腸内環境が不妊症の原因に…妊娠したい人必見の食べ物とは! |

腸内環境が不妊症の原因に…妊娠したい人必見の食べ物とは!

食べるもので腸内環境が変わり、その腸内環境が妊娠しにくさに影響が

でてきたりもします。腸内環境と食べ物、妊娠との関係について

お伝えしていきます。

 

健康的な体つくりに欠かせないのが、

1つ1つの細胞に酸素と栄養を届けてあげる事。

質の良い血液の流れをよくしてあげることです。

妊娠できずに不妊で悩む方は、細胞の質の劣化、能力の衰えで

男性でも女性でも悩まれています。

タイミングが大事と思われている方も多いですが、

不妊治療でも体外受精では受精させているにも関わらず

妊娠に至らず結果を出せずにいる背景に卵子細胞の質が影響しています。

 

質の良い血液を循環させて、良い状態を作っていくことが

大切ですが、そこには、自律神経と腸内環境が関わってきます。

 

自律神経と腸内環境は妊娠しやすさと関係あり

自律神経のバランスも、腸内環境も妊娠しやすさと関係があります。

最近では、サプリで妊娠!食で妊娠!断食で妊娠!

そんな情報がインターネット上でも普及していますね。

 

腸内環境は免疫力とも関係が深い器官です。

免疫細胞の多くが腸内にあり、また女性ホルモンである

エストロゲンの前駆体にもなる

セロトニンという幸せホルモンの7割は腸内で作られるとも

言われています。

 

妊娠しやすい体質を作ろうとするとき、

単純に食だけでという短絡的な発想をしてしまうのは危険ですが、

腸内環境を整える、自律神経をバランスよく整えていくという

視点はとても大事だと言えるでしょう。

 

 

 

腸を整えるポイント

腸内環境と食べ物をよく噛んで食べる事とは

相関関係があることがわかっています。

よく噛んで食べることの大切さは知られていますが、

現代の食事内容は昔に比べると柔らかく飲み込みやすい

食べ物ばかりです。

粗食回数が圧倒的にすくなく減っているといわれています。

 

そこで、ガムがおススメポイントとなります。

そして、もう1つのポイントとしては、

水をこまめに飲むという事になります。

1日1リットルから2リットルが目安と言われています。

 

他にもできる腸内環境の整え方

腸は第2の脳といわれるほど、

脳とは神経でつながって密接に関わり合う器官です。

 

そのため、ストレスがかかった状態や、メンタリティが

腸や自律神経にもダイレクトに影響が出てきてしまいます。

 

自律神経や腸の働きを高めるためにできる取り組みと合わせて、

メンタルをコントロールすることも必要になります。

 

腸の状態はメンタリティとも関係があって、

通常の腸の状態から、イライラしやすい、疲れやすい、

神経質、まじめ、心配性、せっかち、ため込みやすい

タイプの方は内視鏡でみてみても、腸はむくみがちに・・・

そんなむくみがちな腸を整えていってあげましょう。

 

 

最後に

息詰まって、焦って、悩んでいるときほど、

下を向いて気持ちもふさぎ込みがちです。

そんな時は、自律神経も、腸内環境もいい状態には

なってはいかれません。

心も体もトータル的にいい状態を作っていくことが大事になっていくと

いえますね。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい