つらい流産悲しみから立ち直れない心をすぐに変える心理テク |

つらい流産悲しみから立ち直れない心をすぐに変える心理テク

つらい事がおきた時は、とにかくショックだし、気持ちが沈んでしまってプラスの事や

ポジティブな事を考えるのってとっても難しいですよね。落ち込んで立ち直れずにいる自分に

嫌気がさしてきたり、気持ちを切り替えられない辛さはもう嫌だって思うものです。

流産はとにかく妊娠を望んでいる女性にとって悲しい。

なかなか悲しみから立ち直るのにも時間がかかってしまうのは、

あなただけではありません。他の人だったら、きっともっと落ち込んでいるはず。

でもそんな落ち込みをいつまでも引きずっていても流産からの次の妊活が

うまくいくわけではないから余計なんか焦りに近いものにも変わってしまいますよね。

そんなひどい落ち込みの時でも、ちょっとでも早くにメンタルを立て直していくのに役立つ

心理テクニックをご紹介します。

 

立ち直れないくらい落ち込んだところからでも心を立て直す

ネガティブな時にあなたはどんなことを考えていますか?

もちろんつらい感情に飲まれて、ぐるぐる考え込んだり、自分を責めてしまったり、

ネガティブな感情につかうような事を沢山考えてしまっているでしょう。

そんな私もそうでした。なので、できれば早く知っていたら良かったなと思える心理テクニック。

それはシンプルに 楽しい事を計画する。

シチュエーション・セレクションといわれているものです。

こんなこと。誰でも知っている事だし、あなたもしたことがあるでしょう。

でも人は落ち込んだときにはほとんどこれがほとんどできなくなると言います。

そうですよね・・・悲しみの感情にどっぷりつかっていますから・・・。

誰だってなかなかできないです。

だからこそ、それを日頃からトレーニングしておく必要性があるという事なのです。

どんなトレーニングが必要かというと、ネガティブな気持ちになったら、

楽しい事を計画すると予め決めておいて日々取り組むようにしていきます。

イフゼンプランニングを活用してみてください!最強の心理テクニックといわれているものです。

 

あなたにとって楽しい計画は?

楽しい計画といえば、旅行っておもうかもしれません。カウンセリングで聞いていても

したい事何でもできるとしたら何をしたい?って聞くとほぼ100%みなさんが答えるのは

旅行かもしれない。確かに旅行にいくのもいい計画なので、先の事でもいいから

楽しそう、わくわくするという未来を考えて計画してみて。

でも、旅行に行かれるのは1年にそう何度もいかれるわけではないですよね。

だからこそ長く生活する日々の中にあなたにとって楽しい事って何?という事も見つけだしてみてください。

それを計画してみるのをトレーニングすることが気持ち立て直しにもつながります。

失った妊娠・赤ちゃんの存在は、やはり心にぽっかりと穴が開いたような気持にはなるでしょう。

だからこそ次の妊活に向かえるようメンタルを立て直していく必要性と、

次はこの流産によって体験した思いを二度としたくないという恐怖心に教われるので、

それとうまくお付き合いしながらの妊活が大切になっていきます。

着床や妊娠の維持には、精神的な安定が何よりも重要になるので、心を愛情ですっぽりと包み込んで

いくようなテンダーラビングケアなども取り入れてみてくださいね。

 

続きはこちらを↓↓↓

つらい流産後すぐ妊娠できるよう気をつけたい生活とは

 

参考文献

Situation selection is a particularly effective emotion regulation strategy for people who need help regulating their emotions 

Received 30 Sep 2016, Accepted 07 Feb 2017, Published online: 01 Mar 2017

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい