妊活そわそわ期 気にしすぎを落ち着ける対策とは |

妊活そわそわ期 気にしすぎを落ち着ける対策とは

人は心配事や気がかりなことがあると何かと落ち着かづに

そわそわしてしまうものです。

そして、その気持ちを落ち着けたい!って思うものですが、

そわそわしてしまう事の問題は気持ちが落ち着かいないという事

だけでなくて、本当のやるべきことが手につかなくなってしまう事の方が

もっと問題だと言われています。

妊活中のそわそわ期を落ち着けて過ごせるように取れる対策として

1つの心理テクニックをご紹介していきます。

 

心配性な人ほどマルチタスクで妊活そわそわ

妊活をしていて、中々妊娠できないと思うと焦りますよね。

またせっかく妊娠しても流産すると、そのあとはかなり落ち込んだり

もするので、何かと不安だし心配性にもなってしまいます。

余計、生理前がそわそわして落ち着かないそわそわ期になってしまう事でしょう。

ひとたび、不安になって気にし過ぎてしまうと、仕事も上の空になったり、

やっているようでいて手につかなくなってしまうとか、

頭の中をその思考がぐるぐると湧き上がってしまいますよね。

そして、不安がなかなか消えないという事もあるでしょう。

心配性な人は、脳の中ではマルチタスク状態で何かに同時に取り組んでいる

のと同じ状態になっているといわれています。

そして、心配事に対する感情をなんとか抑えようとしながら、

目の前のタスクに取り組んでいる状態になっていて、とても疲れやすいと研究者も

コメントしています。

妊娠できるかどうか、気になってしまうと気にしないでいるのも難しい。

そんな気にしすぎを直すにはどうすればいいのでしょうか。

 

心配・気がかりに対して 数分でできる心理対策

手につかない気がかりなことで頭がいっぱいになってしまった時の対策として、

「紙に自分のことを書き表す」という事をしてみましょう。

なにかと不安になってネガティブになってしまうと、どんどん色々

ネガティブに考えてしまって、子宝運も下がってしまいます。

そんな状況から回復できる心理テクニックとして、紙に書き出すという

ことをしてみてください。ミシガン州立大学の研究では、学生を対象に

心配症に悩んでいる人に対して筆記することでメンタルが改善するかを調べています。(1

心配性のレベルを測るテストで点数が高い人を対象に参加者を2グループに分け、

・自分の悩んでいることを8分間書き出してもらう

・自分の前日の出来事を8分間書いてもらう

をしてもらいました。その結果、自分の悩んでいることを書いたグループは、

そわそわの感情が軽減しただけでなく、自分の目の前の取り組むべきこと

に取り組めるようになったのです。

 

妊活の事で何かと考えちゃう、そわそわして生理前が落ち着かないという場合は、

メンタルもやみやすいでしょう。さらには意外にも妊活でやるべき行動は意外にも

できなくなってしまっているリスクも高まってしまっているかもしれません。

 

筆記開示でメンタルと行動までもが改善

表現力豊かに、ひたすらに、紙に書き出すことで自分の事に対して客観性が産まれて、

冷静になれて、マルチタスク状態から解放され、シングルタスクになります。

自己筆記開示のすごいところは、

そわそわや心配事などを考えて引っ張られる感情が軽減するだけでなく、

実際に目の前にある問題解決のために自分のリソースを使えるようになり、

問題解決が進む点です。

何かに囚われていると、頭がいっぱいになってしまって、思いのほか、

妊娠しやすくするための行動というのは人はとれていないという結果になってしまうのです。

慢性的に不安だと、自分の事を正しく認識できなくなっちゃう。

実際に、不妊治療中の人が治療前と比べて、自分の生活スタイルを何か

大きく変えられたかというとそうでもなくほとんど変える事が出来ていなかった

という研究(2)もあります。大事なのは、妊娠しやすくするために自分の感情は

落ち着けて、問題解決のための行動は増やすことが妊活での成功法則です。

 

筆記開示をすることで不妊女性の不安が軽減

また不妊で悩む女性がストレスを多く抱えていて不安に駆られたり、

うつっぽい症状を訴える事は知られています。

そこで、自分の感情などを表現豊かに書き記すという事をすることが

妊娠しやすさに影響を与えるのかを調べた研究(3)では、

不妊女性の精神的な不安の軽減に効果的だったという結果がでました。

特にこの研究では妊娠率が高まったという結果ではなかったのものの、

集めたサンプル特性に注意すればもう少し違った結果が出たかもしれないという

コメントです。精神的に苦痛を感じていて妊活で結構そわそわしてしまって

いたらある程度効果を感じられるでしょうし、妊娠率にも影響が

でるかもしれません。

 

客観性を高めていくメンタルトレーニングはマインドフルネス瞑想

 

参考文献

(1)ORIGINAL ARTICLE The effect of expressive writing on the error‐related negativity among individuals with chronic worry

(2)Hum Reprod. 2015 Jul;30(7):1617-24. doi: 10.1093/humrep/dev094. Epub 2015 Apr 29.

Many women undergoing fertility treatment make poor lifestyle choices that may affect treatment outcome.

(3) 2017 Feb;32(2):391-402. doi: 10.1093/humrep/dew320. Epub 2016 Dec 21.The effect of expressive writing intervention for infertile couples: a randomized controlled trial.

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい