妊活サプリ葉酸で流産は防げるの? |

妊活サプリ葉酸で流産は防げるの?

葉酸の摂取で流産は防げるの?妊活中の女性にも男性にもとっても

大事な栄養素であるという葉酸。妊活サプリとしても人気が高いです。

そして、その葉酸の摂取はさらに流産を防ぐこともできるかも?

という事が言われています。

ではどうなのでしょう・・・?

 

葉酸サプリで妊娠率が高まった?

サンプル数が少ない研究では、妊娠率が葉酸サプリの摂取で

たかまったというものもあります。(1

葉酸400μgを含むマルチビタミンを3か月間服用した

不妊女性のランダム化比較試験では、プラセボ群の女性の10%と比較して

26%が妊娠していました。

葉酸サプリで補ったグループは、

プロゲステロン値が増え、黄体期の基底温度が高温期をたもてる平均日数が大幅に増加し、

生理周期が短いサイクルと長いサイクルの両方が正常化されたようです。

 

葉酸サプリをとっているほど流産率が低かった

葉酸は摂取量が不足すると、無排卵とも関係しているといわれています。

さらに、1992年から2009年の間に妊娠を自己報告した看護師の健康研究IIでは、

1991年に開始された4年ごとに、葉酸とサプリメントの食事の摂取量を

食物摂取頻度アンケート調査しています。それによると、妊娠について自己報告で

妊娠20週未満の自然流産および妊娠20週以上の死産、

および子宮外妊娠、人工妊娠中絶、または出産になったかを比較しています。

それによると、妊娠中の葉酸摂取の最少五分位の女性(285マイクログラム/日未満)と

比べると、最高五分位の女性(851マイクログラム/日を超える)は、

自然流産の相対リスクが0.91でした。葉酸摂取が少ないほど流産が

多かったということです。そして、葉酸は主にサプリメントからの

摂取になっていました。(2

そして、さらに生まれてくる乳児の神経管欠損に関連していて、

その予防のために日本でも厚生労働省より摂取が推奨されています。

 

葉酸補助サプリの摂取によって流産が防げた?

また、葉酸補助によって流産リスクが低くなったことを

発見したもう一つの研究があります。しかし、葉酸の用量が、

生殖年齢の女性に現在推奨されている用量(400μg)を超えていました。(1)

妊娠前の葉酸補給のレベルが高いほど、自然流産のリスクが低くなることを発見しましたが、

葉酸を1日あたり730μg以上摂取した人と、サプリメントから葉酸を摂取しなかった人

とを比較した場合のみということでした。

 

葉酸サプリが流産を防げるわけではない

今出ている研究では、葉酸サプリが流産を防げるという事を

証明したものではありません。主な理由としては、

妊娠前および妊娠初期に葉酸を摂取することで、赤ちゃんの神経管欠損を

防ぐ目的のためです。(3

また高濃度の葉酸は必ずしもプラスに働くばかりではありません。

葉酸を大量に摂取すると、精子のDNA合成が損なわれる

可能性があるという懸念もあります。そして、実際、男性では

亜鉛や葉酸サプリの摂取が妊娠率や出生率には関係がないという研究も

でてきています。

摂取する量などには推奨されている目安を確認していきましょう。

また、他のサプリの中にも葉酸などが合わせて含まれていることも

あるので、注意しましょう。

また食事から必要な栄養素をバランスよく食べる事はとても大切です。

流産の危険因子を減らすためにもライフスタイルには気をつけていきましょう。

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、不妊カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい