妊娠は無理・妊娠できるか不安どう取り組んだらいい?  |

妊娠は無理・妊娠できるか不安どう取り組んだらいい? 

結婚した時、結婚て無条件に幸せになれるものって思っていませんでしたか?

私は思っていました。

好きになった人と一緒にいられる、新しい生活にワクワクして、

ただただ幸せになれるんだろうと・・・。

でも、実際は日々の事、些細な事で喧嘩をしたり、

お互いの両親の事、仕事の事、すべてが順調に進むわけでもなく

日に日に思い描いていたものが、変わっていくのを感じました。

妊娠して、流産。その後には中々授かれない不安が私にいつでも付きまといました。

妊娠できてもまた流産だったら?

そう思うと先の未来がこわいものに変わっていました。

日々の中に幸せを感じられなくなっていた日々がありました。

あなたは、不妊で悩んでいて、色々見えなくなりかけてしまいませんか?

 

妊活で不安と焦り

幸せを感じる毎日がありませんでした。

実体がない不安にのまれて、まだ起きてもいない未来は恐怖ばかり。

掴み取りたいはずの明るい未来は、いつしか絶望の今に変わっていっていました。

妊娠できない不安や、どんどん先に妊娠していく周囲に焦る気持ちが高まったりして

そわそわしていました。

 

幸せを感じている?

世界一貧しい大統領 で知られる ウルグアイ前大統領の

ムヒカさん。

大統領らしくない質素な生活ぶりから 世界一貧しい大統領と呼ばれているのですが

2年前のブラジルの国際会議のスピーチが感動を呼び、

世界中で注目の人となっています。

お金よりやりたいことを

持っているお金の9割を寄付して、農場で菊を育てて暮らしています。

大統領時代からも専用の飛行機を持たず、大統領専用の家にも住んでいません。

 

ムヒカさんがいう質素とは決して貧しく生きて欲しいという事ではなく、

したいことをする時間の事なんです。

妊活って、うまくいかないと思うと、どんどん不安になって必死になって

妊娠するためにはという事ばかり考えて、したいことをするというより

頑張るもの、手に入れるために何だか必至になった方が良いみたいに考えて

毎日楽しむことを忘れてしまったかのようでした。

 

何かにとらわれて、したいことをおろそかにしない生き方

赤ちゃんが欲しい、そう思われるときに、嫌でも絶えなくてはいけない。

頑張らなくては授からない、そう思って妊活を頑張りすぎてしまいます。

女性は悩んだり、問題を感じると、つい深刻に考えて頑張ってしまうというところ

ありますよね。でも

一生懸命働いてきたのに、

周りは何も努力しないのに授かっているのに何で私は?

そう自分が不幸を感じながら妊活をしても、体では良い反応は決して起きないのですね。

何だか必死になってしまっていた自分がいました。

赤ちゃんを授かりたかったら、日々の生活に幸せを感じていく事こそ大事かもしれません。

 

幸せな国の住人のように過ごしてみよう

世界的にみて幸福度がたかい国の人は、子だくさんです。

決して裕福ではありませんが、幸せ度は高いのです。

かつての日本も子だくさんでした。

今、日本は世界的に見て経済的な豊かさはあったとしても決して幸福度は高くない国民となっています。

睡眠時間については世界的に見ても少ないといいます。

働く時間も長い、不妊治療を受けていればその治療費を稼ぐために、

仕事も必死になって、期待と不安とで精神的にもストレス度は嫌でも

高まってしまっています。何が何だかわからなく、とても楽しめるといった感じでは

なくなってしまっているかもしれないですね。

栄養についても、厚生労働省が行っている国民栄養調査では、

必要な栄養が不足気味と言われています。

基本的に幸せに楽しく暮らすための土台が何か揺らいでしまっているのが

日本の現代のライフスタイルなのかもしれません。

 

ムヒカさんは、先日25時間かけて日本に来日されました。

「日本が大事に受け継いできた文化が最近見えなくなっていた。

些細な事でも、富より大事な事を見落とさないで。

今、生きている事を天国にしなくちゃね。」こう、スピーチされていきました。

 

幸福感を感じる時にはホルモンがいっぱい分泌される

今、自分が生きている事に、

今、一緒に生活してくれるパートナーがいることに、

自分の身の回りにある当たり前の事でも

幸せは感じる事ができます。

赤ちゃんはまだいなくても、今幸せを感じる事はできます。

幸せを感じた時の体の反応は、

妊娠に必要な様々なホルモンや伝達物質を出してくれます。

欲しい、子供の事はちょっとおいておいて、

自分がしたいと心から思える事にまずは没頭してみてください。

そんな幸せを感じながら生きる事が妊娠できるに変わるための大切な条件かもしれません。

幸せを感じながら、夫婦で仲良くすごしたら

ホルモンバランスも整いますし、セックスレスだって解消していくはずです。

 

妊活中 心が疲れたあなたへ

不妊妊娠できない もう限界かなと思ったら頑張り過ぎを小休止

 

妊活の焦りや不安はさらに妊娠しにくく働く

楽しみながら赤ちゃんを授かるまでの過程を楽しむことがとても大切。

焦ったり不安だらけでは、ストレスでかえって不妊リスクが高まってしまいます。

かといって、妊活のことを考えない、不安にならない、焦らないという事は

とても難しいものです。

不安になってはいけない、焦ってはいけないと思えば逆に不安にもなれば、

焦ってもしまいます。

これは心理学的にも、有名なシロクマ実験でも証明されている事で、

考えないようにしたりしようとしてもうまくはいかなくなってしまいます。

何だか焦っている、不安だなと思えばまずは、心のトレーニングから行っていきましょう。

心は神経です。筋肉と同じようにトレーニングをしていくことで

強く、しなやかにもなり、衝動的になってイライラしたり悲しくなって泣いてしまう

という事も減っていきます。楽しんで妊活できるメンタリティってだいじですよね。

妊活焦りでもっと不妊体質に 焦りをケアする習慣で整えていきませんか?

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい