妊娠しやすい赤ちゃんができる不妊相談カウンセリング 妊活セミナー 岡田和子 長野県松本市

妊娠しやすい心と体づくりをサポート! 不妊症・妊活で悩む赤ちゃんが欲しい方のためのカウンセリング

000n

妊娠したい人のための 媚薬ホルモンをしっかり分泌させる方法

妊娠したいなら、妊娠しやすいセックスが欠かせなくなります。

妊娠したくて、夫婦の性生活を送っているにも関わらず

今までうまく妊娠できなかった・・・。

そうガッカリしてきてはいませんか?

もう頼るものは体外受精しかない、年齢的にも焦らざるを得ないから

できるサプリも、漢方もと手を出しすぎてはいませんか?

一方で肝心のセックスは本当にこのままで妊娠できるセックスになっているのか、

いまいち自信が持てないままにしていませんか?

セックスさえすれば妊娠できると思っていただけに、

重要性をあまり感じてはいなかったかもしれないですね。

妊娠しやすいセックスにするためには、刺激的な性生活が欠かすことができません。

そのためには男女ともにテストステロンという媚薬ホルモンともいわれる

ホルモン分泌が正常であることが欠かせません。

そのテストステロンがしっかり分泌されるようにするための方法をご紹介していきます。

 

テストステロンとは

0abau-2

男性ホルモンといわれるテストステロンは、男女とも存在するホルモンです。

女性では、副腎や卵巣からテストステロンが分泌されています。

ただし、血液中のテストステロン値を男女で比較すれば、

男性の5%~10%程度といわれています。

そのテストステロンの役割として、女性であっても男性ほどでないにしても、

女性も骨格や筋肉は発達します。また、男性的な思考をしたり、性衝動に駆られることがあります。

これらのメカニズムは複雑で一概に言えませんが、テストステロンが関与しているといわれています。

テストステロンの一般的な作用の中に性衝動を高める作用があります。

テストステロンは天然の媚薬とも呼ばれています。

女性の場合妊娠しやすくするならエストロゲン、プロゲステロンといった

女性ホルモンの分泌には注目があつまりやすいと思いますが、

女性であっても正常なテストステロンの分泌はかせないといえるでしょう。

 

妊娠しやすくするにはセックスにも刺激性が欠かせません詳細はこちら

妊娠しやすいセックス 回数?それとも質?禁欲は必要?

 

 

男女ともテストステロン値が低いと性欲減退

0a1cached

テストステロンの分泌が正常でない限り、たとえ性生活を送っていたとしても

刺激的なものにはならないという研究結果が多数報告されています。

セックスにおいて、心地よさを感じるために必要なのは

リラックスと性的な興奮刺激です。

どちらが欠けても妊娠しやすいことからは遠ざかってしまいます。

ただ性生活さえ送れば妊娠するというものではなく、

ホルモンや血液化学が複雑に絡み合い総合的に妊娠しやすい状態を作り上げていきます。

男女ともテストステロン値が低い場合は性欲が減退し、さらには刺激不足によって

妊娠が成立しにくい環境となってしまいます。

 

 

テストステロンはコレステロールから作られる

テストステロンの分泌には絶対に欠かせない栄養成分としてコレステロールがあります。

コレステロールはテストステロンのみならず、

エストロゲンや妊娠をサポートするといわれるビタミンDの前駆体としてはたらく

欠かせないものでもあります。

なのでコレステロール値が低い場合、テストステロン値も低くなります。

テストステロンを正常分泌させるにはコレステロールの十分な食事からの摂取も

欠かせないといえます。

 

コレステロールは悪 それこそが間違い

0a11002057230

それでも、コレステロールは健康に悪い!そういうイメージをお持ちかと思います。

高コレステロールは悪として、医療機関でも扱われてきました。

すでに2015年に厚生労働省でも目標基準値の撤廃を発表しています。

今までは、コレステロールは低ければ低いほど良いといわれていきました。

でもその間違ったままでいては妊娠しやすくなることはできません。

太りたくなくてダイエットをしてきて油や肉などを控えてきた、

もともと痩せすぎの体質の方や太りすぎという方も

コレステロール良い状態で採れていないと言えます。

妊娠しやすい体質にしたかったら、整ったホルモンバランスも、刺激のあるセックスも欠かせません。

積極的にコレステロールの摂取は必要になります。

 

また、低コレステロールの場合、テストステロン値への影響のみならず、

女性では排卵障害を招いたりしますので、やはりデメリットしかありません。

 

 

コレステロールを積極的に摂取

コレステロール自体は悪者ではありません。

糖と結合し、糖化した場合、健康にとって良くない状態を招いたりするのであって、

コレステロールの摂取は必要です。

そして、本当の悪役の方の糖を控えていくことがテストステロンをはじめ、

他のホルモン分泌の正常化に寄与するといえます。

 

コレステロールは、もともと体内でも作られるものですが、

それでも、なお食事から摂取した方がよい理由は、

人間が体の中でコレステロールを作り出す過程において様々なプロセスがあり、

肝臓などの臓器に負担がかかってしまうからです。

 

コレステロールはどういった食品に多く含まれているか見ていきましょう。

 

たまご

tamago

 

たらこ

000t

 

 

いくら

000i

 

 

 

レバー

000r

 

 

うなぎ

000u

 

 

バター

000b

 

ラード

000ra

 

今までは食べる量を控えたり、食べないように遠ざけては来ませんでしたか?

妊娠しやすい体質、妊娠しやすいセックスのためにも、

コレステロールの摂取は欠かせないので、

積極的に摂取していきましょう。

 

 

テストステロンはストレスに弱い

食事でコレステロールを摂取しても、テストステロンなどのホルモンは

ストレスの影響を非常に受けやすいくなっています。

食事に気を付けるとともに、ストレスをため込まない生活も大切ですね。

といっても不妊で悩んでいたら、年齢の焦りや、不妊治療のゴールが見えない不安、

医師とも本当に心から打ち解けて相談できたり質問できる状態ではないでしょう。

不安と孤独のまま苦しんでいるよりも、

早くに相談してみることで、ゴールに近づきますよ。

 

5_310_180-12

 

 

 

 

妊活セミナー

妊活セミナー

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

喜びのお声

喜びのお声
Dieta-para-eliminar-el-dolor-premenstrual-2-1200x800
不妊で子宮イメージも悪化!!子宮イメージで妊娠しやすく

自分の子宮ってどんな状態だと思いますか? そのイメージ通りに子宮はなっています。 ...

000000ar
妊娠しやすく!妊活中の飲酒・アルコールの摂取について

あなたは、お酒が好きですか?しかも、量も飲めるタイプですか? 妊活中は、お酒・ア ...

ガッツ3png
男性不妊!食に頼らない妻ができる男性の体質改善の方法とは?

男性不妊で…自分のことならどうにか頑張ればいいだろうけど、 自分以外だから困って ...

Hands of the mother and child to pass those heart-shaped
2人だけでデート♡に行ってきました!!

こんにちは。 先日、旦那だんなさんと二人っきりでデートしてきました!! もちろん ...

00000aa
不妊治療中は友達との人間関係が疎遠になりがちで…どうしたらいい?

不妊治療中は、通院や仕事とで中々人と会うのにも、 時間がうまく調整できず、 やっ ...

-妊娠しやすい人の生活習慣