妊活のメンタル基本姿勢 ネガティブよりポジティブに |

妊活のメンタル基本姿勢 ネガティブよりポジティブに

妊娠できるようにするにはどうしたらいいの?今の状況を変えていく

基本的な思考についてお伝えしていきます。

妊娠できるようになったり、ものごとでうまくいくには?

夫婦関係をよくしたり健康的になるなどは何に取り組むか

という事も大切かもしれませんが、それ以上に心の姿勢は大切です。

 

クリティカルシンキングとは?

妊活成功のための思考それは、クリティカルシンキング(批判的思考)です。

スポーツなどでも学習など、また日々の健康を作り上げていく過程でも、

なにかのテクニックを身につけるだけでは、必ずしもよい結果を残すことは

できないですよね。テクニックは、姿勢(心構え)の支えがあって初めて

いかされてきます。そのための姿勢は、クリティカル・シンキングの土台と

でも言うべき3つの基本姿勢です。(1

(1)目的は何かを常に意識する(望む力)

(2)自他に思考のクセがあることを前提に考える(敵は己の中にある)

(3)問い続ける

の3つである

クリティカル・シンキングのための3つの基本姿勢です。

クリティカルシンキングは、なにか問題に直面した時に

感情的になるのではなく、客観的に状況をみつめ、その中で問題を

解決していくためにはどうしたらいいのかを考えていきます。

不妊ストレスはとてもつらく、感情的に苦痛を伴います。

そのため、不安になり、すごく悩んで、とことん思い詰めてしまいます。

 

冷静に、問題を解決していくには大切な姿勢ですね。

 

ネガティブよりポジティブなセルフトーク

セルフトークとは、心の声です。私たちはいつも心の中で

会話をしていますよね。自分の心の声をよく聞いてみると、

ネガティブな言葉とポジティブな優しい思いやりのある言葉と

色々な言葉を使うでしょう。ただ、ストレスがたまり不安が多く

ネガティブになっているほどネガティブなセルフトークが増えてしまいます。

逆にネガティブなセルフトークを減らし、よりポジティブなセルフトーク

を増やすことは健康にもプラスになる事がわかっています。

不安および抑うつがあるの参加者における2種類の反復否定的思考、心配反芻を

比較しています。この研究は、複数の障害を持つ参加者は

繰り返し否定的な思考パターンをより持っていることを発見しています。

研究者は、心配や反すう、または同じ考えを繰り返し繰り返すことは

改善した方が良いという事がわかったのです。(2

メイヨークリニックの研究でも、自分にポジティブなセルフトークを

かけられるほどうつ病を発症するリスクを減らす、心身の健康に大きな

影響を与える可能性があるとしています。(3

肯定的な思考のメリットは大きく、あなたの妊活や健康に影響を与えます。

 

肯定的な言葉がけが妊活での問題解決にも

数学に対する前向きな姿勢をもつかが、若い学習者の学業的成功改善に

繋がるかをスタンフォード大学で調査しています。(4

それによると、前向きな態度をもっていると、

記憶と学習に関与する脳の領域の使用が増しすことと関連したのを発見

しました。そのため、肯定的な思考は、これらの脳領域のより多くつかい、

情報を保持する能力に利益をもたらす可能性をもっています。

肯定的な物事の考え方を構築できることは、問題解決のために

考え、学習しながら集めた情報をうまく活用していくこともできるのです。

妊活のためにできること。不妊症に影響しているさまざまな問題に対して

解決するための行動をとれるように変われるという事です。

 

妊活をしていると、自分に否定的で無力感

妊活をしていると、なんども妊娠できなかったという体験を繰り

返すため、どうしても、挫折感や無力感を感じます。

そして、自分に対しても否定的な言葉がけをしてしまうようになり

ストレス度が増えてしまいます。

女性である自分を否定してしまう言葉もかけてしまいがち。

その妊活ストレスはより冷静に物事を考える妨げにもなってしまいます。

 

ものごとの考え方を変えていくことが妊活では大事

癌が報告された人の生存率の高さと自分に向ける肯定的な言葉がけは

関連がある事も言われています。己肯定な言葉がけが多いと

報告したがん生存者は不安が少なく、より大きな幸福と希望に

加えて認知障害の可能性が低いことがわかったのです。(5

この研究はがん生存者の楽観的であることと全体的な健康状態との関連を

発見しました。どんな状況でも、前向きさや肯定的になれることが

不安を減らし健康にも導いてくれます。

妊活でも状況は同じです。妊活のストレスはより妊娠しにくく働いて

しまいます。そのため、不安を減らし、自分に肯定的になれるように

してあげる必要性があります。

 

妊娠できない今の状況を積極的に捉えよう

認知行動療法などをふくむ心理介入を受けている場合は、ストレスが

軽減し、妊娠率が高まっています。(6

それくらい、状況や物事のとらえ方というのは大切で、

その中で冷静に自分に肯定的な言葉がけができると、問題解決のために

脳をうまく使う事ができて、妊活をしていかれます。

積極的に物事を考えられると、ストレスに対する脅威減って、

ストレスに対処するためのより健康的な戦略をたてていかれるようですね。(7

 

自分に対して思いやりの気持ちで接してあげられるほど

心の中の肯定感も高まっていきます。

妊活ボロボロメンタルを改善すると妊娠しやすい

 

妊活心の基礎講座

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、不妊カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい