[妊娠したい」と思うと夢がどんどんかなわない理由

[妊娠したい」と思うと夢がどんどんかなわない理由

なりたい!そう思うほど夢はかなわない・・・。そんな夢実現には法則があります。

望むほどに願いが叶わない。なりたいと思うと思うほど、そのなりたい自分には

なれなくなってしまうという研究があります。(1

ママになりたい。妊娠して妊婦さんになりたい!そう思うほど、

なれなくなってしまうのは残念です。でもどうしたらなれるのかのヒントもこの研究からは

読み取れますから、妊娠したいと思うのではなく、どうしたら夢がかなうのかを

みていきましょう。

 

なりたいと思うほど、夢がかなわない理由

あなたが手に入れたい叶えたい存在は何でしょうか。妊活をしているときは真っ先に

叶えたいのは妊娠して産んでママになることでしょう。

ママになりたい。

また、不妊治療などに行っていれば、時間やお金をもっと別の事に使って楽しみたいとも

思うかもしれません。他にも、こんな仕事をしながら生活したいとかいろいろあるかもしれません。

色々となりたいものがあると思いますが、

なりたいと思うと、人はどうも職業でも存在でもそれになれる自信や確信がどんどん減って

いってしまいそれによって夢がかなわなくなるという研究があります。

2019年のニューヨーク大学の研究で、これは子供を対象として、将来のなりたい職業を

叶えていくのはどういった人かを実験されています。

6歳から11歳の子供306人対象に、科学に対して興味や関心があるかということを定期的にチェックして

どのようにしたらモチベーションを持ち続け夢を実現していかれるのかを調べています。

その研究では、学生を2つのグループに分けています。

1つは、科学者になれる人生に興味があるのかという視点で質問された学生グループ

もう一つは、科学をしながら生きる人生に興味があるかという視点で質問されたグループ

 

つまり、1つは存在・アイデンティティーとしてそれになる事に興味をもつようにしたグループと、

もう一つは、行動をしていくことに興味をもち続けるようにしたグループということです。

 

存在ではなく、行動にフォーカスすることがカギ

夢を叶えていくときは、その叶えているという科学者という存在そのものに興味を

持ち続けて取り組むと、不安になってしまい、逆に夢を叶えられなくなり、

科学をしながら日々生活することを継続したことがやる気と自信になって結果、

モチベーションも高く科学者になれていたという事です。

ママになっていることに憧れたり、子どもがいる家庭像を思い描くだけでは、

逆に不安になってしまい、自分にはできないのではとか、なんかやる気がしないといった

ことがおこりやすくなってしまうのです。

妊娠してママになって楽しい家庭を築いている女性が日々していく行動そのものに興味があるのかという

ところが大切になるという事です。

それは、健康的な食事を考えてつくり家族で食べるという習慣とも言えます。

にこやかに穏やかに過ごし、家事をはじめ家族みんなのためにも行動するという習慣ともいえます。

そこの部分を毎日しながら生きる事に興味を持つという事が夢を叶えていくという事。

理想とする存在のアイデンティティを意識しすぎると、自分がその一員に属すことができるかどうかという

不安により心理的なハードルが上がってしまい、自信を失ってしまう

可能性があるということのようです。

 

「妊娠したい」思えば思うほど妊娠しない

妊娠している自分、ママになっている自分になりたい、そうして

強く思えば思うほど妊娠しにくくなってしまうという感じになってしまうのは、

存在になることへフォーカスしすぎてしまうから。

でも、妊娠したくてがんばっていると、ついついどうしても思っちゃうものですよね。

でもそうしていると確かにより不安感は強まったり、

そうなれていない自分に対しても厳しくなってしまうでしょう。

私って、ダメ。私って妻としてどうなの?嫁としてどうなの?

みんなと同じ輪に入れていない自分って思ってしまうかもしれない。

なので、フォーカスするポイントを存在から、行動にうつすと夢はかないやすいって事でしょう。

 

妊娠してママになっている人がやっている事その行動に興味をもって

生活したいかどうかに目を向けようってことですね。

 

妊活においても大事なのはモチベーションと行動

なりたいものを叶えていく際はそれを、達成させていくために行動が大事になります。

妊活でいえば、妊娠しやすくするために妊娠率を高めるための行動が必要です。

その行動をいかにモチベーションを保って継続させられるかがカギなのですが、

そのためには、妊娠したい、ママになりたいとばかり存在にフォーカスしていくと

とにかくそうなれるのだろうかといった不安にさいなまれるようになってしまいます。

そのため、大事なのは行動に興味をもってフォーカスした妊活をしていくという事ですね。

ママになりたい!妊娠したいと存在にフォーカスするほど、不安になってしまい

妊活ストレスにもやられてしまいます。

フォーカスするのを存在から行動にシフトしていってみましょう。

すでに妊活において、不安に感じたり、いったいいつになったらこの生活から抜け出せるのだろうと

ストレスを感じていたら、自己イメージの改善から新しい目標を設定し妊活に取り組んでいきましょう。

↓↓↓

行動を変えるための正しい目標設定はこちら

 

参考文献

(1)Longitudinal Effects of Language on Science Interest  /Children lose confidence in their potential to “be scientists”, but not in their capacity to “do science”Date created: 2018-09-12 01:13 AM | Last Updated: 2019-04-15 11:53 PM 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい