魚介類の摂取が多いほどセックス回数と妊娠確率が高まる

妊娠確率が高まる!魚介類の摂取が多いほど妊娠しやすい 

働く女性は忙しく、どうしても栄養バランスが崩れてしまいがちです。

働いている女性は、魚の摂取量が少なくなる傾向もあります。

魚料理は調理に手間がかかる、匂いが気になる、食べにくいなどつい手軽に食べられるもの

よりは倦厭されてしまいがちです。でも魚には性欲を高める性交の回数を

増やしてくれたり、妊娠しやすく働きかけてくれる点があるので見逃せません。

魚の摂取量が少なくなると、結果栄養バランスが乱れ、妊娠しにくくなってしまう事もあるでしょう。

 

魚を食べるほどセックス回数が増えている?

妊活中のカップルの魚の摂取量と性交回数や妊娠しやすさの関係について調べている

アメリカの研究があります。その研究では魚介類をたくさん食べるほど、セックス回数が

多いという点や、妊娠までの期間が短いことが明らかにされています。

アメリカ小児健康・人間発達研究所(The Longitudinal Investigation of Fertility and the Environment (LIFE) Study)では、

テキサス州とミシガン州在住の不妊症ではない妊娠を希望するカップル501組を、

2005年から2009年まで追跡し、環境中の化学物質やライフスタイルが妊娠しやすさや生殖機能に

どのように影響しているかを調べています。

妊活中の夫婦の魚介類(ツナ缶や魚、カニ、エビ、そして、貝など)の摂取する頻度と

セックス回数や妊娠しやすさとの関係を調べるており、研究開始1年前からの魚介類を食べる頻度

も調査しています。

魚介類を周期あたり8回以上だった場合は、摂取が1回以下だった場合と比べ、

妊娠までにかかった期間から算出した妊娠率を比較すると、魚介類の摂取が8回以上だったカップルのほうが61%も

高いことがわかりました。そのため、妊娠までの期間も短くなるという事になります。

また、魚介類をよく食べるカップルのほうがセックス回数も多く、

周期あたり8回以上魚介類を食べたカップルはどちらも1回以下だったカップルに比べて22%多かったことがわかりました。

 

魚の摂取で妊娠しやすい?

魚貝類をよく食べるカップルはセックスの回数が多く、より短期間で妊娠することが、

米ハーバード大学の研究でも明らかになったのです。

魚に多く含まれる「オメガ3脂肪酸」には男女両方の生殖能力を高める効果があると研究は指摘しています。

そのため、魚好きのカップルは妊娠しやすくなるのかもしれません。

 

過去の研究から、魚介類をよく食べる人は総じて健康な傾向が強いことが分かっています。

実際に長生きの傾向があり、狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患や心臓病になるリスクが低いと

米誌「アトランティック」では伝えられています。

魚をよく食べるカップルは、セックス回数も多だったのは、日々、生活において

食事を含め、共通の事に時間を費やし、夜も含めて一緒に過ごす可能性が高く、

そういう結果がセックス回数に結びついているかもしれないと、

ハーバード大学公衆衛生大学院のアンドレイ・ガスキンズ研究員は語っています。

 

魚介類の摂取しているほど食生活だけでなく全般的に健全に?

魚介類を摂取することで魚に含まれるEPAやDHAなどのオメガ3脂肪酸の摂取は

妊娠率を高める、出産率を高めるという報告があります。

オメガ3脂肪酸の摂取はお知りにつきやすい油としてしられ、

女性はエストロゲン分泌の高さにもつながっている栄養素でもあります。

また、魚料理は倦厭されがちで、現代では随分と食卓から減ってしまってきているものです。

研究では、魚を食べる過程程、食生活が健康的であるだけでなく、

健康的な生活を営む傾向があり、そのtめ性生活も充実してきているのではないかと考察

されているのです。

食だけでなく、日常の生活全般に健全であろうとすることも大切ですし、

忙しい、面倒といったことで食事の栄養バランスが乱れる傾向は、

何かと生活全般の乱れにもつながっていってしまうのかもしれません。

 

現代では魚の摂取量が減少傾向に

夫婦 食卓

水産庁の調べによると、年々魚の摂取量が減少している傾向にあり、

平成13年のピーク時に比べると平成24年には摂取量が30%以上も減ってしまっています。

 

魚介類の消費量が大きく減少し、消費者の「魚離れ」が指摘されていますが、

「魚離れ」という言葉のイメージ調査によると「魚の調理が面倒なイメージ」が1位になっています。

20代30代の女性ではもう少し魚を食べた方がいいのかなと思っている女性が

60%ほどいて、魚の摂取の必要性を感じていながらも実際は摂取量が少なくなって

しまっているのがうかがえます。

忙しく働き、共働きという過程では、女性が食事を作る際も

できるだけ手軽に、簡単に時短で作れるもの、外食が増えるといった傾向もあるかもしれません。

 

魚料理を多く作れるゆとりと健康意識が妊娠確率を高めていく

魚料理を作るゆとりをもち、実際に調理するように取り組むことも

健康意識の高さを持ち合わせているという事でもあるのかもしれません。

また、忙しいほどゆとりがなくなっていってはしまうものですし、

一緒に共有する時間が減っていってしまえば、食事だけでなく、

コミュニケーションをとったり価値観などを共有することも減ってしまいやすくもなり

すれ違いや行き違いなども生まれやすくなってしまいます。

魚に含まれる栄養素の影響もあるでしょうが、まずは夫婦で生活を一緒に共にし、

よくコミュニケーションをとったり、健康的な生活を夫婦でともに送ろうとする

意識を夫婦でもっているというこも大切ですね。

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい