夫婦生活に協力的ではない夫に不満!どうしたらいい? |

夫婦生活に協力的ではない夫に不満!どうしたらいい?

夫婦生活を円満に過ごしたい!そして、2人の子供を授かりたい

そう思いながら、夫に対して、

ついついイライラしたり、怒鳴って喧嘩をしてしまって

後々後悔したり・・・

ついつい、勢い余って言わない方がいいことまでベラベラしゃべってしまって

夫を傷つけたり・・・

嫌味を言って自分のうっ憤をはらしたつもりになって・・・

 

でも手に入ったのは非協力的な夫婦の関係性ということになっていませんか?

 

赤ちゃんが来やすいのはこんなご夫婦

赤ちゃんは、

お父さんもお母さんも大好きです。

そんな二人にはいつも仲良くニコニコ笑顔でいて欲しいと思っています。

だからそんなところに飛び込みたくて、

今か今かと会いに行くタイミングを待っているような感じでいます。

 

でも、

仲良く喧嘩せずにいよう、ニコニコ笑顔で幸せな家庭を築いていようと

思うのに、なぜかできないって時もあるでしょう。

幼い時から両親の関係性を見て育っていると、

両親が良く喧嘩をしている、不仲であった、

お母さんが厳しかった、自分の意見を聞いてくれなかったという場合、

心の中に不安や不快というものをたくさん抱えて生きてきているので、

どうしても無意識に同じような事をしてしまうというのがあります。

不安というゾーンを潜在意識に抱えてきたので、仕方ない部分でもあります。

 

夫婦円満にしていくためのコツ

それでも、夫婦円満に仲良く、そして協力し合える関係性を作っていく

ためにできる事はあります。

過去のリソースを用いるとうまくいきやすくなります。

それには、多くの方が結婚した時やプロポーズされたとき、

今の夫と付き合いだしたときなどに大きな幸せを感じると話してくれます。

自分達夫婦にとって何がとっても幸せだったか思い出してみて、

その時の感覚に浸ってみて欲しいと思います。

結婚式や披露宴などをしていればその時に使った音楽などが

引き金になって、よりその時の感覚を呼び起こさせてくれます。

 

ちなみに私の場合は、披露宴でタイムカプセルを作ったのですが、

そこには、お互いにむけた10年後のラブレターやプレゼントや

当日参加してくれた人からいただいたスナップ写真とメッセージをいれました。

その時の音楽はこちら これを聞くたびにその日のことを思い出せますし、

その時の気持ちに浸ることができますし、その感覚のまま夫にも接することができます。

 

 

 

あなたはどんな音楽でしたか?どんな結婚式でしたか?

どんなデートでしたか?どんなプロポーズでしたか?

 

仕事から帰ってきた夫に対して、優しくその時の気持ちで接してあげてみてくださいね。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい