どうしよう!不妊?妊娠するためにしておく基礎体温チェック |

どうしよう!不妊?妊娠するためにしておく基礎体温チェック

3基礎体温をはかり女性ホルモンのバランスの乱れチェック

 

赤ちゃんが欲しい場合、まずは基礎体温を測り、

基礎体温表をつけてみましょう。

 

女性の体の中で起きていることを見ることができる

とっても大切な指標になります。

 

一度はグラフを手書きで書いてみることがおススメです。

妊娠しやすい時期、排卵日近辺の日がわかるようになります。

また、グラフをつけてみることで、女性ホルモンの分泌がスムーズなのか、

バランスが整って、妊娠しやすい状態になっているのか知ることができます。

2層になっていない場合、月経はあっても無排卵という可能性もあります。

基礎体温表をつけてみて、そのグラフによって、

ご自身の状態がわかるようになりますし、

思いがけない病気を発見するきっかけになることもあります。

毎朝基礎体温を測定するのは面倒という場合は、記録までしてくれる

使いやすい基礎体温計を使用するのもおススメです。

 

不妊治療をお考えの場合は、

ある程度しっかりつけておくことが求められます。

ただ、自然妊娠を望む場合は、

そこまできっちり毎日つける必要性がありませんので、

ご安心くださいね。

あくまで、初めて取り掛かるには、一度つけてチェックしておくと

いいですよというものです。

 

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい