アーモンドが妊活にいい!自然妊娠力を高めるビタミンE |

アーモンドが妊活にいい!自然妊娠力を高めるビタミンE

アーモンド

アーモンドは妊娠しやすい体つくりを応援してくれるすごい食品の一つです。

ビタミンEが豊富で着床を助けてくれるとっても大事な栄養素であり、

地中海式食事療法などでもナッツ類の摂取が推奨されています。

地中海式食事療法は子宮環境を良好にし妊娠率を高めるという有名な食生活。

是非ちょこっとちょこっと、おやつ代わりに取り入れていってはいかがでしょうか。

【アーモンドは妊活にいいという事をご存知ですか?】

アーモンドは栄養豊富で、良質な脂質とビタミンEを含んでいます。

ビタミンEは脂溶性のビタミンで、トコフェロール類とトコトリエノール類に分類されます。

トリフェロールは、ギリシャ語の“tocos”“pherein”が起源といわれています。

日本語に訳すと“tocos”が「出産」で“pherein”が「授ける」になります。

その名のとおり、妊活にピッタリのビタミンといえますね。

月経周期の中でも月経から排卵までの増殖期に0.5mm/日増えていく子宮内膜ですが、

その後は0.1mmほどのペースで増えるといわれていますが、ほぼ維持するような形で特別増えてはいかず

維持されているような状態。

その子宮内膜の厚さですが、研究より、厚い方が妊娠りつが高いという事です。

子宮内膜の厚さは7から9mmが正常の厚さと言われていますが、

7mm以下になるほど妊娠率は低下してしまいます。(1)

 

カナダの4万件以上の胚移植件数よりでている研究なので信頼度も高いといえます。

しかし、薄いからと言って必ず妊娠できないというものでもありません。

ただ厚い方が妊娠しやすいため、何か子宮内膜を厚くする方法はないか???と思うところですが、

ビタミンEが子宮内膜を厚くするのに貢献するという研究もあります。

子宮内膜の厚さが8mm未満の25症例に対し月経開始日からビタミンE ユベラNソフトカプセル®600mg/を

月経周期を通して投与したところ子宮内膜が、子宮放射状動脈血管抵抗値では

25症例中18症例 72%が改善して、13症例52%は子宮内膜の厚さが8mm以上に改善した。

という研究もあります。(2)(3)

 

ただビタミンEについてはサプリの摂取については、死亡率を高める、

血液サラサラ効果はないよといった報告も多く、サプリからの摂取に頼らず、

ナッツ類・アーモンド・くるみなどから栄養素をとっていただくのが良いかと思います。

ビタミンEについてはサプリも妊娠率を高める報告も多々あります。

しかし、長期的な服用については死亡率の上昇などもあるため、

長引く妊活でずっと飲み続けてしまって本当に妊娠しやすくなるかは不安も残ります。

 

【ビタミンEの効果】

 

・抗酸化作用

アーモンドに含まれるビタミンEには抗酸化作用があります。

抗酸化作用は細胞が参加してさびるのを防ぐ効果です。(4,5)。

 

・血行促進

 

・コレステロール値を下げる効果がある

LDL(悪玉)コレステロールの数値を下げる効果がありますが、

一見、LDLコレステロールが悪い働きをすると思われが、糖質と結合した

糖化LDLコレステロールが体内で悪い働きをする悪玉コレステロールを下げる効果が

あります。(6)、

 

精子の機能と受精率の向上に有効性が示唆されていたり、

月経前症候群 (PMS) に対して、有効性が示唆されてもいます。

 

 

【ビタミンEを多く含む食品】

アーモンドのほかにもビタミンEを多く含む食品はたくさんあります。

植物油やナッツ油の他、落花生などに多く含まれます。

他にも野菜ではほうれん草やかぼちゃ、木綿豆腐や卵、レモン,キウイフルーツ,

たらこ,マヨネーズ,いわし,うなぎなどにも含まれています。

ビタミンEは比較的食事から充分摂取できる栄養素なので、

サプリから摂取することで過剰摂取になってしまいます。

ビタミンEの過剰摂取は骨粗しょう症をねきます。

そして、糖質の取りすぎも酸化を促進して細胞を傷つけたり、

アポトーシスのプログラムにも影響します。

そのため、穀物由来の油はできるだけ避けて、ナッツ類やほかの食品をとるように

するとよいでしょう。

 

【アーモンドの一番おすすめの摂取の仕方】

アーモンドは脂質成分が多いので、腹持ちが良く、

血糖値の変化も緩やかにするので、ちょっとおやつにはとても良いです。

1日3粒程度を小腹がすいた時に食べるのがおすすめです。

もしくはアーモンドチョコレート(ブラックチョコカカオ70%ほど)などです。

 

他にはアーモンドとミルクをミキサーにかけてつくるアーモンドミルクです。

朝食などにタンパク質と脂質をバランスよく摂取できるので良いでしょう。

ただ、全般にいえる事ですが、

食べ過ぎや、糖質の取りすぎ、運動不足、睡眠不足、ストレスは

結局のところフリーラジカルを大量に生産して細胞を錆びさせます。

アーモンドだけに頼ることなくライフスタイル全般に気を付けていきましょう。

 

アーモンドなどナッツ類、ビタミンEもたっぷりだと妊娠率高い

過去のART成績に基づいて新たに提唱した根拠に基づく食事療法で

主な点としては、全粒穀物、乳製品、シーフード、大豆製品、サプリメントによる食事内容に加え、

葉酸・ビタミンD、ビタミンB12のサプリメント摂取と

残留農薬レベルが低い野菜・果物を多く摂取し、肉を少なくする食べ方がポイントとなる食事療法は

アメリカでの研究では地中海式食事療法よりも体外受精での妊娠率が高まったという結果でした。(7

なので、基本的な低GI値の糖質・穀物をはじめ、魚類や大豆類を摂取するのが基本とし、

ナッツ類などアーモンドやクルミなども摂取していきましょう。

残留農薬が少ない野菜や果物をできるだけ多くし、

残留農薬が多い野菜や果物を減らしたほどスコアがよかったようです。

 

 

不妊で悩む方々から頂いた 不妊症Q&A  みなさん悩まれていることは一緒です

 

 

参考文献

1 Liu KE et al., The impact of a thin endometrial lining on fresh and frozen-thaw IVF outcomes: an analysis of over 40 000 embryo transfers. Hum Reprod. 2018 Sep 17. doi: 10.1093/humrep/dey281.

2 東口篤司他 薄い子宮内膜による着床障害への対応 産婦人科治療 100(5): 953-958, 2010.

3  杉野 法広 他. ビタミンと子宮内膜 HORMONE FRONTIERIN GYNECOLOGY voL.19 NO.3 2012.9 57 249-255.

7 Dietary patterns and outcomes of assisted reproduction Audrey J. Gaskins, ScD; Feiby L. Nassan, ScD, MBBCh; Yu-Han Chiu, MD, ScD; Mariel Arvizu, MD, ScD;Paige L. Williams, PhD; Myra G. Keller, BSN, RNC; Irene Souter, MD; Russ Hauser, MD, ScD;Jorge E. Chavarro; for the EARTH Study Team

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい