体外受精前からできる男性不妊改善にむけた食べ物は? |

体外受精前からできる男性不妊改善にむけた食べ物は?

楽しく夫婦で話す

不妊治療中、とくに体外受精へとステップアップしていると、

自費負担分も多い、期待がかかる分不安も多くなる中で、

少しでも男性の精子の質も高めたいという気持ちが

むくむくしてきます。

男性の精子の質を高めるために食事面からもサポートしておきたい

関心が高い女性は多いです。

どういった食事がいいのかをお伝えしていきます。

 

精子の質を高めるおすすめ食事

基本は定食スタイルの和食が一番おススメです。

バランスよく必要な栄養素をとることができます。

野菜やたんぱく質を摂取することを意識して献立を立てていくと

いいですね。旬のもの、また好きなメニューを取り入れては、

楽しい食卓にしてほしいと思います。

そして、そんな日々のなかに取り入れて欲しいのが、AKBです。

A=赤身の魚や肉

K=黒豆、黒ゴマ

B=バナナ

 

これらでAKBですね。

 

赤身の肉や魚には、貴重なタンパク源でもあり、鉄分も豊富です。

男性のホルモンも女性と同様、血液に乗って運ばれるので、

血の巡りがいいという事、血液がしっかり作られるということはとても大切です。

 

そして、黒豆や黒ゴマなど黒い色には、ポリフェノールが豊富です。

抗酸化作用が高いのが特徴ですね。

 

バナナはトリプトファンという必須アミノ酸を多く含んだ食材です。

トリプトファンはセロトニンの素となります。またそのセロトニンは

他のホルモンの前駆体になります。

このセロトニンが不足した状態は妊娠しにくさに直結します。

こういった部分はサプリでは十分補えないものですね。

 

男性の生殖能力を高めるには

男性の射精に関わる部分と言えば、男性器が勃起するか、

という部分も関わっていきます。

男性の勃起は副交感神経が優位になる事で、血液が一気に流れ込むように

なります。生殖能力には血流の良さというのも大事になります。

その点から考えると、オリーブオイルのようなオメガ3脂肪酸の摂取も

有効になります。

 

 

食事も大切ですが・・・

精子の質を高めるための食事は、ごく普通に手に入る食材から、

バランスよく楽しい食卓を作り出す女性の腕にかかっています。

妊娠しやすい体つくり、精子の質を高めていくために、

食事からのアプローチする方法もありますが、あくまで一部です。

特に体外受精は緊張や不安をはじめ、心身ともに負担が多くなる治療法です。

力が入ってしまいそうなときほど、うまく力を抜ける人ほど

不安や期待に心振り回されず落ち着いて過ごせるほどにうまくいきます。

食事面のサポートももちろんですが、

メンタルこのトロールも大切にしてくださいね。

 

 

 

この記事の著者

保健師・看護師

岡田和子

山梨医科大学卒業、看護師・保健師国家資格取得。 NPO法人日本不妊カウンセリング学会所属。
病院や企業にて心と体の健康管理に12年従事した後、自然妊娠カウンセラーとしてパーソナルカウンセリングを行う。

プロフィールを詳しく見る

みなさんに読まれています

妊娠された方々も読んだ
「妊娠するための教科書」を無料プレゼント。
みなさんにお役立ていただき、
喜ばれたメルマガです。

メルマガ登録はこちらから

トップに戻る

もっと知りたい