流産しにくくするための栄養素たりていますか?自然妊娠ならさらに確率低下 – 不妊解決カウンセリング│不妊・妊活・流産の悩み・相談を一緒に解決していきます

流産しにくくするための栄養素たりていますか?自然妊娠ならさらに確率低下

0aBreakfast-660x438

流産しにくくさせる栄養素もあるんです。

妊活中は、妊娠できるように色々取り組まれているかと思いますが、

妊娠できた後も、順調に受精卵が育ち

ママのおなかの中でしっかり胎児が育てるように気をつけたい栄養があります。

 

そして、この栄養素がしっかり足りている事が、ホルモンバランスを整えたり、

子宮や胎盤・赤ちゃんにもしっかり栄養と酸素が届くようにも

なり流産しにくい体質にもなっていきます。

 

 

女性にはどうしても不足しがちな栄養

女性には最も不足しがちなのは鉄(Fe)なんですね。

月経がある女性にとっては、

毎月ある程度の量の血が体外へ出ていく機会があるので

鉄不足には陥りやすいと言えますね。

 

 

鉄分の役割

unndou1

鉄分にはとっても大事な役割があります。

鉄分は全身をめぐる血液ととっても深い関わりを持っていますね。

鉄分は成人の体内には3~4g存在し、

そのうち60~70%が赤血球のヘモグロビンの材料となります。

 

ヘモグロビンは、私たちの体に必要な酸素を

血液の流れとともに隅々まで運ぶ赤血球の色素成分です。

 

 

なので、鉄分が不足していては、血の巡りにも大きくかかわり、

妊娠に必要な酸素もとどけにくくなってしまいます。

妊娠には絶対に欠かせないホルモンの分泌にも

血の巡りはとっても大きく影響します。

他にもこういった作用があるんですね。

 

 

他にもこんなにすごい作用がある

  • 活性酸素の除去

活性酸素が必要以上に増えると、

正常な細胞を傷つけたりもしてしまいます。

老化を促進したりするなど、様々な悪影響を与えます。

鉄を含む酵素であるカタラーゼやスーパーオキシドジスムターゼは、

こうした活性酸素を分解する働きがあります。

さびにくい体つくりには必要ですね。

 

 

  • 免疫機能の維持  

体内の鉄分が不足すると、

体内に侵入した細菌などを食べて殺してしまう役割のある白血球の一種である、

好中球の殺菌能力が低下してしまいます。

なので鉄は免疫機能が働くように維持してくれるのですね。

 

 

  • ATP(アデノシン三リン酸)の生成

生体のエネルギー物質であるATPは、細胞内にあるミトコンドリアで生成されますね。

その時、鉄を含む酵素であるチトクロムなどが

電子伝達系という酸化還元反応をすることでATPを生成します。

精子や卵子の活性には絶対的に欠かせません。

 

あなたは鉄分足りていますか?

0huann

あなたは鉄分が足りていますか?

チェックしてみてくださいね。

 

□立ちくらみ、めまい、耳鳴りがする

□肩こり、背部痛、関節痛、筋肉痛になりやすい

□腰痛、頭痛になりやすい

□ぶつけた覚えがないのによくあざができる

□階段をのるだけで疲れる

□夕方になると疲れてよこになる

□月経前になると心身の不調が現れる

□月経の出血量が多いタイプ

□便秘がち
これらにいくつチェックがついたでしょうか・・・・
これらは、

「鉄」不足の目安になるんですね。

不足気味という方も、そうでない方も、

貧血の症状や血液検査でひっかかってからでは

遅くなってしまいますね。

妊活から出産までは

とにかく鉄分をしっかり補った食事を心掛けていきましょう。

 

 

鉄分の多い食品

0rea

鉄分は、 レバー、あさり、納豆等に多く含まれています。

 

不妊のストレスで女性ホルモンがガタガタ

驚愕!不妊では男性でも女性でもストレスホルモンによって決定的な栄養失調に 

本気で赤ちゃんが欲しい方へ

あれほど不妊で悩んだのに、不妊治療もしてもかすりもしなかったのに、

自然妊娠ができるに ガラっと変えることができた方法について差し上げてます。

 

是非、あなたの妊活にお役立てください。

 

 

012

あわせて読みたい

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい