不妊お助けフルーツ!食べる習慣があると妊娠率アップ |

不妊お助けフルーツ!食べる習慣があると妊娠率アップ

柑橘類オレンジ

食べものと妊娠率との関係について調べている色々な調査が

ありますが、

健康志向の和食よりは地中海式料理の方が

妊娠率を高めたという研究報告があります。

 

地中海式気候で育つ果物フルーツのオレンジなどを食べる習慣を

はじめ、オリーブオイルやトマトなどの野菜をはじめ

魚介類などもたっぷり食べる食事がポイントになっているようです。

 

フルーツの摂取習慣と妊娠率

果物フルーツの摂取の習慣と妊娠率との関係を調べた

調査では果物の中でも柑橘類の摂取の習慣があることが

ポイントになっているという報告があります。

週に1回は摂取している郡と摂取がない郡とでは

明らかな妊娠率の違いがあるとのことです。

 

食べ物での妊娠しやすさというのは、

あくまで不妊を解消するものに直結するわけではありませんが、

体質をつくっていく、妊娠しやすい体つくりのための

バランスの取れた栄養摂取という部分が重要だといえます。

 

良いというからと言って偏り過ぎたら、それはそれで

栄養バランスが崩れてしまいます。

ただ、果物はビタミンも酵素も豊富なので、消化吸収や代謝を

助けてくれています。

食事と合わせて少量の果物をとる習慣がある人は摂取カロリー数は

増えるのに、太りにくい体質を

つくりやすいという点もあります。

 

 

オレンジの魅力

柑橘類というと思い浮かぶのがオレンジです。

太陽のようにたくさんの恵みを体の中に運んでくれるような

イメージの果物ですね。

オレンジの花言葉をご存知ですか?

花言葉の「純粋」「愛らしさ」「結婚式の祝宴」

結婚して、赤ちゃんを望む女性を祝福して応援してくれるような

果物ですね。

 

 

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい