環境づくりを

ゲームについては妊活中だけでもなく、子どもを授かってからも問題になりやすく

育児子育てにあわただしくなる女性に対し、自由な時間を確保し、

好きな事ができる男性と女性とでは時間の使い方をめぐっても

喧嘩になりやすくな二人目不妊を招きかねないくらい

妻が夫に不満を感じ嫌悪感を抱きやすくもなります。

ゲーム以外にも楽しい事で会話が弾む、別のことで家庭の中が楽しくなるように

家庭環境を夫婦で作り上げていく必要性もあるでしょう。

また、ある程度ゲームにおいては夫婦でルールを作っておく必要性もあるのではないかと

感じます。お互いもう大人だから思うかもしれませんが、

課金などをしていたり、オンラインでつながるゲーム仲間がいると止めにくいなども

おこりやすいでしょうし、依存度も高まって、ゲーム時間が長くなってしまうため

ついつい長くゲームをしてしまいやすくもなっています。

 

 

まとめ

外ではしっかり働いているのだからゲームくらい自由にやりたいと思う男性も多いでしょうが、

家庭内での夫婦仲が良い状態を保ててこそ、

日々の生活が送れること、異性との共同生活は成り立つことを忘れずにいたいですね。

不妊で悩んでいるのに、夫がゲームばかりとなってしまっては

女性も辛い気持ちが高まってストレスをため込みやすくもなってしまいます。

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい