妊娠しやすい子宮の位置からみたセックスの体位 |

妊娠しやすい子宮の位置からみたセックスの体位

女性の子宮位置から妊娠しやすい体位とは?

一般的に、女性の子宮は前屈であり、

子宮の奥が入口に比べて前(膀胱側)に倒れています。

そのため、射精された精液がスムーズに子宮内に入っていくには、

一番「正常位」が妊娠しやすい体位となります。

腰の下にクッションや座布団などを置いて、腰の位置を少し高くすることで、

子宮の奥の方に精子がスムーズに移動出来るようにするといわれています。

 

精子の進入をスムーズにするには、一番は男女ともオーガズムを

得られることもポイントにはなります。

なので、単純にセックスがあればよい、男性が射精さえすればよいという

考えでは妊娠しやすくなるとは言えません。

そのためには、義務的なセックスは卒業することが必要ですよ。

 

子宮後屈の方の妊娠しやすい体位は?

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい