女性が妊娠しやすくする効果的な栄養 鉄分で貧血改善

女性が妊娠しやすくする効果的な栄養 鉄分で貧血改善

妊娠を望む、ベビ待ち中の女性には、鉄分の十分な補給が必要です。

妊活中にとっても大事な栄養素でたっぷり摂取してほしい栄養があり、それが鉄です。

血の巡りを良くして、ホルモンバランスを整えていくのに、

非常に大切な役割をする栄養素でありながら、

ほとんどの女性が不足しがちと言われています。食事から鉄分の栄養素を摂取して、

妊娠しやすい体つくりをしていきましょう。

 

女性にはどうしても不足しがちな栄養 鉄

女性には最も不足しがちなのは鉄(Fe)なんですね。

毎月、月経がある女性にとっては、

毎月ある程度の量の血が、体外へ出ていく機会があるためどうしても、

鉄不足には陥りやすいと言えます。

鉄には妊娠しやすさを作り上げていくための重要な役割があり、不足することで

不妊になりやすくなってしまいます。

 

鉄不足(貧血)による不妊への影響

鉄分が不足することによっておきてくる貧血は、妊娠しにくさを作り上げていってしまいます。

貧血気味の女性は血色が悪く、健康的な女性らしさから遠ざかり、

実際に疲れやすくもなりますし、見た目にも疲れていそうに見えます。

さらに、酸素不足の状態になるため、生理中などは特に

イライラしやすくもなり精神的にも不安定になります。

また、貧血の場合、血流循環が悪くなるため月経不順などもおこりやすく

不妊にもつながりやすいといえます。

鉄分の不足が女性ホルモンであるエストロゲンやプロゲステロンなどの

合成が滞り、鉄分は卵細胞の成長にも必要なため不足することで、

排卵障害にもつながってしまいます。

 

鉄分の役割

鉄分にはとっても大事な役割があります。

血液循環に関わる役割

鉄分は全身をめぐる血液ととっても深い関わりを持っていますね。

鉄分は成人の体内には3~4g存在し、そのうち60~70%が赤血球のヘモグロビンの材料となります。

ヘモグロビンは、私たちの体に必要な酸素を血液の流れとともに隅々まで運ぶ赤血球の色素成分です。

なので、鉄分が不足していては、血の巡りにも大きくかかわり、

妊娠に必要な酸素もとどけにくくなってしまいます。

妊娠には絶対に欠かせないホルモンの分泌にも

血の巡りはとっても大きく影響します。

 

活性酸素を除去しアンチエイジング

他には、活性酸素の除去という役割もあります。

活性酸素が必要以上に増えると、正常な細胞を傷つけたりもしてしまいます。

老化を促進したりするなど、様々な悪影響を与えます。

鉄を含む酵素であるカタラーゼやスーパーオキシドジスムターゼは、こうした活性酸素を分解する働きがあります。

 

免疫機能を維持する役割  

体内の鉄分が不足すると、

体内に侵入した細菌などを食べて殺してしまう役割のある白血球の一種である、

好中球の殺菌能力が低下してしまいます。

なので鉄は免疫機能が働くように維持してくれるのですね。

 

エネルギーの素を作る役割

体のエネルギーの素となる、ATPというアデノシン三リン酸は、

細胞の内にあるミトコンドリアで生成されています。

その時、鉄を含む酵素であるチトクロムなどが電子伝達系という

酸化還元反応をすることでATPを生成します。このエネルギーの素があって

細胞は活動するため、精子や卵子の活性には絶対的に欠かすことができません。

 

貧血になってからでは遅い

貧血検査で引っかかるほどに不足してしまってからでは遅く、自覚症状が出たり、

検査でひっかかる程度はかなり悪い状態だと思っていてください。

体内には鉄を貯蔵しているのもあるのですが、その貯蔵部分が減ってしまっている

隠れ貧血という方もいます。

意識してとっていても、女性は不足しがちな栄養が鉄分です。

日頃から意識して摂取するようにしたいですね。

鉄の不足により、冷えやすくなるという点もありますから、

体をあっためてぽかぽかあたたかい子宮で受精卵を育ててあげたいですよね。

 

鉄分の多い食品とは

鉄分は、 レバー、あさり、納豆等に多く含まれていて、

できるだけ肉類や魚などに多く含まれるため、赤身のタンパク質などを取り入れるようにしましょう。

 

レバーや、魚類は調理のしにくさ、下ごしらえの必要性、生臭いといった匂いなどから

倦厭されがちで、食卓に並ぶ頻度が減ってきている食材でもあります。

でも大事な栄養素を多く含むため妊活中の男性も女性も気をつけていきましょう。

 

https://youtu.be/bj50CFcMiYY

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい