衝撃!ストレスの対処の仕方が、88%も妊娠確率をあげる事が判明 |

衝撃!ストレスの対処の仕方が、88%も妊娠確率をあげる事が判明

妊活中は妊娠できたか、できないか、その結果ばかりが気になります。

ある外国のストレスの対処の仕方が妊娠の確率を

格段にあげるという衝撃的な研究報告があるんです。

〇〇をすれば、妊娠できるのかどうか、

〇〇を食べれば、妊娠できるのか、

不妊治療をすれば、妊娠できるのかどうか、

方法と結果にばかり目が行きがちになる妊活ですが、

圧倒的に妊娠の確率を上げる方法としてストレスへの対処の仕方が

妊娠できるようになる事を物語った研究です。

もし、不妊で悩んだり、不安があったら、ストレスをそのままにされている方も、

ストレスは一時的に発散させればよいと思っている方も、

そのままでは不妊期間が長引いてしまうので注意が必要となります。

 

 

ストレスは不妊の敵

ストレスが妊娠に少なからず影響を与える事は、

ご存知かと思います。

ストレスは、そのままにすると、ストレスを対処する部分の

脳の装置が壊れてしまいます。

常に、ストレスホルモンが出続けることで、調整する

サーモスタットのような装置は破壊されて、コントロールできなくなります。

本来だったら、ストレスを感じると、それにうまく対処して、

もとの状態に戻そうとする反応が起きるのですが、

この装置が壊れてしまうと、元の状態に戻せなくなっていき

常にストレスホルモンに体がさらされてしまいます。

 

 

ストレスは対処の仕方が妊娠確率を上げるのに大きくかかわる

ストレスというのは、うまく対処することが必要なのですが、

妊娠できる、妊娠の確率を上げるという視点からすると、

対処の仕方そのものがポイントとなってきます。

 

イスラエルとイギリスの研究チームが行った、大学病院で体外受精を受けている

女性の方に不妊治療で感じるストレスの対処の仕方と

妊娠確率について研究した報告があります。

この研究では、どのようにストレスの対処を行ったかが

そうでないストレスの対処の仕方を行った女性と比べて

妊娠の確率に違いが出ています。

なんと、ストレスの対処の仕方によって、88%も妊娠確率が高くなったという内容です。

 

一時的なストレス発散は非効果的

ストレスがあった時に、誰かに話を聴いてもらった、

何かおいしいものを食べた、何か買い物をして発散させた、

そういった、一時的なストレスの発散の仕方では、

妊娠の確率を大きく上げるほどの効果は出ていません。

一時的なストレス発散では、一時的にすっきりするような気はしますが、

妊活においては効果的ではないといえます。

 

 

あなたも、88%以上の妊娠率をあげたかったら

ストレスの良い対処法によって妊娠できたを掴んでください

 

不妊のストレスでお疲れのあなたへ

リラックス呼吸法で自然妊娠できる、妊娠体質へ改善

 

 

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい