アーモンドが妊活にいい!自然妊娠力を高めるビタミンE – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

アーモンドが妊活にいい!自然妊娠力を高めるビタミンE

アーモンド

【アーモンドは妊活にいいという事をご存知ですか?】

アーモンドは栄養豊富で、良質な脂質とビタミンEを含んでいます。

ビタミンEは脂溶性のビタミンで、トコフェロール類とトコトリエノール類に分類されます。

トリフェロールは、ギリシャ語の“tocos”“pherein”が起源といわれています。

日本語に訳すと“tocos”が「出産」で“pherein”が「授ける」になります。

その名のとおり、妊活にピッタリのビタミンといえますね。

 

 

【ビタミンEの効果】

・抗酸化作用

アーモンドに含まれるビタミンEには抗酸化作用があります。

抗酸化作用は細胞が参加してさびるのを防ぐ効果です。

 

・血行促進

・コレステロール値を下げる効果がある

LDL(悪玉)コレステロールの数値を下げる効果がありますが、

一見、LDLコレステロールが悪い働きをすると思われが、糖質と結合した

糖化LDLコレステロールが体内で悪い働きをします。

 

【ビタミンEを多く含む食品】

アーモンドのほかにもビタミンEを多く含む食品はたくさんあります。

植物油やナッツ油の他、落花生などに多く含まれます。

他にも野菜ではほうれん草やかぼちゃ、木綿豆腐や卵、レモン,キウイフルーツ,

たらこ,マヨネーズ,いわし,うなぎなどにも含まれています。

ビタミンEは比較的食事から充分摂取できる栄養素なので、

サプリから摂取することで過剰摂取になってしまいます。

ビタミンEの過剰摂取は骨粗しょう症をねきます。

そして、糖質の取りすぎも酸化を促進して細胞を傷つけたり、

アポトーシスのプログラムにも影響します。

そのため、穀物由来の油はできるだけ避けて、ナッツ類やほかの食品をとるように

するとよいでしょう。

 

【アーモンドの一番おすすめの摂取の仕方】

アーモンドは脂質成分が多いので、腹持ちが良く、

血糖値の変化も緩やかにするので、ちょっとおやつにはとても良いです。

1日3粒程度を小腹がすいた時に食べるのがおすすめです。

もしくはアーモンドチョコレート(ブラックチョコカカオ70%ほど)などです。

 

他にはアーモンドとミルクをミキサーにかけてつくるアーモンドミルクです。

朝食などにタンパク質と脂質をバランスよく摂取できるので良いでしょう。

ただ、全般にいえる事ですが、

食べ過ぎや、糖質の取りすぎ、運動不足、睡眠不足、ストレスは

結局のところフリーラジカルを大量に生産して細胞を錆びさせます。

アーモンドだけに頼ることなくライフスタイル全般に気を付けていきましょう。

 

不妊で悩む方々から頂いた 不妊症Q&A  みなさん悩まれていることは一緒です

 

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい