低温期が長い稀発月経なのですが、無事、妊娠できるでしょうか? – 不妊解決カウンセリング│不妊・妊活・流産の悩み・相談を一緒に解決していきます

低温期が長い稀発月経なのですが、無事、妊娠できるでしょうか?

1回の生理周期が長く、低温期が長い場合に

妊娠しやすくしていくために

どうしたらよいか見ていきましょう。

 

低温期が長い場合は、以下の特徴があります。

通常はおおよそ、14日前後ある低温期ですが、

基礎体温における低温期が長いために、生理周期が長くなるという特徴があります。

 

それでも、多少長い程度なら問題はありませんが、

生理周期が40日を越えるなど、長すぎると稀発月経となります。

さらに、低温期が長いということは、排卵の機会が少なくなるという特徴があり、

妊娠を望む方にとってはできるだけ低温期を通常へ戻し、

生理の周期を28日前後へ戻したいところです。

 

冷えや自律神経のアンバランスなどによって、血行が悪くなると、

子宮や卵巣の血流も低下し、卵巣の機能が低下し、

卵胞の発育が遅くなることが考えられます。

 

卵胞の発育が遅いと、低温期が長くなります。

 

なので、生理開始日から排卵するまでに時間がかかる

ようになっていってしまいます。

冷えや自律神経のアンバランスは特にストレスという

心の問題から始まります。

そのためメンタルコントロールが欠かせないという事が見えてきます。

 

基礎体温表とホルモンバランスについて

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい