妊娠リセットで落ち込む 科学的根拠に基づくモチベーションの高め方! |

妊娠リセットで落ち込む 科学的根拠に基づくモチベーションの高め方!

妊活をしていると妊娠しようと何かと努力したり取り組むため、妊娠という結果が

でずに生理がきて妊娠リセットがかかるとかなり落ち込んでしまうという事がおこりがちです。

また精神的にもストレスがかかってくると、疲労感も増して

なんだか時間経過も早いしやる気がしない、モチベーションのあげ方ってなに?という事も

考えるように。妊娠するために、やらないといけないことがたくさんあって、

まだまだ取り組まないと思うけど、やる気が起きないというモチベーションについての悩みも。

不妊歴が何年にもなってくると、本当に妊娠できるのか不安になったり、

妊娠できる気すらしなくなってきたという感じにもなってしまっている方も少なくはありません。

科学的根拠に基づくモチベーションの高め方についてご紹介していきます。

 

 

行動で性格変わりモチベーションまで上がる

人の行動によってモチベーションが高まるという事がわかったノートルダム大学

20人の男女に、15時から23時にかけて自分の身に起きた出来事を10日間記録してもらい

性格診断ビッグ5で性格と日々の行動との関係を調べています。(1)

その結果、行動というものは、周りからの印象だけでなく、その人の性格特性にも

影響を与えているということが分かったのです。

妊活中のモチベーションが上がらなくて困るというのは、何かにつけてやる気がおきずに

行動することができないというところに困っているというところがあります。

本当は妊娠するためにはやった方が良い事、やらない方が良い事ってありますよね。

でもそれがなかなか気分の影響を受けて行動に移らないというところが悩ましいところに

なっているのでしょう。

ただ、人のモチベーションに影響を与えた行動というのは、

他者への親切、そして  目標に対して自分がどれだけ進歩したか実感する行動 との二つが

性格をよい方向に変えています。

 

他者への親切

他者の役に立つこと、社会に役に立つことを行うとモチベーションが高まります。

それは、その行動をとった翌日には外向性が上がるため、

初対面の人ともコミュニケーションがうまくいくようになって、協調性も高まったり、

みんなで何かをするような行動が増えます

さらには、開放性も高まるため、何か新しいものを受け入れたり新しいものに

挑戦できるようになり、ますます行動できるようになっていきます

妊活中こそ、自分以外の他者への親切を心がけていきましょう。

モチベーションが下がっているときは、何か自分がしてもらいたい、受け取りたいという

気持ちが出てきてこんなに頑張っているのにもう嫌だとか、自分ばかりが損をしたくないという

気分にもなりやすいかもしれません。

でもそうするとますます行動しなくなってモチベーションは下がるばかり。

身近な人、パートナー、職場の人にこそ、親切を心がけていったり、誰でも親切を心がけていきましょう。

そんな自分を好きにもなって自己肯定感が高まっていきます。

良い自己イメージをもてると人と良好な人間関係も持てるようになります。

 

自分の目標に向かった行動や進んでいる事を実感する

研究からわかったのは、もう一点、自分の目標に向かう行動をとって、

それによって進んでいると思えることがポイントになります。

自分の目標に向かって何かしらの行動を起こした日、

ゴールに対して少しでも近づけたという実感を感じる行動を取れた日の翌日は、

協調性が高まってコミュニケーションが順調になり開放性が上がり新しいことを

受け入れたりチャレンジすることができるようになり、さらに誠実性も増加して

物事を継続させて取り組むセルフコントロール能力まで高まるようです。

妊娠したい、出産したい、ママになりたい。

この目標だと、前に進んでいる感覚を実感するのは妊娠した時だけなので難しい目標に

なってしまうことでしょう。

自分の将来に持っている夢に向かう場合、ちょっと考えて欲しいところが目標です。

なぜ赤ちゃんが欲しいのか。

人それぞれ、妊娠したくてママになりたいと思う理由は色々あると思います。

なぜ自分がママになりたいのかという部分を目標にすると、毎月来る生理が、

妊娠できなかったダメな事という認知にならなくて済みます。

生理がくるのは、本来は赤ちゃんがやってくるための準備で、良いイメージを持っていた方が

生理痛や生理前のPMAも苦痛が軽減します。ストレスが多いほど痛みに敏感になったり

体の不調を感じ取りやすくなってしまいますしね。

幸せにいたい、楽しく暮らしたい、成長したい、充足感が欲しい、

必要とされたい色々な思いがあるものです。妊娠したら得られるであろう未来をゴールや目標

して、そういった部分を達成していくように取り組んでみませんか?

妊娠できたかしなかったかだけで判断するのではなく、自分がどれだけ楽しく暮らせるよう

行動したか、どれだけ充足感を得られるよう行動したかを目標にした方が

進んでいるというのを実感しやすくなって次の行動にもつながるし、性格部分でも

解放性が高まり、新しいことにもチャレンジできたりします。

 

妊娠リセットで落ち込んだ場合の対処法

生理がくるたびににリセットしては落ち込んでしまうという事もあるでしょう。

何度も繰り返すとネガティブになってしまって感情も不安定になってストレス度が

高まっていきます。頑張っているのに妊娠できない事がとてもストレスになります。

なんだか妊活に取り組むことに嫌だったり面倒を感じたりもするかもしれません。

でもやらない状態でもいい方向へ改善できないためモチベーションは大切ですよね。

他者への親切、また自分のゴールや目標を妊娠することだけにせず、

幸せになるため、充実した人生を生きるため、健康になるためといった目標に置き換えて、

そのための一歩一歩を行動にうつしていきましょう。

落ち込んだことで感情のコントロールができなくなっていたとしたら、

認知行動療法などメンタルコントロールなどに取り組んだり、

瞑想やマインドフルネスなどに取り組んでみるのもよいでしょう。

まずは、モチベーションが下がったら行動から何でもいいからしてみましょう。

 

妊活モチベーションが上がらない!やる気を高めるポイント

 

参考文献

(1)Judge TA, Simon LS, Hurst C, & Kelley K (2013). What I Experienced Yesterday Is Who I Am Today: Relationship of Work Motivations and Behaviors to Within-Individual Variation in the Five-Factor Model of Personality.

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい