妊活中は糖質制限ダイエットで痩身と妊娠力をあげる – 不妊解決カウンセリング│不妊・妊活・流産の悩み・相談を一緒に解決していきます

妊活中は糖質制限ダイエットで痩身と妊娠力をあげる

いつでも、若くキレイでいたいのは女性の尽きない悩みです。

妊活中でもスマートできれいにいたい。

また、適正体重にまでダイエットして妊娠しやすい体質にしたい場合でも

ダイエットして痩せたいと思っている方は多いのではないでしょうか。

妊活中でもダイエットをして綺麗に痩せて、なおかつ妊娠力を上げて

妊娠体質になる方法があります。糖質制限ダイエットです。

 

daietto

正しくないダイエットはかえって不妊体質になる

妊活中のダイエットは無理な食事制限や激しい運動、食べたいものを我慢するストレス

などからかえって不妊体質になってしまう可能性があります。

短期間に体重の増減変化が大きい場合は、ホルモンバランスも崩れやすく、

排卵や月経周期に影響も出やすいのです。

 

ダイエットが必要となる目安

BMIといって身長・体重から計算する体格指数の事で、

日本では、BMI:22の場合を標準体重としています。

そして、25以上の場合を太り過ぎ、18.5未満の場合を痩せすぎとしています。

BMI22というのは、一番健康で長生きと言われている体型です。

この数値を目安にしていただくといいでしょう。

今の女性のBMI22という体型は、ちょっぴりぽっちゃり体型と感じる程度です。

モデルさんや女優さんたちは細くてかわいいです。

間違いなくBMIは18以下でしょう。

BMIを計算してみて、22より多い場合はダイエットしてみてもいいのでしょうが、

22未満でしたら、ダイエットは特に必要はないと言えるでしょう。

BMIの計算方法

【体重(kg)÷(身長(m)×身長(m))】

こちらのサイトで簡単に計算できます。→こちら

 

 

しかし、日頃から運動の習慣がない場合は運動習慣を取り入れれば、

それだけで綺麗に痩せられますし、妊娠力は上がります。

運動と言っても私が推奨するのは1日20分~30分のウォーキングです。

運動の効果とウォーキング方法は→ こちら

 

綺麗に痩せて、不妊体質を改善するための食事3つのポイント

綺麗に痩せて、不妊体質も改善できる食事療法には

いくつかポイントがありますが、その中から3つご紹介します。

1 炭水化物(糖質)を控える

 炭水化物は、体内で2時間後くらいに分解されてブドウ糖に変化します。

このブドウ糖は細胞で使われるエネルギーの1つですが、

このブドウ糖は血液に入り、全身を巡り血糖値を変化させていきます。

炭水化物はタンパク質や脂質に比べて短時間でエネルギーに変わりやすい

ため、食後急激な血糖値の変化を起こし乱高下します。

そこに大きな問題が潜みます。

血糖値が乱高下する時、

イライラや不安といった事に始まり、全身にさまざまな悪影響を出してきます。

集中力をかく、イライラする、不安になる、落ち込みやすい、

日中の眠気、夜の不眠、呼吸が浅いなどです。

これらは自律神経や免疫系・内分泌系の働きが悪くなり

不妊体質へとなっていきます。

炭水化物の悪影響について詳しくは→ こちら

 

2 脂質をいい油からとる

 太りたくない、痩せていたいという願望から、脂質は避けられがちです。

コレステロール自身も動脈硬化を進めるとして悪者とされていますが、

脂質は体にとっては非常に大切な栄養素です。

この脂質が足りないと、脳や神経の伝達物質、細胞間の神経伝達におおきな悪影響が出ます。

というのも、脳や細胞の膜も伝達物質やホルモンも脂質から作られるからです。

確かに悪い脂肪もあるのです。

それこそはとらないようにしますが、マーガリンやマヨネーズや加工食品

などに含まれる人工的に合成されたトランス脂肪酸と言われる脂肪は有毒ですが、

自然にあるナッツ類やオリーブオイルや魚や肉や卵にふくまれる多価不飽和脂肪酸や飽和脂肪酸

は非常に重要なのです。

悪者とされやすい飽和脂肪酸(バターや肉やチーズや卵などに含まれる)もとっても大事なのです。

これが不足すると身体の健康は保てません。身体のさまざまな器官の細胞を形作ります。

さらに、おなかがいっぱいだから食べるのをやめるように脳へ知らせる機能が

飽和脂肪酸にはあるのです。

自然界に存在する油はとった方がいいのです。

人工的に作られた、安価で使いやすい合成トランス脂肪酸はやめましょう。

加工食品には大体この合成トランス脂肪酸が使用されます。

素材をできるだけ自分で選んで、手作りのお料理ができるといいですよね。

なんといっても赤ちゃんが飲んでいる母乳は半分近くが脂質で成り立っているのです。

それだけ人間には必要な成分なのです。

また、不妊の原因は脳にもあります。詳しくは→ こちら

 

 

3 食物繊維を多くとり、野菜から食べ始める

 低インシュリンダイエットが流行ったので、ご存知かもしれませんが、

低GI食品というのは血糖値を緩やかに上昇させていくので、

ダイエットにはよいのです。

低GI食品には食物繊維が豊富です。

ご飯も白米やパンよりも玄米の方がより良いのです。

食物繊維も他のビタミン類も豊富です。

できるだけ食物繊維をとって血糖値の上昇を緩やかにしましょう。

そして、食事をとる時には、野菜や汁物から食べ始めるだけでも

血糖値の上昇を緩やかにすることができます。

コース料理では、前菜やサラダからはじまりますよね。とても理想的な食べ方になるのでしょう。

 

まとめ

昔ながらの玄米・魚・野菜中心の和食はダイエットにも妊娠体質にも

よいお勧めできる食事です。

でも、柔らかくておいしい洋食やイタリアンも中華も捨てがたいのはわかりますが、

和食中心に変えるだけで、短期間で体に変化が出てくるのを感じられるので、

試してみ欲しい食事の方法です。

疲れにくい、体がすっきりする、肌がきれいになった、眠気やだるさを感じにくい

イライラしにくいなどいいことづくめです!

ここまで、お読みいただき本当にありがとうございます。

ココロも体も軽くすっきりして明るい妊活にしてくださいね。

 

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい