完璧主義ほど不妊ストレスのつらさにメンタル病みやすい |

完璧主義ほど不妊ストレスのつらさにメンタル病みやすい

あなたは、今妊活をしていて、完璧主義に陥っていませんか?

近年、完璧主義という人は増えている傾向になって、そしてキチントさんや完璧さんほど

実はメンタルもやみやすく、自分から苦しい妊活を進んでいってしまいかねないのです。

不妊という問題に直面して抱えるストレスはかなり大きく、

離婚や自殺をも考えてしまうほどという回答を得た研究もあったくらいです(1)。

最も早く妊娠するには?遠回りはしたくない、絶対にうまくいくようにしたい。

やるならちゃんとしたい、しっかりしなくちゃ。頑張ってなんとかするぞ~~~~!!!

不妊でつらい思いをしそれが毎日、毎月繰り返されていくほど蓄積もしますが、

不妊治療を受けた場合はそれがなお顕著で、妊娠できてもできなくてもその後のメンタルに

悪影響がでて、精神障害の発症率が高まってもいるくらいです。

完璧主義だったり、きっちりさんや頑張りさん、ストイックに追い詰めてしまうと

かえって妊娠しにくいだけでなくメンタルもやんでしまうので要注意です。

完璧主義に陥っていないかもチェックしながら、メンタルをいい状態で健康的に立て直し

妊娠しやすい心と体作りをしていきましょう。

 

近年増えている完璧主義

あなたは完璧主義と聞くとどんなイメージがありますか?

不妊に関する医師の著書を読んでいて

思うのは、きっちりと基礎体温などもつけて、かなりストイックに不妊についても

勉強して考えこみすぎている人ほど不妊活になってしまっているというのです。

確かに目の前の基礎体温の変化一つ一つに一喜一憂していまったり、

体の体調一つ一つにも神経質になりすぎてしまうのも疲れてしまうことでしょう。

それだけ妊娠したいという思いの強さや焦りや不安もあるからだとも思います。

 

近年では、完璧主義は増えてきているというデータがあるのです。2017年に発表された研究(2)では、

1989~2016年の間に大学生41641人を対象に、完璧主義度を計るというワークシートを用いて調査した結果、

ここ27年で完璧主義者は徐々に増えてきていることが分かったというのです。

アメリカ、カナダ、イギリスでの調査ですが、世界的にも完璧主義の思想は広く浸透して

きているということがわかるかと思います。

 

完璧主義とはいったいどんな感じの事を示すの?

完璧主義とはいったいどういった感じを言うのかというと、

何でも完璧にこなそうとしていく人という側面だけではなく、以下のような場合も完璧主義になります(3)。

1.失敗を恐れる

2.自分の行動をいちいち気にしすぎる

3.否定的、批判的な親

4.親からの期待が過剰である

5.パフォーマンスに高い水準を持っている

6.順序や精度に完璧を求める

 

自分が完璧を求めるだけでなく、他者に対して完璧を求めたり、

親や他者から完璧を求められることもまた完璧主義になるという事ですね。

親から厳しく育てられていたり、親から批判されたり否定ばかりして育てられていると

精神的にも完璧主義になりやすいという事です。

カウンセリングをしてきて、親との関りを通して、否定されてあまり褒めてもらえなかった、

自分はできていない、ダメだと思っているという心を持っているというケースも

多々ありました。これは一見不妊とは関係がありませんが、精神的にストレスを抱えやすく

メンタルを病みやすいと常に心も体も不健康になりやすくなってしまい、

結果それが妊娠しにくさにもつながってきてしまっているのです。

さらに、妊娠できない自分はダメだとか、みんなと同じようにできない自分は

劣っていると感じたり、夫に申し訳ない、苦しい気持ちで妊活をしているというケースも

少なくないのを肌で感じます。

 

潜在意識で妊娠するには?夫婦関係に影響する愛着スタイル

 

完璧主義はメンタルやみやすく自殺願望率も高まる

2018年の完璧主義に関するメタ解析研究(4)では、11747名が対象で平均年齢26.8歳、女性63.3%

54の研究から完璧主義と精神疾患の患者、自殺願望率の関係について調べています。

この研究からわかったことは、全体的に、自分に完璧になる、他者に完璧を求める、

社会的に親などから求められる、どの完璧主義でも自殺願望を持つ傾向があったという事です。

その中でも特に親からの批判や否定、期待が大きいというのは、傾向がより強く、

実際に自殺してしまうリスクまで高かったというのです。

全体を通して、完璧をもとめ、失敗を恐れ、人の失敗も許さないというのは危険ですし、

周囲からの期待に応えないとと思っていると本当に精神的につらくなるばかり。

妊活をしていると、周囲からの赤ちゃんはまだ?孫が早くみたいといった雰囲気に

プレッシャーを感じずにいられないという悩みも主催している妊活セミナーなどではよく聞きます。

 

 

完璧主義だとどうしてストレスをためてやみやすいの?

完璧主義者は彼ら自身の最悪な批評家になってしまう。十分は十分足り得ないと考えがちになってしまって、

いつも心の中では不足感を感じやすくなってしまいます。

もっともっとと、そして結果的に、自己否定の無限ループに陥り、なんども同じことを考えて

ストレスをためてしまい、そして、新しい挑戦は彼らにとって自己批判や失望、

失敗の種にしかならないため挑戦することも行動する事も出来ずに

さらに悪循環に陥ってしまいます。よくある、黒か白か思考は時に失敗を悲劇として捉えてしまう

傾向が出てその極端さは場合によっては死を選択してしまうことさえあると

研究者は指摘しています。

こういった考え、認知のゆがみが、ストレスのもととなり、さらには

精神を病んだり自殺にまで追い込むリスクになってしまいます。

不妊という悩みは人生の大事な部分のコントロールが効かず、無力感も味わいやすいです。

絶望のように感じてしまう事もあるかもしれません。

 

不妊治療中ARTの女性は性格でも完璧主義傾向が・・・

イタリアの研究より過去一年以内にARTを受けた不妊女性43人を対象に行われた横断研究より、

女性の性格と不妊症関係を調査された研究があります。

それによると、理想的なやや母親像の追求や妊娠できないギャップへの思い入れが

完璧主義的性格だと強く出て、不妊女性の心理状態は不妊症そのものや生活の質にも負に影響を

あたえていたとされています。

完璧主義だなぁ・・・思い当れば、ちょっと心の中を意識して改善していくことも

必要かもしれませんね。

 

完璧主義な妊活になってしまっていたら小休止

夫にも、もっともっとと求めてしまう、自分にもまだまだ足りない、もっと頑張らないと

私はダメだ、足りない、周囲の期待にも応えないと、年齢的にも早くしないと焦る~~~~!!!

失敗するわけにはいかない。不妊治療だって次こそは、これ以上負担はかけられない。

確実に妊娠できる病院を探さないと!

こんなことが心の中で繰り返されていたら不妊マインドで、ストレスで着床しにくさが

高まってしまって本当に苦しいばかりです。

八方ふさがりになる前に、ちょっと立ち止まって、まずはメンタルケアから取り組みましょう。

認知のゆがみがストレスのもとでそれを繰り返す反芻思考がメンタルを病む原因だと

研究でもわかってきているところです。

それには、瞑想やマインドフルネス、認知行動療法が科学的根拠もあり、

ストレス軽減、体への良い影響がある事も証明されている手段なので、そこら辺を妊活に取り入れることで

妊娠率アップを狙いましょう。

ネガティブだけでは苦しいものです。心の中にポジティブさがより増えて、

自分をありのままに受け入れて、立ち直る力も育てていきましょう。

 

つらい不妊に悩む自分にセルフコンパッション

 

参考文献

Zarbo C et al., Perfectionistic traits and importance given to parenthood are associated with infertility-related quality of life in a sample of infertile women with and without endometriosis. Sex Reprod Healthc. 2018;17:86-90.

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい