妊活の事ばかり生理がきて気分が落ち込むときはイメトレが有効 |

妊活の事ばかり生理がきて気分が落ち込むときはイメトレが有効

妊活をしていると、生活全部、何でもかんでも妊活と結び付けて考える様に

なってしまい、生理がくるとひどく落ち込んでしまうという事もあるでしょう。

周囲の妊娠報告に素直に喜べない自分にざわざわしながら、自分が取り残されるような感じで

惨めな気分になりたくなくてもんもんとしてしまって中々気分が晴れない事もあるでしょう。

子どもが欲しいという強い思いは、これをしたら妊娠するかもという期待が大きくなるので、

食べる事も、体を動かすことも、仕事をしていてもなんでも間でも妊活と関連付けて

考える日々の中で精神的にメンタルが落ち込むことも増えやすい傾向にあります。

落ち込んでネガティブになってしまう時はイメトレが有効になります。

 

ネガティブな記憶はイメージトレーニングでケア

ネガティブなことおきると、何かと夜にはよりネガティブな事をぐるぐると考えて

しまいがちです。暗くなったときほどよりネガティブな事って考えてしまいますよね。

でも、嫌な記憶もイメージトレーニングで解消できるのです。

ネガティブバイアスがかかっていると、何かにつけてものごとをネガティブに考えたり

捉える癖によってより視野が狭まりよりトラブルに見舞われやすくもなってしまいます。

ネガティブな記憶ばかり思い出したり、考えている事はやはり

妊活中も悪循環にはまりやすいのでしっかりとケアしていきたいところです。

スマートブレイン病院の研究(1)では、嫌な記憶を1日15〜20分をかけて、

良い終わり方に変えるというイメージトレーニングを12週間続けてもらったところ、

みんなネガティブな感情が減ってうつっぽい症状が半減したのです。

そして、人生への満足度も高まっています。

脳波を計測したところ、前頭前皮質の活動にも変化が見られています。

前頭前皮質はポジティブな感情の醸成にかかわる脳の領域であり、

ポジティブな気分になりやすくなったことがうかがえます。

 

落ち込むような嫌な体験や記憶が良い終わり方に

ネガティブに考えるときは、物事を偏って捉えてしまうとネガティブ面ばかりに

フォーカスしてしまっている状態でもあります。

ポジティブな面を見つけていい終わり方になるようなイメージをしてみるのも良いでしょうし、

落ち込んだ体験の終わりが自由に良い終わり方になるようにイメージしてみるのも良いでしょう。

よいイメージに15分くらい浸るというのも良いでしょう。

イメージトレーニングや瞑想、認知行動療法などを用いると

ストレスレベルが低下し妊娠率も高まるという報告もあります。

精神的にストレスを抱えている状態は妊娠しにくさにも影響が出てきてしまいます。

一生懸命頑張れば、妊娠しないという事、生理が来てリセットを繰り返すほど

ネガティブになってしまいがちです。

イメージトレーニングを取り入れていくのはいかがでしょうか。

 

生理が来て落ち込むのは、それだけ赤ちゃんが欲しいと思って頑張ってきたから。

決して妊娠することが遠い夢でないからこそ思う気落ちです。

落ち込むことを否定せず、受け入れていってあげましょう。かつ

生理きて落ち込んでしまう ネガティブ反応を変えるメタ認知療法

 

参考文献

Front. Hum. Neurosci., 12 January 2017 | https://doi.org/10.3389/fnhum.2016.00664

Can the Psycho-Emotional State be Optimized by Regular Use of Positive Imagery?, Psychological and Electroencephalographic Study of Self-Guided Training

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい