hannsinnyoku

子宮のアンチエイジングには熱めのお風呂 自然妊娠できるへ

2016/08/05

お風呂の入り方を工夫することで卵巣や子宮の細胞を修復、

活性化させることができるようになります。

子宮や卵巣のアンチエイジングです。

ふかふかの子宮になって赤ちゃんが安心してこられるようにしてあげたいですよね。

もともと、細胞の修復や活性化には免疫系やメラトニンやセロトニン、

成長ホルモンなどが大きく関係してきます。

 

質の高い睡眠と免疫システムを働かせることです。

そのための入浴方法があります。

 

 

妊娠力を上げる正しい入浴方法とは・・・

 熱いお湯に短時間はいる事で寝付きやすくなる

ストレスを感じていたり、不規則な生活でよる寝つきが悪い場合は、

お風呂の入り方を見直してみてください。

日頃からストレス対処がうまくできて、規則正しく生活できていれば、

夜になると体の深部体温は下がってきます。

しかし、ストレスや不規則な生活から深部体温がスムーズに下がらなくなってくると、

眠れなくなってしまいます。

眠りにおいては深部体温が重要になってきますが、

日中はあまり変化しない深部の体温が夜になって

下がっている時に寝付きやすい事が研究でわかっています。

 

体温調整をして深部体温を下げる方法

熱めのお風呂に数分つかるという方法があります。

熱めといっても40度くらいの温度です。

数分で充分で10分も入ったら身体への負担が増えてしまいます。

 

これは、あくまで深部体温を下げる目的なので、

ぬるめのお風呂にゆっくり入る必要がありません。

入浴により血液循環が良くなると体温が上がると、

深部体温は逆に下げやすいカラダになります。

体の熱が下がるのに2から3時間かかるので、寝るタイミングに合わせて

寝る2.3時間前に入浴を済ませましょう。

 

また、人間の体は38.4度を越えると免疫力が上がります。

お風呂に入って、一時的に体温を38.4度以上に上げると免疫システムが働きやすくなります。

免疫細胞は単に細菌と戦ったりするだけではなく、細胞の活性化も担います。

 

 

 

熱めのお風呂に短時間浸かって、免疫力を上げるとともに、

深部体温を下げ、質の高い睡眠を手に入れ

ホルモンバランスを整えていきましょう。

 

細胞を修復させて卵子の質を高めたい方へ

妊娠体質へかわる5つの睡眠習慣

 

妊活中は気持ちの問題も放っておかない

メンタルを整える3つの習慣

 

今まではうまくいかなかったを、これからはうまくいくに変える方法

妊活をしていても、生活の改善をしようとしてもうまくいかない、

中々成果や効果が感じられない事もあるのではないでしょうか。

その場合は、原因はもっと別のところにあったりします。

変わりたいのに変われない 目に見えない 「何か」が働いてしまうものです。

例えば、ダイエットもそうです。

痩せたかったら、食べなければいい、運動をいっぱいすればいい。

そうすれば痩せるのに、なぜか、変われない。

食べる事、体を動かすことを変えられないで結果を出せなくなるんですね。

そんな、なぜかうまくいかない、変わりたいのに変われない

本当の原因の部分を打開してきた方法です。

今だけ、無料でレポートをプレゼントしています。

ここでは、どうしても言えない情報を乗せています。

妊娠できるに変わりたいと思われる方は、妊活の参考になさってみてください。

012

無料メルマガ登録

無料メルマガ登録

妊活セミナー

妊活セミナー

LINE@

LINE@

喜びのお声

喜びのお声
高齢でも妊娠に結びつくタイミングより重要なポイント

妊活をしているととっても重要なのはタイミングであるかのように、 また卵子と精子を ...

カウンセリングでまたまた自然妊娠報告です!

カウンセリングサポートで2ヶ月で妊娠報告です!!   2年弱二人目不妊 ...

3月大阪【妊活セミナー】不妊・治療の悩み解決妊娠できる方法公開

2018年 3月の妊活セミナーは、大阪開催です!! お越しいただける方とのご縁を ...

男性不妊・流産乗り越え喜びの自然妊娠されました!

男性の精液検査の結果、 顕微授精対象といわれていましたが、 カウンセリングを受け ...

妊娠するために知っておきたい【妊娠率】を上げるための病院選び

不妊治療を考えた場合、病院・クリニック選びは非常に大切になってきます。 近所だか ...

-妊娠しくみ・確率・タイミング, 入浴方法