男性の妊活 精子の質をよくするのは緑茶ポリフェノール |

男性の妊活 精子の質をよくするのは緑茶ポリフェノール

男性の妊活で大事だといわれるのは酸化を防いであげる事。

それに有効なのが緑茶!というのです。昔から緑茶は薬のように

重宝されてきていて、酸化を防ぐ抗酸化作用がすごいと言います。

妊活中の男性には特に日々の生活に適度に飲んで欲しいもの。

男性不妊の原因はいろいろあるものの、活性酸素種によって

精子細胞は、細胞の酸化中に生成される活性酸素種(ROS)に

よってすぐに変化してしまいます。

酸化ストレスは、アポトーシスの増加、運動パラメータの低下、

精子の完全性の低下など数多くの不妊に関わるネガティブ効果を発揮してしまいます。

 

緑茶に含まれる緑茶ポリフェノールがスゴイ

もちろん緑茶は妊活だけでなく、私たちにとってたくさんの健康を

もたらしてくれるので薬のようにおもわれています。(1

緑茶に含まれる緑茶ポリフェノールは、

癌を防いでくれたり、酸化防止剤、抗糖尿病、抗高血圧、抗微生物、

さらにはメタボリックシンドローム対策、そして生殖能力の回復です。(2

女性にとっても卵巣がん予防にもなるし、精子の酸化を防いでおくことで、

女性の中で起きる妊娠の過程である受精、着床の手助けにもなっていくのです。

その緑茶ポリフェノールは、とにかく精子を酸化から守ってくれるのです。(3

 

男性の精子の質は精液によって左右される

精漿は、精液の中にふくまれる細胞質酵素の損失によって影響を

うけていきます。動物研究では、精液の抗酸化能力が高い活性酸素種レベル

では不妊をもたらすことが言われています。(4

精子は精液の中に使っている細胞ですが、その精液が酸化から守ってくれる

状態になっていることがポイントになるという事ですね。

 

緑茶には妊活をサポートする成分・栄養も

緑茶には、ビタミンC、カロテノイド、トコフェロールなど、他にも、

クロム、マンガン、亜鉛、セレンなどの鉱物も含まれています。

そして、これらがさらに緑茶ポリフェノールの働きを強力に助けて

いるようです。(5

 

男性も女性も妊活のカギは抗酸化に

男性も女性も今は不妊症や妊娠できないでいるその他の病的状態

などにも抗酸化物質の重要な役割が確認されたのです。(6

2017年には、精漿内でかなりの量のポリフェノールが見つかって

天然の抗酸化剤として作用することが初めて証明されています。

特に緑茶ポリフェノールでは、特発性不妊にも効果があるといわれています。(7

精子の運動性も改善させ、受精能力も回復しますし、DNA損傷も防げます。

さらに、酸化ストレスの影響で受けた生殖障害の影響を緑茶ポリフェノール

は毒性作用から成長中の胎児を守る作用もあるみたい。(8

妊活中から妊娠中も飲みたいお茶ですね。

食べ物などに含まれる天然のポリフェノールは抗酸化剤として

妊活をサポートしてくれることがはっきりしたのです。

だからこそ、ポリフェノールを多く含む野菜や果物をはじめ

オリーブオイルや緑茶、ダークチョコレートなどは妊活フードに

なるのです。

 

いったい1日どれくらい飲むのがよいの?

2-6杯/日の摂取後した場合は、精子は、その後脂質及びDNAの

酸化的損傷が減っています。緑茶が大幅に血漿中の

抗酸化能力を増大させることを明らかにしています。(9

 

さらには他のお茶やハーブなどと合わせても緑茶は効果があるようです。(10

運動と緑茶を組み合わせると健康効果がより高まるという事も

いわれています。

 

関連記事

男性不妊に効果的!精液中の抗酸化力を高めるポイント

 

参考文献

(1)Review ArticlePublished: Pharmacological profile of green tea and its polyphenols: a review

(2)Alleviation of metabolic syndrome by green tea polyphenol EGCG

(3) 2016 Feb;7(2):893-901. doi: 10.1039/c5fo01271f.Improvement of green tea polyphenol with milk on skin with respect to antioxidation in healthy adults: a double-blind placebo-controlled randomized crossover clinical trial.

(4) 1991 Feb;164(2):542-51.Prospective analysis of sperm-oocyte fusion and reactive oxygen species generation as criteria for the diagnosis of infertility.

(5) 2002 Feb;21(1):1-13.The role of tea in human health: an update.

(6) 2017 May;34(5):487-498. doi: 10.1016/j.rbmo.2017.02.006. Epub 2017 Feb 27.Potential role of green tea catechins in the management of oxidative stress-associated infertility.

(7) 2017 Mar 1;90:88-93. doi: 10.1016/j.theriogenology.2016.11.020. Epub 2016 Nov 22.Resveratrol and Epigallocatechin-3-gallate addition to thawed boar sperm improves in vitro fertilization.

(8) 1998 Apr;13(4):896-900.Reactive oxygen species: potential cause for DNA fragmentation in human spermatozoa.

(9) 2004 Jun;91(6):873-81.Comparison of antioxidant activity and bioavailability of tea epicatechins with their epimers.

(10). 2018 Jul; 10(7): 834.Published online 2018 Jun 27. doi: 10.3390/nu10070834

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、不妊カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい