基礎体温高温期への移行に時間がかかる排卵障害の原因と対処法 – 不妊・妊活・流産の悩みを一緒に相談解決する自然妊娠カウンセリング

基礎体温高温期への移行に時間がかかる排卵障害の原因と対処法

高温期への移行がスムーズにいかない場合に潜むトラブルと

その原因と対処法を見ていきましょう。

 

排卵障害は、女性の不妊の原因の中でも

多くを占めてきます。

ホルモンバランスを整えて、

妊娠しやすくしていくことがとても大切です。

 

低温期から高温期へ移行に3日くらいかかる場合は、

排卵障害が考えられます。

 

通常、卵胞が順調に発育し、

排卵がおきるときにはきれいに低温期から高温期へスムーズに移行します。

そして、その後に高温期が12~14日持続します。

体温が3日くらいかけダラダラと上がるタイプの基礎体温の時には

排卵障害が起きていることが予測されます。

 

排卵障害の原因は、主に脳の視床下部や下垂体や甲状腺、卵巣に

問題がある場合が多いと言われています。

しかし、排卵障害になるものは原因不明であったり、

原因が複雑に絡み合って起こる場合もあります。

 

排卵に関係がある脳から出る、FSH(卵胞刺激ホルモン)と

LH(黄体化ホルモン)のバランスが崩れてしまい、

排卵できない状態になっています。

女性の不妊原因の中で最も頻度の高い排卵障害も様々な種類があります。

 

体の状態を知るために検査をして、治療が必要な場合は治療をしてはいきますが、

根本的には、ホルモンバランスを崩してしまう

生活習慣そのものが大きく影響しておこっている状態です。

排卵障害の中でも多いPCO(多嚢胞性卵巣)の方は生活習慣、

ストレスがきっかけになっていることが多いものです。

 

妊活中、ストレスをためたり、心に不安や焦り、イライラ

嫉妬や妬みといった

トラブルを多く抱えてはいませんか?

ストレスは発散させると、ますますたまるようになります。

正しいメンタルコントロールを行っていきましょう。

詳しくは、無料ダウンロードレポート、メルマガにて詳しく説明しています。

 

基礎体温表とホルモンバランスについて

あわせて読みたい

2

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る